2014年 04月 15日

オオクマ祭り


そろそろ来る頃かなぁと、そんな予感めいたモノはありました。


11時30分。


待ちに待ったオオクママダラのまとまった羽化。

チャージされたばかりの成魚ヤマメ達も、この流下劇には挙って水面に浮いてくれました。

今年の渡良瀬のオオクママダラカゲロウはチョット小振り。
…とは言え、同時期同時刻に羽化する他の水生昆虫と比較すれば
その存在感は圧倒的。

ヤマメ達は、本当にこの虫が大好物なんですね。

真っ昼間の羽化=真っ昼間のライズっていうのも溜まりません。
c0095801_18414979.jpg

幸運にも、こんな機会に初陣を飾ったのは、秩父のカリスマ美容師でもあるコチラの方。

僭越ではありますが、お昼前後のひと時をご一緒させて頂きました。




初めての川で、なおかつこの手の本流は、あまりご経験がないとのことで

不安と期待で胸いっぱい(笑)だったのではないでしょうか。
c0095801_1842038.jpg
水面を割るライズリングの数が次第に増えて行きます。


帆立て流れるダンが目立ち始める中、最初のうちは水面を割るように始まったライズも

時間の経過と共に水面直下へと移行。

オオクママダラを捕食しているとは言え、ステージを意識したパターンに替えていかないと
ライズに全く相手にしてもらえなくなります。


ただ、そこは百戦錬磨の彼のこと、余計な心配は無用というもの。
c0095801_18424509.jpg
キッチリと仕事をこなすあたりは流石ですね。

さてさて本流のライズフィッシング…如何だったでしょうか?

彼にとって、新たな刺激になったようですから
今日の教訓を彼のホームで活かした結果を期待して待ってます!

こんなゲームが、あと一週間くらいは楽しめそうですね。


by sureyamo | 2014-04-15 22:50 | River fishing | Comments(2)
Commented by summerdun at 2014-04-16 20:26
ありがとうございました!
渡良瀬の洗礼は、これからの本流釣りにとっても重要なヒントを
沢山与えてくれました。今シーズン、まだ分かりませんが再チャレンジできたらと思っています。湖の釣りももちろんですが、色々と新しいステージを用意していただき、ありがとうございます(w
さあ~、秩父荒川の戻りヤマメもいい頃です。
ヨレヨレ&ウネウネの長瀞地区で、ロングドリフトしてみます。

ウエーダーでなく、長靴姿のINAXさん、かっこよかったです!(W
Commented by inax at 2014-04-18 08:30 x
summerdunさん

おはようございます。

流厚な本流でのライズフィッシングは如何だったでしょうか。
攻略は大変ですが、一匹のヤマメの重さを改めて実感できますね。その昔、飲み過ぎた朝にこんなヨレヨレ&ウネウネにドライを流してて吐いちゃったことがあります(笑)

本流ならではの攻略ノウハウは、まだまだ沢山ありますから
是非習得して下さい。

追記
あの長靴、穴が空いちゃいました(泣)


<< 再びの沈黙      遅い春 >>