2009年 05月 11日

見せかけのパラダイス

c0095801_21112087.jpg
尖った鼻先と背びれがヌルリと水面に出る。

目の前の流れには尺なんて優に超えてしまったヤマメ…ソレも二匹が
代るがわるライズを繰り返している。

といってもそれはイブニングなんかではなくて
灼熱の真っ昼間…本流のドプールでのお話。
c0095801_21114946.jpg
さっきから、そんな弩級ヤマメのフィーディングレーンを幾度となくフライはトレースしているものの
ライズのタイミングには全く「合わせてもらえず」にいる。

そればかりか自分の周囲には5つ6つのライズが起こっていて、そのどれ一つとして相手にされていない…という事態に直面しているのだ。

一番近いライズで、たぶん3mも無いんだけど…そのたった数mが満足に流せないなんて
一体何事?って感じなのですが…これは紛れもない事実。

突きつけられた厳しい現実。



c0095801_21103592.jpg

さて…
今期二回目の渡良瀬釣行となる、この方に今回もお付合い致しました。

想像以上に水温が上がってしまう下流区間は避けた方が無難と判断し、今回は「団地裏」に舞い戻って来ました。
c0095801_21121913.jpg

桐生市の市営団地の裏手に広がる広大なプール。
ここが通称“団地裏”。

その岸辺に屯するフライマン達。
一見すると、この季節ならではの風物詩的な「ライズ待ち」の、良くある情景。

ヤマメライズは既にピークに達しているらしく、流れの至る所で波紋が広がっている。
だけどここを良く知る常連は、そんなライズに冷ややかな視線を送り続けます。

多分知らないフライマンがその場に居たとしたら、間違いなくこう言うでしょう。

「やらないんですか?やっても良いですか?」と…。

もちろん、やってもらって一向に構わないですが…

その数十分後には、今までご自身が経験して来たであろうマッチングザハッチの常識「ライズが始まれば釣れる!!」という神話が木っ端微塵に吹き飛ぶ事になるわけです…己のプライドを道ずれにして。

今日の流下の主役はエラブタマダラ。
それらに20番以下のアカマダラやフタバが混じります。
フライを流してもライズは止まらないから、ついついパターンやステージを疑いたくなるってもんだけど…実はそーじゃない。

現にボンッ!と浮いている本物の“ブタダン”が目の前でバックリ捕食されるシーンを何度も何度も見せつけられると「やっぱドリフト」って事なんでしょー。

これは本当に情けない話なんだけ…ほんの2〜3m先のライズにフライが(自分を含めて)誰もまともに流せていないのですね。

魚は自然に流れて来ているモノは、多分何でも捕食しているハズなのです。
釣れないのは100%コチラ側の落ち度。

でもま…そんな事、いまさら言ってもしょうがない。
こうなりゃ〜持てる小技を総動員で望むまでです。

そして…

見事全否定!!

いや…マヂで凄いや、ここのヤマメは…(-.-;)

目眩がして来ました。



イブの主役は、ご存知モンカゲロウ。
この日は三時から断続的な流下が始まり、6時半のピークまでに幾度となくハッチの波がありました。
気がつけばかなりの羽化量。スーパーハッチだったようです。
頭上で始まったスピナーフォールを見ていたら、またしても目眩が…(ぷ
c0095801_2117046.jpg


それにしても…ヤマメって、ここまでフライを見切れる技を身につける事ができるモノなんですね。それを体験出来ただけでも貴重なのだと思います。

ライズがあれば釣れるって?
(ぷ

ここのライズに対峙した全てのフライマンの前で、そんな事言ってたら…きっと鼻で笑われちゃいますよ。

それにしても、ごめんねゴリさん。
とんでもないトコに連れて来ちゃった。
恨まないでね。

c0095801_2114502.jpg

今日もたらふく紫外線を浴びちゃいましたぁ。

おまけ

この悪夢をアナタにもお裾分け致します。
画面中央、頭を出した石の前に出来た鏡の部分を注視してください。
一体何回ライズしてるでしょうね(ぷ


by sureyamo | 2009-05-11 21:12 | River fishing | Comments(14)
Commented by tokyo_terry at 2009-05-11 21:46
inaxさん、こんばんわ!!
夕景のモンカゲロウの写真、イイですね。
そして見事に夕焼け色に染まった腕(笑)
それにしてもinaxさんのようなエキスパートでも木っ端微塵とは・・・

でも、サカナも釣り人に教育され
釣り人もサカナに教わるコトがいっぱいだからこそ
楽しいんですよね。

inaxさんの更なるバージョンアップ、期待してます!!
Commented by tankrolly at 2009-05-11 21:51
塾長、こんばんわ。

本日、チラッとゴリさんからお聞きしましたが、、、かなり
悶絶させられちゃう状況だったようですね。

実は3m前ですらまともにドリフトできないもどかしさって
こちらでも体感してるんです。
もちろん団地裏のヨレに比べれば、きっと塾長からすれば
「大したことないじゃん」な流れだとは思うんですが・・・。
本物はバッサリいってるのに自分のフライだけは食べてもらえない
ライズ・・・ガックリ肩を落として帰る日々。

