Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 05日

今年の利根川前橋地区

c0095801_06443956.jpg
渡良瀬川と違って、雪代や放水の影響で水位の増減が激しく
好条件で釣りが出来る期間(ドライフライで…という意味)は遥かに短い
利根川前橋地区。

ここ数年、ライズを見掛ける機会が激減していたのですが
今年はなかなか良さそうな気がします。

といっても、今のトコロは成魚放流ヤマメばかりなんですけどね。

c0095801_06490438.jpg
なるべく仕事中は、可能な限り河川敷でお弁当を食べるようにしているのですが(笑)
今期、まだオオクママダラの羽化を僕自身で確認していません。

しかし、特に午後あたりから夕方に掛けての断続的なハッチは
雪代が入らなければ凄まじい勢いがあります。

これだけのハッチがありながらライズが確認出来ないとなると、ドライフライだと絶望的な状況な訳ですが、自ずとポイントの見極めも早くなるのでランガンするには効率が良いです。

ポイントの数だけライズに遭遇するチャンスも増えています。
c0095801_06474264.jpg
先日も、クライアントさんで知り合いの車屋さんからの情報を元に
このライズの主を釣っちゃいました(笑)

この場所の夕方のライズは、まだまだ明るい時間帯のうちから30分ほどで終わってしまいました。

捕食対象はガガンボのイマージャーが多いですね。
結果的には全てをドライで釣ることが出来たのですが、捕食レーンはチョロチョロ変えるし、フライもそこそこ選んできますね。

釣った流れが非常に見にくい逆光で
ちょくちょくフライを見失ってしまい、結構ヤラかしてしまったのはご愛嬌。

c0095801_06494284.jpg
チョット、お肌がアレ気味ですが
放流成魚のアベレージは、どうやらコレくらいのようです。




こうして釣っている最中にも、川鵜が回りを飛び交っていて
僕のポイントに首を突っ込みたくてしょうがない…といった感じで様子を伺っています。
その分、相当魚も入っているって事なのでしょう。

群馬漁協も他の漁協さん同様
年鑑札は値上がりしました。

僕の利根川の釣りは、せいぜいあと一ヶ月で終了。
残り一ヶ月分で年鑑札分を取り返さなくてならない訳ですが…
多分それは、僕の場合“あっ”という間かも知れません(笑)

c0095801_06443588.jpg











by sureyamo | 2015-04-05 07:21 | River fishing | Comments(0)


<< 日曜日の神流川      2015 オオクマ祭り >>