2011年 03月 02日

ニンフの底力

c0095801_2143545.jpg
ツッチーとLed君を現地の待ち合わせで
解禁二日目の神流川に行ってきました

前日の大盛況(だったらしい)とは打って変わって
今日の神流川は、何処でも好きな場所に入れるくらい空いておりました

場所取りに悩むこと無く、気持ちよい一日が過ごせそうな予感




実は、常々思っていた事があって
ソレを今回の神流川釣行でトライしてみようと思っていた事があるのです


それは

「解禁早々の渓流を本気で釣ったら、何匹釣れるのだろうか」ということ!!

数を競う…なんてことは、ことフライフィッシングにおいて“タブー”みたいなトコロがあるんですが

フライマンである前に“釣師”な僕として、

匹数が気にならないと言ったら、それも



になるのも確か


だけど、ある数以上は幾ら釣ったところで感動も薄くなってしまうし
そもそもカウントしながら釣る事自体

ひじょーに面倒臭い(笑)

ですが今回、私的好奇心という名目の元

綺麗事抜きに頑張って勘定してきました!!

c0095801_21434185.jpg
、やるとなったら

トコトン本気


今回の釣りは目的がハッキリしているので、思い切りルースニングに特化したシステムを組んできました…
それもかなりマジに(笑)
c0095801_2143598.jpg
リーチのアドバンテージを考え、ロッドは9.6ft
ラインはDT4F

‥‥と、ここまでは何時もと一緒


Kty DTリーダー 12ft 5Xをベースに9x前後のナイロンティペットを
流速を見ながら、水深×1.5(ないし2)の長さで追加

マーカーは中通し式

タングステンソフトシンカーを4cmくらいの長さで細く撚りつけます

フライは必ずウェイトを仕込んだモノで、サイズはスレるの極力遅らせるため16〜18番

フライ交換の時間も馬鹿にならない(特に最近)ので
汎用性と耐久性のあるパターン1本に絞り、カラーフックでバリエーションを増やします


それぞれに理由はございますが
説明するのは面倒なので、知りたい方は僕に現場で直接聞いて下さい(笑)
c0095801_2144835.jpg
そんなワケで、まだ川面に日が差し込まない時間帯から釣り開始♪

タナとシンカーの量を微調整しながら
流れに付いたヤル気のあるヤツから積極的に拾ってゆき…
魚の溜まるプールで一気に数を稼ぎます


さすがに解禁して間もない事もあり、魚影に関しては申し分ございません


前日に大勢のフライマンに攻められたとはいえ
ここまで執拗に(笑)ニンフを流されてもいないのでしょう
実に呆気なくフライをくわえてしまいます。

あと1匹で20匹台というトコロで、痛恨の連続8匹バラし勃発

本日最初の“壁”


c0095801_21441892.jpg
フックのスピア部がテカテカに…(笑)


30匹目に達したところで、遂にリブの断線でフライ崩壊


ここで、本日初めてのフライ交換
フェザントテールでは、とてもここまでは耐えられないでしょう



70匹台で、再び連続バラし再発

第二の“壁”

魚がスレてくる→食いが浅くなる→バレる
この図式を幾度となく繰り返します

スレ掛かりが続いてきたら、ほぼ末期的な症状
他の流れを釣りながポイントを休ませます


そんな感じで開始から5時間後の11時30分
遂に三桁の大台に突入

お昼からみで、一応ミッジドライでお口直しの5本取り…

午後は、仲間とワイワイ騒ぎながら、再びルースニングで追い上げ

結果、三桁+弐拾五匹也

ただし…こんな馬鹿げた事などは、もう二度とやる事はないでしょう
達成感より虚脱感が上回り、ただただ疲れただけでした


まぁ、それを差し引いて

真剣に釣るとニンフはヤバい…というお話で締めくくれればと思います

c0095801_2144266.jpg

参考までのストマック
C&R区間の最上流部だけあって、ユスリカのラーバが大半を占めていました
結果が表すよう、まさにニンフの独壇場だったのですね

追記
今回のシステムでは、ほとんどトラブルフリー。(たまたま)
ティペット交換は一度だけで、結局最期まで釣り切ることが出来ちゃいました

恐るべしニンフの底力でした

おしまい


by sureyamo | 2011-03-02 21:45 | River fishing | Comments(16)
Commented by Led.Zep at 2011-03-03 19:23 x
昨日はお世話になりました。
天気はコロコロ変わりましたが、楽しかったですね~。

