Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 26日

Memorial Rod

c0095801_14471716.jpg
遡る事27年前。
17歳から約7シーズン、共にフィールドを駆け抜けた元相棒。

羽舟

…と聞けば、もうご存知の方も多いと思うけど
桐生の和竿職人、中村羽舟氏作のフライロッドでございます。

氏の作品としては初期のモノになるのかな。
“羽舟”というのは、最初は竿の名前だったのですね。

実家で埃まみれになっているのを引っ張り出してきて、ちょっと綺麗にしてあげました。
フェルールを繋いで軽く一振り。
当時の渡良瀬の流れが、一瞬脳裏をかすめたような…そんな気がしました。


バットは吾妻方面で自生していた布袋竹を使用。
さらに、グリップにも布袋竹のコブを使うなどして、徹底した竹へのこだわりと和竿師の主張が随所に盛り込まれています。
むろん、リールシートのスペーサーも「竹」。
c0095801_21353326.jpg


ほぼ十年振り位に繋いだわけですが、大気にまとわりつくようなシットリとしたアクションは健在。
これは、氏の作るロッドに共通のアクションと言えるのでしょう。

今時のバンブーとしては、バットに芯のあるアクションなのでしょうけど、それが逆に今の自分の好みにマッチしているようで…ちょっと微電流が走りました(笑)


フライロッドのバット部に使用できるようなテーパーの緩い布袋竹は少ないらしく…アングラ界では価値があるモノらしいです。

これでもか!!という位のハンパない使い込み方にも関わらず、未だに折れず(正確には一度折ってる)に残ってる…という事だけでも奇跡に近いのかもしれません。

自分の釣りに余裕が出来る頃には
もう一度使ってみてもいいかな。

鉄鍋会へのエントリーはコチラ

by sureyamo | 2010-01-26 18:47 | item | Comments(2)
Commented by Led.Zep at 2010-01-27 22:09 x
たまには竹竿もいいですよね~。
今年はこの竿持って、のんびりとイワナ釣りに行きましょうか?
Commented by inax at 2010-01-28 17:27 x
Led君

こんばんわ!

いいですねー。
イワナにはピッタリかも!!
今年の夏も、例の高原の川にいっちゃいましょー。


<< New Wapon!      レポート >>