2012年 05月 27日

三依地区C&R初釣行

先週の土曜日は、男鹿川三依地区へ行ってまいりました。
c0095801_926476.jpg

※写真が曇っているのは、ミラーレス一眼のレンズ部分のみ水没した為。
とりあえず本体が無事で良かったぁ〜


既にご存知の通り、この区間がC&Rになってから既に数年経過しています。

国道から垣間みれる渓相は以前から見慣れてはいたものの
実際にウェーダーを履いて河原に降り立ったのは今回が初めてです。

新緑に囲まれた開けた河原の中を、右に左に蛇行しながら
琥珀色の川底の上をジンクリアな水が流れています。
先日の雨の影響なのでしょうか、いささか水量は多いような気がします。

今回ちょっとしたワケアリで(笑)入渓したのが9時前後。
かなりノンビリムードだったワケですが、昨今のC&R区間らしからぬ閑散さ?。
c0095801_2055011.jpg


これは一体どうした事なのでしょう。
流れを覗いていると、何やら物騒な(笑)魚影が忙しなく泳ぎ回っています。

最初はデカ虹か?と思っていたのだけれど、良く見るとコレ…全部イワナ。
それも一番小さいサイズでも35cmは下りません。
中には50cm近い魚体まで…(汗
c0095801_2055515.jpg
こんなのが、たかだが10mくらいの流芯に、ざっと数えても二十匹近く。
三〜四十年くらい昔の奥利根か銀山は、恐らくこんな感じだったのでは?
を彷彿させる光景に、ちょっと興奮してしまったのだけれど…

いざ、フライを流してみたところで全くの無視。
というか、もっぱら彼らの興味の矛先は目先の餌では無い様子。

午後には結構まとまったオオマダラのハッチがあったものの
それはもう見事なまでに無関心。

「魔が差す」のを期待しつつ、魚の動きに合わせてニンフを投じ続けるのだけれど…
なんだか「引っかけ釣り」をしているようで興醒めしてしまいます。

真っ当にライズしている魚を探すも、ライズそのものも殆ど見られません。
人が少ないのは、この状況だからなのでしょうか?

釣り上がる途中で、ようやく(手頃なサイズの)ヤマメらしき魚影を見つけるものの
表層から中層へ移行中。
既に時合いが過ぎた後…なのね。


イブニングで残業決定か?
開き直ったところで、たまたま目の前の流れに墜落した蛾が飛沫と共に!!

コレは決めないと…。
c0095801_9555429.jpg
phot by Flux

即座に結んだ「ヒゲナ蛾」で、この日の初モノ(8寸虹鱒)をGet。

日和に似つかわしくない(笑)厳しい展開に
ようやく終止符が打てました。
c0095801_2055951.jpg

追記
帰途は、兼ねてから体調を崩され入院されていた「祥ちゃんパパ」のところに顔を出して来ましたが…元気そうで何より。
積もる話に盛り上がって…なんだかこの日は、それだけで満足ですよ♪


一世を風靡したおじかC&R区間も、いまはちょっと元気がないみたいだけど
また以前のように、皆でワイワイ集まれる釣場に戻ってくれると嬉しいですね。

by sureyamo | 2012-05-27 20:55 | River fishing | Comments(10)
Commented by G2Cream at 2012-05-28 00:40 x
う~ん、INAXさんらしくないUPっ。
明日以降、期待してま~す(^^;)
Commented by inax at 2012-05-28 09:54 x
G2さん

おはようございます。
ゴメンなさ〜い。
アップ前の記事が公開になっちゃってましたね(笑)

こんな感じで如何でしょう?

Commented by 台風カレー at 2012-05-28 12:47 x
おっ!

1日違いでしたね。
ワタシ達は、日曜日に川治のほうに入りました。
友人と三依に入ろうか相談しましたが、我々も今年初なので、上(三依)は渋そうだから、デカいのを気分良くいっぱい釣ろうと温泉街にしました。

しかし、40cmオーバーがウジャウジャ泳いでいた去年に比べ、えっマジで?…の状態です。
なのでドライの釣りを楽しもうとしてたんですが、とにかく釣らねばと、ニンフで底引き漁をするハメに(笑)

もう少し漁協さんに頑張ってもらわないと、(人も魚も)いつも空いてるC&Rになってしまいますね。
Commented by G2Cream at 2012-05-28 20:23 x
即行で帰宅してBlog拝見しております!(^^;)

男鹿川三依地区・・・行ってみたくなりました(笑)
しかし、大岩魚を釣ることはほとんど無理そうですね・・・。う~ん・・
Commented by Led.Zep at 2012-05-28 22:04 x
お疲れ様です。
今週末、お髭の巨匠のスクールで(笑)鬼怒方面に出かけて参ります。
翌日は、地元のスペシャルガイドに上流部を案内してもらう予定です。

最近は川治は元気ないですか。去年の大水害はかなり酷かったみたいですから、まだ尾を引いてるのでしょうね。
Commented by inax at 2012-05-29 08:58 x
台風カレーさん

おはようございます。

翌日にいらしたのですね!
ほぼ三年振りの川治でしたが、釣り人の姿が少なくてビックリしてしまいました。

ダム下の釣場である以上(…というか、本州の殆どの河川はダム下ですけどネ)放流魚がないがしろにされてしまう部分は致し方ない部分ではあります。入漁料を払っている方とすれば釈然としませんが…(笑)

ブログを拝見させて頂きました。アメリカンのオジさんは健在な様ですね。僕は一日に二回、日釣券を売りつけられそうになりました。
その日に売った相手くらい覚えていてよ。もぉ〜!(爆)
Commented by 埼玉のS at 2012-05-29 19:18 x
inaxさん、こんばんはっ!
う~ん、尺イワナ群れなして泳いでるんですか…
でもフライは無視なんですよね
ここの魚達はスレてるって事でしょうか?
inaxさんでも釣れないんじゃ私には無理ですね

そろそろ川にシフトしようかと思ってたんですが最初はもっと簡単な所にします(笑)

実は今、丸から帰ってきたとこです
今日は、厳しかった~
貧果なので詳しくは申し上げません(爆)
Commented by inax at 2012-05-29 19:39 x
G2さん

こんばんは!
今回ばかりは超弩級のMでも…(泣)

彼らも生きて行く上では必ず餌は食べるでしょうから、チャンスは必ず来るとは思いますが…
イワナってヤツは、たまに「絵に描いた餅」化するんで嫌いです(笑)。
Commented by inax at 2012-05-29 19:45 x
Ledくん

毎度です。
確かに魚影は濃い事に間違いありませんが、確実に釣るなら上流部が無難ですね。

C&R区間に携わってくれていた地元の方々なのですが、各々の様々な事情が重なり合って、以前のような管理体制が維持出来なくなって来ている様です。
放流区間の放水も魚影希薄の原因にされそうですが、それは別に今に始まった事ではないものね。

立ち直るには、もう一度皆の力が必要かも知れません。
Commented by inax at 2012-05-29 19:53 x
Sさん

こんばんわ!

スレてるという感じではありませんね。
産卵期の時のように落ち着きありませんね。
ヤマメなら、それでも釣れちゃう事もあるんですが…今回はそういう雰囲気は全く感じられません。
同行の長島さん(FLUX)も同様に感じていたのではないでしょうか。

「丸」も、そろそろ水温が上がり出し、魚も沖目に出始めたのでしょうか。
こうなると、湖も多少荒れた方が良さそうですね。


<< 湯ノ湖でガッ釣り      Rainy lake >>