2014年 05月 07日

スペイスイベル

久々のアイテムネタです。
c0095801_22074417.jpg
オーバーヘッドキャストと違って、ロッドティップが円運動をするスペイ系のキャストをしていると
どうしてもフライライにキンクが生じます。
(OHでもロッドティップ直線的に振られていないと同様の事が起こりますけどね)

常にアンカーが打てている場合には、発生する糸ヨレは多少抑制されているものの(簡単なリカバリーで復帰可能)のですが、魚を前にした実釣では僕のようなセッカチな人間は、はやる気持ちでアンカー抜けが多発してしまいがち。

その際に発生したキンクは径の細いランニングライン側に蓄積されて行きます。
シュート時のライントラブルの大半は、こんなキンクによる『噛み付き』が原因といっても過言ではないでしょう。

ただこれは、ヘッドとランニングの接続部分にスイベルを介することで
実に容易に解消することが出来ます。
c0095801_22075471.jpg
c0095801_22075705.jpg
フライフィッシングから釣りを始めた方には馴染みが薄いと思いますが、スイベル(撚り戻し)は釣りの世界ではなくてはならないアイテムの一つ。
ただし、フライフィッシングシーンでは『フライ専用のスイベル』というものは存在しませんから、一般的なスイベルからの流用ということになりますけどね。

大手量販店の餌釣りコーナーを覗けば、様々なスイベルが売られています。

コンマ数グラムの重さが影響するフライキャスティングにおいて、スイベルの自重が与える影響も考慮したいところ。
もちろん使用するスイベルは軽いに超したことはありません。

パッケージには強度(耐荷重等)が記載されていますが、強度に比例して重くなるので注意しましょう。

フライラインに使える、軽くて高強度のスイベルも
きっとそのうち出てくることでしょう。

今回はあえてスイベルの商品名は記載しないでおきます。

大して高いモノではないので、色々と試してみると良いと思います。
こいうのを探し出すのも釣りの楽しみですからね。


c0095801_22075679.jpg
取り付け方は様々です。

スイベルの両端をブレイテッドを介してループにする方法もあれば、フライラインへダイレクトに接続してしまう手段もあります。

現場で頻繁にヘッドを交換される方は両端がブレイテッドループ式の方が良いでしょうね。
市販されている完成品もこのタイプです。

ただし、完成品はビックリするほど高いので自作をお薦めします。
あくまで消耗品ですからランニングコストは重要です。
この仕様で2シーズン使いました(当然今年は付け替えてます)が、今のトコロは全く問題ありません。

ただ…キッチリしたデータがない以上、ワンシーズンで交換するつもりでいた方が良いかも知れません。
こんなトコロでラインブレークしたら、それこそ悔やんでも悔やみきれませんので(笑)

c0095801_22075292.jpg
僕は今年からダイレクト式を試そうと考えています。

僕の場合、使用するラインのシンクレート分のリール(計6機)を常に現場に持ち込んむようにしているので
余程のこと(砂を噛んでリールが回らなくなったりするトラブル)が無い限り、現場でのライン(ヘッド)交換はしませんから、コレでOKです。
仮にヘッド交換の必要に迫られたとししても、ランニング側でカットすれば現場で簡単に組み直せます。


一つ気になるのがガイドへの攻撃性。
自分の場合、収縮チューブを稼動部に接近させることによって、金属部の露出面積を少なくし
ガイドへの干渉を極力減らす方向で考えています。

恐らく、これが最も簡単かつ効果的ではないでしょうか。



by sureyamo | 2014-05-07 22:56 | tips | Comments(2)
Commented by サワノ at 2014-05-15 22:50 x
こんばんは、ご無沙汰しています。
去年丸沼でお会いした時にヘッドとランニングの間に、「何かジョイントがある」と思いながら見ていました。
これだったのですね。
最近私もスイベルを使いはじめました。
本当にヨレ無いですね〜!
私はランニングラインを使い、ダイレクトにスイベル、反対側をループにしています。会社でヒーターガンをループ作りに使って鱒(^^)
Commented by inax at 2014-05-16 08:30 x
サワノさん

おはようございます。

使い始めは多少の違和感がありましたが、直ぐに馴れますね。

ランニング部のライントラブルが無くなるのは釣りをする上で重要な事ですもんね。もう少し軽いモノがあると言うことは無いんですが…。



<< フィッシング ハイ      2014年初 湯ノ湖釣行 >>