Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 12日

シーズン券元取戻釣行

珍しくゆっくり目な日曜日の朝。

庭に出てみると、風もなく

燦々と照りつける朝日の中に、沢山のユスリカが飛び回っていました。

そんなの見ちゃうと…ウズウズウズウズ

結局は辛抱成らずに「荒川冬期釣り場」に行って来ました。




現着は余裕の11時。

そもそも、この時期この区間の水温は滅茶滅茶低いのは判っていたので

羽化は11時30分前後かな??

…とソレを見越してのこと。


水面を観察していると、パラパラとではあるけれど、既に帆立のコカゲロウ(未同定)が流下しています。

でも…

水温を測ると4.7℃しかない。
(※ちなみに1時の段階でも5.3℃)

これは渡良瀬桐生地区の3月と、ほぼ同じ水温!!。

ユスリカやカワゲラの羽化だってままならない低水温というのに…

近くに湧水か温泉混じりの流れ込み等があるのでしょうか?

この謎は、後で調べてみたいと思います。




まぁ、ライズが有る以上は釣りに専念!!。

今週(平日)は、かなり状況が良かったようで期待は出来そうですが

自分と似たような釣り方で、平日の一番良い時間を攻めてる方がいらっしゃる…とのこと(ぷ)

魚もフライに猜疑心。

僕らはライズに猜疑心。

コレまさに猜疑心返し(笑)




ライズはあるけど安定しませんね。

定位している…な定点ライズも

フライを流すとソレっきり…と、そんなのばかり。(泣)


おまけに低水温だから

浸かっていると、3mmネオでは10分も耐えられません。

お立ち岩を行ったり来たりしながら、忙しなくライズを狙います。(笑)


ユスリカも水面直下…ぢゃないピューパ(笑)で、なんとか一尾釣れたものの

続かず


その後、少し上流にある頭を出した岩が織りなす二つの強烈なヨレとヨレの真ん中の…

どちらかというと向こう寄りのヨレ(←判りずらい)で、挑発するようなライズを繰り返していたニジマスを

18番のソラックスダンで、一つ追加。

体が心底凍てつく前に帰ってまいりました。



魚は沢山入っている(…と対岸の方はおっしゃっておりました)ので

やはり日並みなのでしょう。


それにしても、本流のヨレヨレな釣り(笑)は

自分の腕の悪さに毎回髪の毛が逆立つくらい苛つくのですが

そんな苦労の果てに釣れた魚は一匹の重さが違います。


腕を磨くには、ここは最高のトレーニング場ですね


※先日故障したDP-1の修理待ちにつき、現在画像の掲載が出来ません。
写真が無いと味気ないですが…いましばらくの間、ご容赦下さい。

by sureyamo | 2011-12-12 06:44 | River fishing | Comments(6)
Commented by ffwizek at 2011-12-13 06:48
INAXちゃん、おはようっ!

自分も行きたかったのですが、先週の二日間でフライボックスは
スカスカに・・・
しかしあのライズはたまらないし、コカゲロウのハッチを観察
するだけでも価値がありそうですぞ!?
Commented by lunatic-feast at 2011-12-13 09:44
ホンマやー
写真ないとリアル感ないねー
釣れた釣れたゆーたって
嘘っぽいもんねー(笑)
Commented by 鶴造 at 2011-12-13 18:15 x
ゲッ!そんなに水温が低かったですか
ダムでも開けたのでしょうか!?
自分はもう目が悪くって浮いているフライは見えないのですが
ライズがあるとやはり気になりますねゑ~
まだ、シーズン券の元とって居ません(汗)
Commented by inax at 2011-12-15 08:12 x
ツッチー

毎度!!

日並みによって相当バラツキますね。
こればかりは『運』ですな。

この低水温で羽化するコカゲロウなんて…聞いた事ないんだけど
流れてくるんだから仕方ありません(笑)
Commented by inax at 2011-12-15 08:18 x
ルナ嬢殿

ごめんごめん。
写真だけは、カメラがない事にはどーしよーもないの。
年内に修理は無理そうです。(泣)

どうせ嘘つくなら、とんでもない釣果を書きますよ♪
Commented by inax at 2011-12-15 08:23 x
釣造さん

おはようございます。

この区間は例年こんな水温だったと思います。
欲を言えば、もう少し大きめのお魚が沢山ライズしてると嬉しいんですが…この時期にして、あのライズの数は贅沢かも知れません。

これからもっと水温は下がるので、寒くなる前に元をとっちゃって下さい。(笑)


<< week end       お陰様で… >>