2013年 03月 25日

起動

c0095801_2237409.jpg
渡良瀬川も随所のポイントでライズ情報が飛び交い始めました。



放流ポイントが大盛況なのは何処の川も一緒です。

だけど、放流さればかりで流れに馴染めないヤマメ達というのは

悲しいかな我々の予想を上回るペースで、どんどん下流に下り散って行くものです。


脅威を知らないウブなヤマメ達の宴は、こんな下流のプールの至る所でも

まるで浅学の釣り人達をあざ笑うかのように、人知れず繰り広げられているのです。


それを知っている古くからの常連は

あえて放流ポイントに築かれる人垣の一部になるようなことせず

誰にも邪魔されることのないポイントで、静かにじっくりライズに向き合っています。




暖かい日が続いたせいで、水生昆虫のハッチは一気に進行してしまったみたいですね。

ユスリカ、ガガンボに始まり、オオクマ、ナミヒラタ、フタバ等々

まだ三月だというのに、流下は混沌。
c0095801_2323917.jpg


そんな状況にあっても、やはり圧倒的な流下量を誇るユスリカが

一番好まれて補食されているようです。




ライズの多発している流芯まで約10m。

手前との流速差でラインにブレーキが掛かってしまって

フライ先行でキレイに送り込むことは、かなり難しいのですね。


稀にうま〜く(笑)流せたりはするものの

そこに至る頃にフライもシッカリ見切られていますから、そう易々とは釣れません。


何度も打ち返したフライなどは、かなり上流からソロッと流し込んでみたところで

ライズはまるで申し合わせたの如く、ピタリと止まります。


フライチェンジ後のファーストアプローチを、それこそ一発で決めないと

全くお話にならないようですね。
c0095801_2237492.jpg
こうなると、流下の切り替わりが貴重なチャンス。

幾分派手目なライズが増えてきた頃合いを見計らって

ガガンボを流したら…あっけないモノでした。
c0095801_22374738.jpg
ただそれも、ほんの束の間。

再びユスリカに対するライズばかりになってしまったら

また(笑)手も足も出なくなってしまいました。(-.-;)

無数のライズリングの中から、まだ三匹しか釣っていないというのに

すでにこの有様。


先きが思いやられますが、それがこの釣り方の一番面白く、奥深いところでもあります。

ただ釣るだけなら、色々な方法があるわけで…

釣果だけを求めて、安易な釣り方に走ってしまっていたら

僕はこんな釣り(フライフィッシング)なんて、とうの昔に飽きて

辞めてしまっていると思います。


ただマッチ・ザ・ハッチに拘っているうちは、この釣りに終わりはありませんね。

by sureyamo | 2013-03-25 22:39 | River fishing | Comments(4)
Commented by gori_ma2da at 2013-03-26 00:19
inaちゃん! 毎度!

やっぱり、情報が流れてきて…
我慢出来なくて行っちゃったのね!?
しかし、流下物は…春の水生昆虫オールスターが揃ってますねぇ~
気分屋のヤマメは好き嫌いが激しくて…
好みをあれやこれやと考えてみるけど…
案外あっさりあっちゃう時もあるのね…
それより…ライズまで届くか?
届いても…流せるか…と、いくつものハードルを越えないと…ですね!?
Commented by 台風カレー at 2013-03-27 18:17 x
inaxさん、こんにちは!

大変ご無沙汰をいたしております。
いよいよ始動ですね。

また今年もinaxさんのブログを楽しみに、また、盗める技は、どんどん盗んでいきたいと思います(笑)

それよか、inaxさんのスクールに参加したほうが早いかな?(笑)

いずれにしても、また丸沼でお会いできるのを楽しみにしております。
Commented by inax at 2013-03-28 08:36 x
ゴリさん

毎度です。

今年の流下は凝縮してますよ。
あれこれと悩む要素満載で楽しいでしょ?

>ライズまで届くのか?

それは本人の努力次第。
『届く』の事とドリフトは別問題(笑)。
さっさと諦めて、素直に長竿使っちゃえば?
Commented by inax at 2013-03-28 08:42 x
台風カレーさん

ご無沙汰しております。

持って行けるモノは、どんどん持っていって下さーい。
出し惜しみはしませんよ。
ただ、行き当りバッタリでお逢いするよりスクールの方が確実ではあります(笑)

今期から当面は日曜日に釣りに行ける日は限られますので、丸沼釣行は土曜日を空けといて下さいね。


<< スクールのご案内      スクール開催のご案内 >>