Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 03日

Day game

c0095801_07240712.jpg
GWが11連休の方にとっては、連休後半戦になるのかも知れないけど
カレンダー通りな僕ら一般ピーポーにとっては、大型連休初日。

なんだかんだと事あるごとに、水辺にだけは立ってきては居たものの
自分の釣りで終日川に立てるのは久しぶりです。

気合いは充分。
朝の5時には、お気に入りのポイントへinしました。

連休直前に-0.3後半(高津戸テレメーター)だった水位も、日を追うごとに順調?に減水。
この日は夜半過ぎから-5.7で安定。
再び、渡良瀬川全域でライズが期待出来る水位に戻りました。

流れに顔を出した石の上には、昨日羽化したであろう水生昆虫達で犇めき合っていて
大型のストーンフライに混じって、モンカゲロウ(今年は少し小さ目)の姿も見られます。
水温は意外に高く、さらには早朝で無風ということもあって
川は虫っ気が溢れていて、今まさにベストシーズンと言ってもいいでしょう。

こんな感じですから、核心の時間帯と踏んでいた10時過ぎを待たずして
散発ながらライズが見られます。

それでも流石に連日攻められているライズ。
反応こそすれど、なかなかフッキングまで持ち込むことが出来ないのですが
そのプロセスが、これまた楽しく…
苦労してライズを捕った時の喜びもひとしおです。
c0095801_07244140.jpg
地元や他県からの仲間達が続々と集まってきます。

この日はドピーカンにも関わらず
普段なら中弛みなハズの午後の時間帯でも
ライズが止むことはありませんでした。

仲間と遠慮がち(笑)に交代でライズを釣りますが、それでも何ターンも出来そうな勢い。

毎回思うのですが、色々な人の釣りを眺めるのも最も参考になります。

複雑な流れの中のライズに対峙させれば、己の経験とスキルなど、ものの数投で白日の下に晒されてしまうわけです。

どんなに立派な講釈も、こんな流れでは一切通用しませんから…(笑)


それが良いか悪いかは別にして…
昔の渡良瀬の常連達(20年前くらいの)は、こうやって互いに刺激し合い、己を鼓舞することでスキルを上げてきたのでしょうね。
c0095801_07250048.jpg
先日放流したばかりのサクラ鱒が、事のほか、良くフライを追ってくれます。
サイズはアベレーズで26〜28cmクラス。
質量も充分だから、掛けてから取り込むまでのヤリトリも充分楽しめます。


もちろん、それ以前のヤマメ達も健在。
放流直後のサクラ鱒よりは些か、もう少し強い流れに付いて
小振りになるものの、こちらも活発にフライを追ってくれます。


すぐ手前でもライズしますが、奥(流芯〜対岸側)は手付かずになりやすい?のか、ライズは安定しています。

同時に複数の魚がライズを繰り返す様は
堪りませんね。

神奈川県N津川漁協の組合員でもあるMちゃんも
鬼怒川のライズにフラれた(笑)帰りに渡良瀬に寄ってくれて…
結局は桐生に泊まって(笑)二日間ハマっていました。
c0095801_07243768.jpg
アチコチ、やからしたみたいだけど(笑)
ガッツリ結果を出していました。

彼の放つドリフトは、ここ渡良瀬の常連をも唸らせる程。
c0095801_07244459.jpg
フルックスイベントの屋台骨を、いつも縁の下で支えてくれるゴリさん。
いつも裏方さんなのですが、今回はガッツリ釣ってます。

あまりこういう事をいうと、本人が有頂天になるので(笑)マズいのですけど
年を追うごとに着実にレベルを上げてきていみたい。

最近、良い魚釣るんですね、悔しいことに…。

c0095801_07243200.jpg
ツアーでサポートに入って頂いた神永さん、足利の釣り仲間の菊川くん、クロさん。
地元群馬の野口君、森下さん。,

そんな方達と共に、お互い時間が経つのを忘れ…
思い切り終日のライズゲームを満喫したのでした。

皆様、お疲れさまでした。
僕のGWは最期の二日間だけ、釣りに使える事になったので(笑)
また、渡良瀬でお逢い致しましょう。


あっ、そうそう
c0095801_07245560.jpg
今回のファーストフィッシュ。

先日放流されたであろうサクラマスですけど…
とりあえず、ようやく今期のP尺。

こんな個体がドピーカンの白昼にライズして…そして釣れるのは
今の時期くらいです。

ちなみに、今回使ったフライは
♯12〜♯14サイズのオオクマパターン。

実際、未だにオオクマの羽化もあるようなのです。
フライはこの位のサイズの方が決着つくのが早いですね。
魚側に至っては、まだオオクマに心残りがあるのかも知れません(笑)

渋いライズ相手に確実な釣果を望むなら…
やっぱり、フタバかアカマダラを意識したパターンの方が良いかも知れません。




by sureyamo | 2015-05-03 10:11 | River fishing | Comments(0)


<< 至福のライズゲーム      ライズツアー2015 >>