Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 15日

2010丸沼を振り返って…

今年の丸沼では、たくさんの鱒達と遊んでもらいました。

今回はブログに使用しなかった写真を随所にアップしつつ、シーズンを振り返って見ようと思います。
c0095801_20375461.jpg
13回に及ぶ釣行で出会った鱒達…その数延べ130超。

我ながら良く釣ったと思います。
c0095801_20381847.jpg
それもこれも…

毎週金曜日毎に行われた成魚放流あっての釣果に過ぎませんが

合間合間に覗かせる「丸沼の厳しい一面」に、一瞬たりとて気持ちが緩む事がなかったことも…
こんな結果に繋がったのかも知れません。
c0095801_20383762.jpg
特に人と違った事をやっていたワケでもなく…
むしろその逆で

湖の釣りを復活させてから、まだ二年目ということで
セオリーには忠実だったのだと思います。
c0095801_20385773.jpg

良く釣れてくれたのは多分…他の方より“引っ張った距離が、ちょっとだけ長かった”のでしょう。
小用する間も惜しんで釣っていたくらいですから…
c0095801_20392294.jpg
本来、魚を釣る事が目的が「釣り」だけど
僕の丸沼釣行を根底から支えた、もう一つの柱は“キャスティング”。

人よりも飛ばそう!!なんて下心より、目指したのは
なんとか人並み
c0095801_20411724.jpg
釣りを前提にするとスペイの優位性は魅力的だし、興味もあるんだけど
僕がひたすらOHにこだわる理由も、実はソコにあったりして。
c0095801_20422284.jpg
自分もいずれはスペイに行くんでしょうが、もうちょっとOHでループが整ってからでも遅くはないかなぁ…と

そんな事を考えながら、今年もオーバーヘッドで振り切りました。
c0095801_20394891.jpg

ロッドは小脇に挟んだ状態で、リトリーブは両手を使う…っていうのが僕のスタイル。
これぞ
“ina引き”(爆)

リトリーブ中は常にフライは動いている状態で
“ポーズ”がないのが特徴。

厳密には小刻みな間隔の連続運動なんだけど、どうやら“定速”であることがミソのようで
実はこんなリトリーブが結構釣れるのです。
これはミッジを引いて誘うときも全く一緒。(但し、このときはハンドツイスト)

こういうリトリーブをしていると、結構みんな真似してくるけど(笑)
うまく釣れないのか、途中で皆辞めてしまうようです。

多分、僕が使っているフライとの相性も多分にあるのでしょう。
“ノーカウント”でも後半は底に触るくらい重いですから…ね(笑)
c0095801_20404923.jpg

今年の丸沼の釣りで、特に印象的だったのは…
あえてブログには載せなかったけど(笑)ドライワカサギの釣り。

正確には浮かせて釣ったわけぢゃ〜ないから、ドラワカとは言えないんだけど
この時この瞬間だけは、入れ食い状態。
c0095801_20415354.jpg
山上湖ならではの天候の急変も、釣りの思い出を印象深くする「ひとつの演出」と思えば……。

ベタベタの凪ぎよりも、こんな日の方が逆に魚の活性は上々なのが常。

それもこれも…
快適に過ごせるだけの装備が絶対条件にはなるけれど。
c0095801_20425097.jpg
ホウライ鱒の底知れぬパワーには、つくづく驚かされる。

掛かってから魚影を目視出来るまで、一体どんな大物かと思わせるほどの引き味は
その日、床に就くまで余韻に浸れそうなくらいに強烈だった。
c0095801_20433266.jpg
オカッパリで釣れてくれる
鱒達との出逢いは、その一つ一つが、いつまでも記憶に刻まれるのだから不思議です。

…だから…もっと沢山のFFMに
オカッパリの魅力を感じてもらいたいと思うのです。
c0095801_20431967.jpg
まもなく丸沼も冬期通行止めによる自然禁漁を迎え…
ついては当ブログでの丸沼記事もこれにて自然終了。

正直、思い残す部分もたくさんありますが(笑)
もう少しだけ他の湖で腕を磨きつつ、来年に繋ぎたいと思います。

いままで、丸沼記事にお付き合い下さいまして
ありがとうございます。

通常路線?!へは徐々に戻します(笑)

by sureyamo | 2010-11-15 18:10 | and others | Comments(10)
Commented by at 2010-11-17 10:27 x
2010丸沼 本当にお疲れ様でした。
おかげさまで、いろいろと勉強させていただくことが出来ました。
ありがとうございました。
何でもそうですが、やはり人の真似ではなく、自分でしっかり研究して確かめる努力がとても大事であることを改めて思いました。
私のエリアにも素晴らしいフィールドが多くなるので、その場所場所でしっかり研究してつないで行きたいと思います。
これからのシーズンは他方面の湖でまたご一緒させていただく機会があるかとは思いますが、改めましてどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by たんくろーりー at 2010-11-17 17:08 x
Inaxさん、すっかりご無沙汰しております。

