2009年 02月 09日

ラストスパート

c0095801_18113860.jpg
神流川で開設されている“冬期ニジマス釣り場”も、残すところ後一週間となりました。
この日、今期自分が訪れた中、最も冷え込んだ朝を迎えたようで、河原の水たまりには薄氷が張っていました。

にも関わらず肝心の魚の方は、と言うと、何やら微妙に活性が高いようなのです。
前回、前々回のように「どいつもコイツも川底ベッタリ」というワケではありません。
やる気のある個体は中層に定位して、水中の流下物に敏感に反応する仕草を見受ける事が出来ました。

こんなのを見ちゃうと、今日の釣りは「いただき」だな!なんて…誰だって思っちゃいますよね。

…が…

相変わらず鼻先にフライが流れていかないと、ほとんどが無視。
流れに揺らめく魚影の大半は、前回通り「屏風の虎」に変りはありませんでした。
さらには微妙に浮き気味の泳層が仇となり、タナ取りが一段と微妙だし…(泣)。
こんな展開になるんだったら、まだベタ底に着いてくれた方が良かったかも。

強風によって舞い上がった大量の落ち葉の流下が始まっちゃうと、正直ルースニングもお手上げなんだけど…流れに着いた魚たちの「何か」の補食行為は延々と続きます。

あぁ…ほんとムカつく!!

c0095801_1812294.jpg

そんな中、今回の同行人でもあるこの方は、流れの「巻き」についたウグイの大集団…その中に混じった黒い陰を狙って、対岸からダウンのアプローチで「一人勝ち」状態。
なるほど…そういう手があったか!!
c0095801_18122988.jpg


かけ上がりの溝に着いていた、まぁまぁなサイズのニジマスに的を絞った「粘着系アプローチ」で意地でも一匹釣り上げましたが(笑)こういう釣りはホント疲れます。

この過剰なまでに豊富な魚影も、解禁を期に餌釣り師たち抜かれて綺麗サッパリ居なくなってしまうのでありましょうね。

次回は明後日。
鉄鍋会の副料理長を引き連れて、再びこの地を踏もうと思っています。

もちろんノープランですが…(プ

by sureyamo | 2009-02-09 19:58 | River fishing | Comments(4)
Commented by 江戸のゴリ松 at 2009-02-09 22:46 x
inaちゃわん! お疲れさまです!

この度は、スケジュールが合わず・・・スミマセンでした。
って、結局・・・土曜日が明後日に延期になったのね・・・んだよぉ~
っう~か、行ったとしても・・・あたしにゃ手も足も出なかったでしょうね!
しかし・・・
対岸に居る同行したターミネーターさんは・・・爆してたんですか?
しかも・・・沈めて?いつ覚えたんでしょう~そんな小技?
Commented by tokyo_terry at 2009-02-09 23:41
inaxさん、こんばんわ!!
冬期ニジマス釣り場もラストになるんですね。やっぱり餌釣り師に抜かれちゃうの?なんだかもったいない気がします。
そういえば、このオフシーズンは釣りに出掛けずにいたから、レインボーの鋭角的な引き味を余り楽しめなかったなぁ。こちらは解禁しちゃってますが、管釣りに行って感を取り戻して来ようかなぁ(笑)
Commented by inax at 2009-02-10 08:28 x
ゴリさん

おはよーございます。

>あたしにゃ手も足も出なかったでしょうね!

いやいや…立派なお腹が充分出てるじゃ〜ないですか。(プ)

対岸の方も、慣れないアウトリガーチックな事しておりました。
確かに魚は釣ってましたけど…納得はいってなかったような(笑)
Commented by inax at 2009-02-10 08:36 x
terryさん

毎度です!

解禁直後一週間も持てば良い方なんじゃないでしょうか。
そんなに太い流れでもないので…

簡単な釣りではないですが、一度でも掛けさえすればファイト自体は全く季節感?を感じさせない強烈さ。
流れの中の魚は本当に強いですね。


<< ハイリスクなラスク      DP1武装化計画 >>