いつかこちらのそんな流れにも来てくださいね~。

追伸:モンカゲの写真が綺麗で癒されますね。
Commented by Led.Zep at 2009-05-11 22:48 x
今晩は。

日曜日は軽井沢で2度目のイブ撃沈を喰らってきました。やっぱりイブでもドリフトが重要で、なかなかもって、水面を割ってくれません(今年は小型シマトビのハッチが激貧なのもありますが)!
やっぱり1にドリフト2にドリフト・・・なんですね。
Commented by 凡人代表 at 2009-05-11 22:56 x
どもども。
いいじゃないですか~~ライズあるだけ。
こっちはライズなんてほとんどない上に、
あってもフライを一回流すと沈んじゃって・・・
遊んでさえくれない。
もっと釣り人に慣らさないといけないのかな??ガハハ!
いい女は、簡単にこっち向かないから俺を燃えさせるのだ~!

ところで・・・私の惚れた女の住処には連日ルアーマンが立ち込んで・・・
彼女はご機嫌ナナメで顔も見せませーん
Commented by kano-ff-trio at 2009-05-11 23:39
inaxさん 久しぶりのコメントですいません

昨年あたりから自分も本流域のライズの釣りをするようになりましたが
ブラインドの釣りの途中で出くわすライズとは比べ物にならないほど難しく自分の力の無さを痛いほど痛感させられました
(渡良瀬のライズはさらに難しいんでしょうね・・・・)
こちらは今週で本流域は禁漁になりますので来年またチャレンジしたいと思います。
渡良瀬にはうかつに「釣りに行きたいです」なんて言えませんですね・・・?
だから「ライズを見学に行きたいです」ですね・・・・・
Commented by inax at 2009-05-12 08:16 x
terryさん

おはよーございます。

魚の学習能力が、ここまで進んでしまうと…ライズの釣りは成立しなくなってしまうのですね。
あくまでレアケースであって貰いたいと願うばかりです(ぷ)

ちなみにこの日、一応釣るには釣ったのですが…。
Commented by inax at 2009-05-12 08:21 x
tankrollyさん

おはよーございます。

この日、ゴリさんは相当ショックを受けていたみたいです(プ)自分は、この程度位なら…まだ持ち前の抗体で抵抗出来るんですけどね。

遠征してまで辛い釣りは、ちょっと…(爆)
思い切り癒させてちょーだい♪
Commented by inax at 2009-05-12 08:25 x
Led君

毎度!

人様の撃沈話が、今の所一番の“癒し”です(プ)

実際は、鶏が先か卵が先か…って感じなんでしょうけど、自戒の念を込めて「ドリフト」ですね。

考えて流している以上は、必ず上達していると思います。

Commented by inax at 2009-05-12 08:31 x
凡人さん

おはよーございます。

ココんとこケーキ悪いですね。
そちらはどうですか?

そんなに気まぐれな彼女なら、きっと相当な別嬪さんなんでしょうね。時間帯を変えれば警戒心もユルユルで、もーちょっと素直になってくれるんでしょーけど…。

そろそろイブに移行しがちですが…不利だと判っていても、もー少しピーに拘ってみたいと思います。がんばりまひょ!



Commented by inax at 2009-05-12 08:38 x
あっちゃん

おはよーございます。

本流の釣りなんて8割が条件次第。
技術が1割、不特定要素の運が1割(プ)ってとこでしょー。

ライズは見るもんじゃなくて釣るもんなので(プ)物怖じしないで来て下さい。
状況が変われば、あっけなく釣れちゃうものです。

ただ、このライズを体験するのは貴重だと思いますよ。世界観が変わりますって(プ)
Commented by 江戸のゴリ松 at 2009-05-12 19:01 x
inaちゃん! 毎度ッス!

いやぁ~貴重な体験をさせて頂きました。
ショックなんて・・・通り越して、笑いしか出ませんでした。
えっ!恨むなんて・・・しませんよ・・・筋金入りの弩級Mですから。プッ

本日、にほん兵から電話があって、あの日の早朝2時間杭になってたんだって!プッ
勿論・・・撃沈! この気持ちを共有したかったんですって!(分かる分かる・・・
Commented by TAKA-Qizm at 2009-05-12 22:15
こんばんわ~。
ワタシも悪夢を味わいってきました、まさに映像の「かぶり石」のヨレヨレでつ。
おかげでワタクシのキモチもヨレヨレになってしまいました。
言うなれば「エルム街の~」ならぬ「渡良瀬川の悪夢」ですなっ(ぷ)!
Commented by inax at 2009-05-13 08:13 x
ゴリさん

まいどっ!

駄目だと判っていても、それでもナントカ出来そうな気がして通ってしまいます。

まぁ、諦めるのは簡単ですけど…あのサイズの魚のライズをド真っ昼間に仕留める事が出来たら、それが交通事故であっても(プ)最高ですからねぇ!

またどーぞ!
Commented by inax at 2009-05-13 08:17 x
TAKAさん

おはよーございます!

キモチもヨレヨレに…なりまさぁーね!
ユルユルのライズを探して、この気持ちを癒してもらうしかありません…となると、あそこか?!(←何処だ)


<< 代打      夏日 >>