2009年 04月 08日

初苦戦

c0095801_024810.jpg
グポッ

目と鼻の先の水面が、突如音を立てて割れる。
水面を漂うお目当ての虫を、まるでその周囲の空気ごと吸い込むような勢いでライズをしているのは完全に尺を超えたヤマメ。

せっかくの釣行は、あいにくの強風に見舞われてしまったけど、期待していたライズは想像を上回る激しさで始まった。
c0095801_03856.jpg

フライフィッシングにとって風は厄介な存在だけど、そう嘆いてばかりもいられない。
強風の中で始まったライズに向けて“おやぶん”渾身のプレゼンテーション。
フライは、なかなかいい感じでドリフトしていく。

『フライ?!ガガンボで充分充分!』

今まで通用していた「身勝手なフライセレクト」も、何だか全く相手にされてない雰囲気。
今日のお相手は、役者が一枚上手だったみたい。

“おやぶん”あえなく撃沈(ぷ

その敵を取るべく自分の番です。
この流れで着実に実績を積んできたCDCガガンボフライなんだけど、“おやぶん”と同様の仕打ちを受ける。(笑)
c0095801_033717.jpg

それじゃ〜ということで、オオクママダラのリアルサイズCDCダンを投入するも…こちらも無視。やっぱりイマージャーなのかしら?

でもそのパターンは、今日は生憎の在庫切れ。
最後っ屁のつもりで結んだ♯12のスペントパターンには魚の反応が見られたものの、結局はフライのすぐ真横や手前で、これ見よがしにモックンライズの応酬。
これ以上なす術も無くタイムアウト。
キッチリ自分も撃沈でございます。(ぷ)




後日、この落とし前は付けてきました。
c0095801_03250.jpg
c0095801_104958.jpg

11時台から大量に流下する「大隈ヨット船団」を襲う先鋒は、この27センチのヤマメ。
レーンが厄介だったのでチョッピリ苦戦したけれど、王道のCDCダンで早々に決着。

そのあとに始まった本命のライズは(多分)イマージャーに対するものだと思うのだけど、前回の様な誤魔化しの効かない事は判っていたので、真面目に?♯12番のフローティングニンフを早期投入。
第一投目からフライを見失い、即座にピックアップして打ち直そうとした瞬間…ゴン!!
ヤマメの「お手つき」の方が数秒早かったようで(笑)浅くフッキングさせてしまいました。

ガボッガボッと水中で鈍く光る銀色の魚体を見ながら、勿体ないけど多分コレ外されちゃうよなぁ、なんて思っているとジャンプを一発決められて…案の定、簡単に外されてしまいました。

課題をこなすと新たな課題が…(-.-;)
結局は、釣れても釣れなくてもこの繰り返しなんですね。

by sureyamo | 2009-04-08 00:07 | River fishing | Comments(4)
Commented at 2009-04-08 18:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 凡人代表 at 2009-04-09 00:02 x
相変わらず釣りまくってますね~
いいなぁ~ライズのある時間に川に行けて・・・羨ましい・・・
俺が川に着くのって、フライを結ぶのにも苦労する時間になってからだし。
あっ、そうそう。こないだ1ヶ月ぶりの魚、触りました。メデタシメデタシ。ニヤリ
Commented by inax at 2009-04-09 08:28 x
鍵コメさん(爆)

おはよーございます。
実はこの場所なんですが…後日談がありまして
詳細は次のエントリーを待っててくださいね。

そー簡単に、思惑通りにならないように出来ていないようです。
Commented by INAX at 2009-04-09 09:10 x
凡人代表さん

毎度!

実は、着替え→移動→釣って→撮影→移動→着替えを、お昼休みの正味45分間内でこなすとなると、釣り自体は10分もしてられませんけどね。偉いでしょ?(プ)

ただその代償として、弁当なんて食べてる余裕は全くありませんから、午後はフラフラで外回りしてます。


<< 幕引き      お待ちどうさまでした。 >>