Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 14日

竿抜け

c0095801_9441848.jpg
群馬県より半月ほど早い解禁を迎える隣県長野県。

かじかんで言うことを効かなくなった指先で、ミッジのアイにティペットを通し
寒さを忘れて夢中になって通い詰めた千曲川本流のライズゲームも、ちょっと過去の話になってしまいました。
c0095801_9511866.jpg
本流は放水中ということもあるのでしょうけど、往年の名ポイントは土曜日だと言うのに釣り人一人おらず、ヒッソリと静まり返っています。

もちろん、全く魚が居ないなんてことは無いんでしょうけど、
良い頃の思い出しかないこの場所で、ロッドを繋ぐチャレンジー?になり切る事は出来ませんでした。

今日は、ひとつの爆釣情報をたよりに、近くの支流に向かってみました。





そこは、小さな集落の軒先の道路と畑を挟んだ小さな流れ。
自分が勝手に想像し、思い描いていた情景は見事に裏切られました。
c0095801_954591.jpg


こんなところで?と思うのも束の間で、すぐに目に飛び込んで来たのは中層に定位するヤマメ。
こともあろうか自分の佇む直ぐ脇の、ほんの竿一本半ほどの水面直下(ライズはしない)スレスレのレーンで啄むような捕食を始めました。

ここのヤマメ達は人影に慣れているようで、コチラの挙動にも全く無関心といった様子で、夢中で捕食を繰り返しています。釣り人に慣れてる(タチの悪い)ヤマメは多数知ってますけど(笑)ココの魚はそうじゃないみたいです。

目立つ流下も無く、時間帯的にもユスリカかな?とも思いつつも、とりあえず探りの意味で18番のCDCダンで様子を伺ってみることにしました。

フライの流下にシンクロしながら浮上してきたヤマメは“カプッ”と小さいな音を立ててフライを吸い込むものの、なんだか真面目に?食っているような感じではありません。
疑っているのか、こんなことが二回、三回と続き、下手にフッキングしてしまうと厄介(笑)なので、ここでフライ交換。少し大きめのBFDに結び変えたところ
c0095801_108065.jpg
すぐに釣れました。(笑)

※…というか、数日前に仲間が釣っているワケですから、フライは疑われて当然ですね。

c0095801_10452813.jpg
千曲川水系に見られのアルプス系のユスリカは、ココでも健在でした。

フックサイズにして♯16前後な黒光りする硬質感タップリのピューパに
こんなカタチで出会うのも久方ぶりです。

時計の針が11時を少し回った頃、それまでは魚ッ気のなかったプールの後半、対岸に植生した葦のオーバーハングから25〜6cmクラスのヤマメ達が続々と魚が出てきて
流芯のテーキングポジションに付き始めました。
その数、およそ7匹。

魚達も、もうすぐ始まる(であろう)宴に期待しているのでしょうね。

ただし、肝心の羽化は一向に始まりません。
今朝の冷え込みは、ここの水生昆虫達の羽化を足止めさせてしまったようなのです。

待ちきれなくなったのか、一旦定位したヤマメ達はほどなくして川底と中層を忙しなく動きはじめ
何かを捕食し始めたのですが、目立った流下物のない水面には、あまり興味がないようで、当然のごとくライズもありません。

駄目元で、先日スーパーハッチがあったという類いの水生昆虫を暗示した、大型のフローティングニンフ(ロングシャンク♯12)に変えた途端、反応が豹変。

流れをウロウロしていたヤマメ達は、フライを見つけた途端に一直線で突進してきます。
ドラッグなんてなんのその、水面に止めっぱなしのフライにまで、まるでまとわりつくように食い付いてくる始末。
c0095801_1112201.jpg
…でもそんなウソ(の流下)で長く騙せるはずもなく…。

その後は、定番ユスリカと中型のBFDをローテーションで使い回すことで
彼女達と心置きなく戯れてまいりました。
c0095801_1233758.jpg
c0095801_1172533.jpg

こんな風に、鼻先が傷ついている魚が結構いて、やっぱり養魚場で傷がついちゃったのかな?

綺麗な魚も混じりますが、全般的にスキニーな個体が多いようでした。
この過密状態だと仕方が無いかも知れません。


お昼のハッチでヤマメ達が一斉に浮く…と言う話も判る気がしてきました。
c0095801_11115123.jpg
是非とも一度体験してみたいモノでですが、日程的に再戦は無理。

今年は、この位にしておいてあげる(笑)といたしましょうか。

追記

写真の雰囲気が再び変わったと思われた方は…鋭いです。
水没して以来、再起不能と判断したまま放置しておいたDP1を、いよいよ修理に出そうかと思い駄目元で電源を入れたところ、これが普通に起動。
撮影画像も細かくチェックしましたが、イメージセンサーやレンズ等の汚れ等も見当たらず、現役続投となりました。
代替機で嫁のミラーレスを使っていましたが、いやはや…再びDP1の画質を味わってしまうとミラーレスには戻れませんね。
使い勝手は最低なんですが(笑)次の水没まで、また頑張ってもらいましょう。

by sureyamo | 2013-04-14 09:50 | River fishing | Comments(0)


<< マッチ・ザ・ハッチスクールVo...      スクール開催のお知らせ >>