Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 13日

遅い春

c0095801_8265046.jpg

終日子守りの予定だった日曜日。

予想外にも素晴らしい釣り日和となってしまい、矢も楯もたまらず、
お昼を挟んだ前後一時間だけ実家の母親のトコロにチビを預かってもらって
渡良瀬川のライズ戦線に参戦。

この区間も、一応は上野村神流川と同様のC&R区間になるのですが
川のスケール、区間全長共に単純に比較はできません。

すでにご承知の通り、C&R区間=常に魚影が保たれている=釣れて当然!
的な考えで望むと手痛いデコピンを食らう羽目になります。

この川には『たまたま』とか『偶然』とか
あんまり期待しない方が良いです(笑)


あくまで魚の密度は、ごく普通の一般河川並み。

もともと、区間設定以前から潜在的なリリース率が高かった川ですが
設定後は以前にも増して賢くなったヤマメ達に手を焼きます。

釣りの難易度は魚影の濃さとはなかなか比例しません。

スレ切って、本物の虫さえも疑るような慢性的なライズや
ティペットを極限まで細くしないと相手にしてくれないような厳しい展開は
それはある特定な激戦ポイントだけの話。

自分の足を使って、魚(ライズ)を探す労力さえ惜しまなければ
流下に従順無垢なヤマメ達に必ず出逢えるものです。

どちらも楽しい釣りであることに変りはないんですが
小難しい釣りは、すでに食傷気味な僕が選ぶのは
断然後者です。

こんな風にポイントの見切り替えてから
グッドコンディションの尺ヤマメに出逢える確率も一気に高くなりました。

巷で言われているほど敷居の高い川ではないので
臆することなく、どんどんチャレンジしてもらいたいものです。

c0095801_20561524.jpg
生憎(笑)この日は成魚放流日と“かち合って”しまいました。

川と平行する峠道沿いから放流箇所の人垣を横目に
向かう先きは、当日放流されていない橋下。

まぁ、こんな日は焦らなくても誰もいませんから…(笑)


サクラも散り、周囲は春全開。
だけどどうも、川の中は少し季節が遅れているようです。

ハッチはあるものの
魚達に引き金を引かせるほどの勢いは、まだ足りないように感じます。


c0095801_20562290.jpg
ライズがないことには話になりません。
放流地点の下流部で、あまり人が居ないポイントへ移動。

今の季節なら、午前中はガガンボ。
お昼前後はオオクマで、あとは無難にフタバで良いと思います。



ただし、ガガンボって早い時期から率先して食われるようですけど
他のハッチと重なってくると、割りとスカされる…そんな印象を昔から持っています。

ナ二が理由なのかは魚に直接来てみないことには判らないのですが
単純にハッチしている虫に合わせていれば釣れちゃうワケでないトコロこそが
この釣り、マッチ・ザ・ハッチの佳境ですもんね。


まぁ、そんな感じで首尾よく始まった“無垢”なライズを
今回の同行者N君と二人でパッパと片付けて…

僕だけは子守り戦線へ復帰したのでした(笑)
c0095801_20562500.jpg
もう少し学習が進んで、捕食のスキルも向上すれば
来週あたりから更に面白くなるでしょう。

ルースニングも楽しいですけど
ライズさえ始まっちゃえば、やっぱりドライフライが一番萌え〜ですね。




by sureyamo | 2014-04-13 20:56 | River fishing | Comments(0)


<< オオクマ祭り      今回は手堅く… >>