書き込みはしてなかったんですが、毎回更新を楽しみに読ませて
いただいてましたよ。

Ina引き、、、、実は先日、サーフからのハマチ狙いで、慣れないツーハンドを使って出かけたときにやりました。
ナブラははるか彼方で結局釣りにならなかったんですが、イワシの逃げるスピードに合わせてリトリーブするにはIna引きは不可欠のようでこの釣りになれた先輩たちの手馴れた動作には感嘆してしまいました(^^;l

ボクがやると脇に挟んでいてもティップがぐらつくし、両手はこんがらかるし・・・・自分の「脇の甘さ」はやっぱり伊達じゃないなと思い知りました。

だけど、連続した動きをフライに与え続けることができるのが功を奏する事があるってのは海の釣りではとても重要なようで、湖の釣りでも同じなんですね!!

リトリーブの釣りって単純にみえて凄く奥深いなと痛感した秋でした。

また機会があったら色々教えてくださいね♪
Commented by inax at 2010-11-20 08:10 x
和さん

おはようございます。
今期の丸沼釣行ではバッドタイミングだったようですね。
何やっても駄目な時など、丸沼ではザラなので懲りずに来年も頑張りましょう。

経験に勝るものはなし!
釣りは「お魚」に教えてもらうのが一番確かだし…安上がりです(笑)
Commented by inax at 2010-11-20 08:17 x
たんくろーりーさん

ご無沙汰しております。

そっか、この引き方はソルトだと当たり前なんですね!!
回遊性のある魚という点では共通ですね。
淡水だと異端(プ)なので、ソレを聞いてちょっと安心(爆)。

脇ばさみのロッドワークでキモとなってくるのは…『腰』。
お腹回りの余計なお肉が無くなれば、今よりは機敏に操れるような気がしますよ〜(プ)

Commented by marunuma.kankos at 2010-11-20 20:29 x
いつもご利用ありがとうございます。
コメントはしておりませんでしたが、毎回丸沼記事楽しく拝見しておりました。
また来年もお待ちしておりますね~!!
冬の丸沼もブログにて未公開画像(笑)など含め紹介してまいります。
Commented by gifu-yamazaru at 2010-11-20 20:42
塾長、まいどだにぃ

丸にはとことん通った今シーズンでしたな。
それにしても130超えの釣果とはお見事!!
来期はミッジングも忙しくなりそうですから、この記録はしばらくは抜けそうにないですな。

ina引きはミッジにも有効なんですか。
でもハンドツイストは超苦手、だって指が次第に締め付けられて行くんだもん(ブッ
Commented by inax at 2010-11-22 09:55 x
kankosouさん

今シーズンも大変お世話様になりました。
こちらこそ、丸沼BLOGの最新情報はかなり参考とさせて頂きました。
秋口の丸沼で一番気になるのは水温と水位、それと路面状況(笑)。
ここら辺の情報が事前に把握出来るとなれば、かなり心強いです。
微力ながら応援して行きますので、今後とも宜しくお願い致します。
Commented by inax at 2010-11-24 08:29 x
山猿さん

毎度です〜。

例年より水位が高かったようですが、今年は早い時期から通ったので良い釣りが出来ました。

ただ…肝心要なキャスティングの方は、2週間空いちゃうとグダグダですね(プ

そろそろAFFの本格的なミッジングの時期なので、ソチラに移行していきますよ〜。
Commented by JAMES at 2010-11-25 11:55 x
こんにちは。
INAXさんは、写真が巧いですね!モノクロの演出も良いですし。。
真冬のAFFミッジング・・・
それ用に、ロッドを作っております!
Commented by inax at 2010-11-29 17:25 x
JAMESさん

こんばんわ!

写真はどれも駄目ですねぇー(笑)。
魚の口先が、しっかりフレームに隠れちゃってます。
流石、ボツにしただけの事はあります(爆)

赤城のミッジングを是非体験してくださいね。
すでに2回ほど行ってますが(記事にはしてませんけど)『ミッジング』オンリーで楽しむのは、もう少し待った方が良さそうです。



<< お疲れ!!ヴィークロス      丸沼〆釣行 >>