2011年 04月 16日

内容物チェック

今年利根川で釣れたヤマメのストマックです。

時期が少々早いこともあったのですが、既にヒゲナガのピューパが…

暖かい日が続きましたからねぇ。

ユスリカもかなりの比率。

だけど、この規模の川でミッジングは流石にヤル気にはなれません。

よく見ると、カジカの卵もあります。

早期のヤマメのストマックからは川を選ばず良く出て来ますね。

大好物なのでしょうね♪
c0095801_8233561.jpg
一時期、ストマックポンプを全く使わなくなった事があります。

魚の口腔深く、チューブを差込む行為そのものもそうだけど

折角、ここまで捕食してきた内容物を

コチラの勝手な都合で、強引に吸引(破棄)してしまうことに

物凄く嫌悪感を感じた時期があったから。


もし仮に、我々地球人の一部が

定期的に宇宙人に拉致されて、同じことをやられていたとしたら

…と、考えると

あぁ、それは別の意味で嫌だけど



そうはいっても

ライズを繰り返していた魚が

一体ナニを補食していたのか?

その好奇心をなくしてしまったら、この釣り(マッチ・ザ・ハッチ)の面白みは激減。

魚達にとっては踏んだり蹴ったりかも知れないけれど…




ただし、ストマックポンプを買う前(←正確には買える経済状況でない頃)は

内容物を調べる為に釣って来た魚を解体し

いちいち胃袋を開けて調べるしかったわけで…

それを考えると、ストマックポンプが救った命は計り知れません(ぷ)




お魚に苦しい思い(たぶん)をさせてまで吸い出した内容物なのですから

単に「フライの答え合わせ的」用途でしか活用しないのは

お魚にとって失礼なお話。



ストマックポンプから得られた過去のログから

これから起こるであろうハッチや、それに伴う流下を予見し

次に繋げる…いや、繋げたいものです。



そんなわけで

内容物の情報が次に繋げられないような一発ものの単発釣行や

勝手知ったる(←過信は禁物だけど)川では

極力自粛するようにはしておりますが

厄介なライズが最近多くて多くて…。

by sureyamo | 2011-04-16 08:35 | and others


<< 健在!!ハイパースレスレヤマメ      融通の利かない川 >>