Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 15日

c0095801_09181716.jpg
土曜日だというのに釣り人は我々だけ。

こんな日もあるものか…と思うと共に、もしかして僕らが思っている以上に状況は芳しくなくて、釣れない(ライズが無い)情報が行き渡ってしまった末の…なのだろうか?



我々釣り人にとって『情報』は重要であることに異論はないのだが、その情報に振り回されてもまた…いけない。
『良くない』という情報で計画を変更するのは良いとして…『良い』と言う話を聞いてから飛びついているようでは、その『良い』と言われる状況を超えることなど、まず期待出来ないと思った方が良い。

つまり…人様より少しでも良い釣りをしようと思っているのなら、情報は傍受する側でなく発信する側にいなければない、といういうことだ。

もちろんそうなれば、様々な状況に直面することになるので、ことの次第では最悪の条件を経験するかもしれないのだけれど、実はそれさえなのである。

いや、むしろ糧として昇華していけなければ駄目なのである。
c0095801_09182966.jpg
前回釣行にくらべ、水温は順調に上昇。
この分だとお昼には8度くらいまでは行きそうな勢いだ。

しかし、天候はお昼前から曇天に急変。
体感気温も下がり、もちろん水温の上昇も途端にスロー。

それでも、水温は既に6℃を超えて久しいので、ユスリカの羽化は活性化しています。
c0095801_09183784.jpg
よく見ると水面は黒い点が判るでしょうか?
実はこれ、♯18〜20ほどのトビケラのアダルト。
石の風裏には夥しい量が重なり合うように蠢き合っています。

もちろん、水面にある以上は捕食対象としての可能性はあるのですが
渡良瀬に関しては、あまり話題にはのぼりませんね。

試しに流下ネットを使って、この塊をごっそり(笑)捕獲。
そのまま流芯まで行って流してみましたが、何も起こりませんでした。

c0095801_09185614.jpg
結局、この日起こったライズは4回。
それも最初の3発目までは3時間に1回ペースで…(笑)

さすがに手が出ませんでした。
まぁ考えようによっては、ライズが見られたことだけでも良かったのかも知れませんけどね。

今回も(笑)魚の顔こそ見られませんでしたけど
川に居た時間分だけ得られた事もありますし…
それはソレとして次回への糧にしたいと思います。













by sureyamo | 2015-03-15 09:33 | River fishing | Comments(0)


<< クロカワゲラ      イージースプライス ヒートノット >>