2015年 04月 15日

捕食スキル

c0095801_820975.jpg
放流日から連日の雨で
渡良瀬川の水位も若干上がっています。

それに伴い、この白濁した水色がなんとも嫌な感じ。

それでも正午になれば、オオクマまじりの複合ハッチは絶賛継続中。

魚の活性が上がり、更には成魚の補充もあってか川沿いに飛び交う川鵜やサギの様子も、どことなく忙しさを感じさせます。

放流直後からライズを始めたヤマメ達。

最初は流下物に対する捕食行為も覚束ない感じで、美味しそうなオオクマが流れて来ても、無視してみたり…
かと思うと、散ったサクラの花びらにライズしてみたりと、はちゃめちゃなライズだったわけですが…て

二日たった今日のライズは、流れ来る水生昆虫をシッカリ捕食できるようにまでスキルが上がっていました。

c0095801_8195437.jpg
こうなってくれないことには、この釣りが成立しませんからね(笑)

小雨降る昼下がり、ほんの一時間だけの釣りでしたが15匹釣るのはワケのないことでした。

そんな様子を、少し下流の葦際から熱視線を送ってくるのは、先ほど追い払ったばかりのサギ。

僕がこの場を離れるのを確実に待っています。


今の時点では釣り人には川に入ってもらうことが、こんな天敵からヤマメ達を守ることに繋がります。

放流直後の魚で趣に欠けるかも知れませんけど…どんどん釣りに出掛けて下さい。



by sureyamo | 2015-04-15 08:19 | River fishing | Comments(0)


<< 橋の下のサンマル      ライズツアー2015 >>