これだけ釣れれば、暫くは"ボ"でも大丈夫ですね(笑)。赤城もありますし~。

#10~14だと流石に飽きられるのは早いですが、まぁそこそこに釣れたので結果良し!でしょう。

次回はマイクロニンフ持って参戦です!   ぷ)
Commented by ちゅーた at 2011-03-03 19:41 x
お疲れ様です。
壱佰弐拾五匹也って。 1!2!5!ってことですよね~!!
凄い! そんなに釣れちゃうんですか~ 流石です(^^♪
それだけ捕るには、それ相応の修行が必要だとは思いますが・・・
Ledさんに同じ! しばらく"ボ"でもいいですよね~(笑) 
Commented by inainabakucho at 2011-03-03 21:48
まいどでございます。
125って、ティペットの太さですか??

解禁とはいえ、管釣りでもそこまで行きません。
今度じっくり教えてください!
Commented by TAKA-Qizm at 2011-03-03 23:00
あぁあ、明々後日行こうと思っていたのにぃ~。

今度はいっそのことノンストップで釣り続けて見てくださいませ~(ぷ)。
Commented by kotaro7rod at 2011-03-04 01:19
流石。!!

今度サインして^^!

すげっ。 
Commented by inax at 2011-03-04 08:08 x
Ledくん

先日はお世話様になりました。
そこそこ…なんて謙遜を!!
そういうアナタもかなり釣ってましたね。(笑)
ニンフの釣りで、アタリがシビアになってくる頃からが面白いよね。

マイクロニンフは、最後の飛び道具として、まだ取っておいた方が良いと思うのだけど。
Commented by inax at 2011-03-04 08:20 x
ちゅーたさん

おはようございます。

あんなゴミみたいなニンフ(笑)しか使っていないのにも関わらず釣れてしまうルースニングの恐ろしさをお判り頂けたでしょうか(爆)
 
「講釈ばかりで大して釣れないのがフライマン」なーんて陰口を叩かれて以来、いつかは今回のような逆襲の機会を伺っておりました(笑)
Commented by inax at 2011-03-04 08:28 x
いないなさん

おはようございます。

密度が濃くて、魚も回遊している管釣りの方がフライに対するスレ度の進行が早いので難しいです。

川釣りでは魚は適度に散って定位しているので、個別に狙えば効率よくフライに反応させられるはずですよ。
Commented by inax at 2011-03-04 08:32 x
TAKAさん

毎度です。

そんなに広範囲を釣っていないので、まだまだウブなヤマメちゃんは沢山お待ちしているハズですよ。

当初はノンストップでするつもりだったんですが、もう少し若ければ…(笑)

Commented by INAX at 2011-03-04 08:34 x
高ちゃん

高ちゃんこそ、俺のスナイパーにサインして下さい。
ノーネームのままぢゃ、格好つきません(プ

ちなみにドライでは、ちゃんとスナイパーで釣りましたよん♪
Commented by shaker at 2011-03-04 10:45 x
鬼!!

いじめ過ぎです(^^;)
Commented by inax at 2011-03-04 18:11 x
shakerさん

ごめんなさい。

もう二度としません…(ぷ
Commented by lunatic-feast at 2011-03-04 21:39
そーゆー他のFFMに迷惑になるよーな釣りはアカンと思います

ってかなー
そないに魚が余ってるんやったら、半分ほど長良川に分けたってくれへんかなー
あまりの釣果の少なさに、心折れる方続出とかナントカカントカ・・・
Commented by inax at 2011-03-04 22:19 x
luna嬢

そんなこと言わても困るがなぁ〜(プ

明日は地元の渡良瀬川で、否が応にも現実に引き戻されてきますがなぁ。それで堪忍してぇ。

ところで、今年の長良はマジに厳しそうですねぇ。
そろそろ県鳥を変更した方が、いーんちゃいますか?(笑)

Commented by やまさん at 2011-03-04 23:26 x
私のテンカラみたいに金輪際封印ですね...( ̄ω ̄;

次なるステージは、本流のサクラに湖の本マスですな...(^v^)
Commented by inax at 2011-03-04 23:41 x
やまちゃん

毎度です♪

うぇーん、封印しなきゃ駄目??

次のステージは、本流尺ヤマメと湖の茶鱒と湖鱒の60UP!!
その前に、スッペイマスターしなくちゃ〜。


<< ところ変わって…      群馬解禁 >>