Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 10日

slow fishing

c0095801_23223046.jpg
連日、初夏のような陽気が嘘のように
今朝の渡良瀬は、夜明け前から湿度をタップリ含んで
どんよりとした重ったるい空気に包まれていました。

毎回ここを訪れる度、必ずチョッカイを出すライズに、まずはご挨拶がてらのプレゼンテーション。

今日はいつになくご機嫌ナナメなようで(笑)
一回のドリフトでピターっとライズが止まります(-.-;)

程なくして、僕が見越していた流れより少し上流の流芯でライズがはじまりました。
そのライズは散発ながらも羽化していたモンカゲロウを捕食。

モンカゲロウの釣りでは過去に何度も痛い目を見ている僕としては
こういうライズに遭遇してもマトモに取り合おうとは思わなくなっているのだけれど(笑)
今回はからかい半分で反応を見てみることに…。

いやしかし…これが意に反して(笑)面白いように反応するんですね。

206BLの♯12フックに巻いたエクステンデッドボディーにヘアを使用したパターンを結んでいたのですが
こんなレシピのフライパターンではなかなかフッキングに持ち込むまでには至らずで、モンカゲロウ目当てのライズを殆ど沈黙させてしまいました。(-.-;)

たまたま、そんな中の一匹が頬にスレ掛かりしてしまったので
一応ストマックを採取。

『どうせ、モンカゲロウしか入っていないんだろう?』

…なんて、ストマックをチェックしない方も多いと思いますけど…

この釣りの一番の大敵は“思い込み”
こんなときこそ、面倒でも調べてみることをお勧めします。

新たな発見や勘違いに気付いたりするのは
割とこんな時だったりしますよ。

c0095801_23231664.jpg
ほらね。
やっぱり朝はスペントなんですよ。(笑)


以前は地元に住んでいた頃は、毎朝出勤前にモーニングライズを釣ることを日課にしていた時期があって…丁度いま時分の釣りでは、散々スペントを結んでいたことを
すっかり忘れていました(笑)。



モンカゲを食っていないライズ相手に、色んなフライを流してみましたが
スペントにすると実にアッサリと勝負がついてしまいました。
c0095801_23231320.jpg
c0095801_23231817.jpg
コレコレ
これぞマッチング・ザ・ハッチの真骨頂…ってヤツです。

スレてフライに出難くなっている魚を相手にする釣りも、ソレなりの面白さは認めます。
しかしながら、あまりに過剰に責められている場所のヤマメ釣りっていうのは、結局『魚』という媒体を介した『他の釣り人』との出し抜き合戦みたいなモノでもあります。
その結果、渡良瀬のマッチ・ザ・ハッチ=スレッカラシなヤマメ釣り…と思われちゃうのは、個人的には寂しい気がしてしまいますね。

僕が考えるマッチ・ザ・ハッチとは、やっぱりこんな、純粋なヤマメ達と対話だと思うのです。
渡良瀬川に遥々足を運んくれる遠方からのフライマンの方々には一人でも多く、こんな釣りを経験していただきたいと思うのです。(多くの方がソレを望んで来ているはずと思いたい)

こんなこと、僕が言うのも烏滸がましいのですが…
この川の一番の魅力。
それはサイズでも、数釣りでもなく…

たとえ1匹でも満足出来る内容の濃い釣りが楽しめるフィールドだということ。
それを改めて見直す時期に来ているのかな、と思っています。





前回に引き続き、今回も渡良瀬にお越しになったK氏に
対岸から、このライズを狙ってもらうのですが…

c0095801_23230112.jpg
時間の経過とともに捕食対象が切り替わってしまったのでしょうか?
一筋縄ではいかなくなっていました。




せっかく探し当てた『珠玉のフライパターン』も
時間の経過、羽化の推移と共に、その効力は一気に色褪せてしまうもの。
こと、日本のマッチング・ザ・ハッチは常に時間との戦いでもある訳ですね。

このタイミングをいち早く察知し、それに便乗する。

常に周囲の僅かな変化(釣り以外)を五感で感じ取れるようになれるには
一体どれくらい通わなければならないのかしら。







ほとんど無風状態だったのですが、雨は降ったり止んだりと、ハッキリしない天候が続きます。

いつも僕を熱くさせる橋下手のライズも、今回は全く起こる気配がありません。

まだお昼前。
後ろ髪を引かれる想いで、今日はその上の瀬に入ることに…。
c0095801_23230482.jpg
ここの流れは左岸側からのアプローチだと
順・逆光入り乱れる水面で、とにかくフライが見づらくて仕方ありません。


こんな流れを僕が釣る場合…

魚がフライを選り好みしていないと思われる場合には、大きくてシッカリ浮くタイプ(どんな水面でもそこそこ視認出来る)のフライを、魚との間合いをとって使います。

その逆の場合には、結んだフライ(大概は小さくて見づらい)が、魚が出るであろうスジ上でしっかり視認出来るポジションを先に探した上で、間合い自体もかなり詰めてアプローチするようにしています。(ちなみに今回は迷わず前者)

瀬の中でもライズは確認できました。
その感じからして、魚はかなり動いて食っているようなので、探りながらのドリフトを重ねていきます。


その結果、苦もなく魚を掛けることは出来たのですが…
ティペットが直前まで使っていた仕様(9X)のままだったため、掛けた魚(2匹)は全て糸切れ(-.-;)

魚は大きくても26cmくらいだと思うのですが、やはり流れに入っている魚を舐めてはイケマせんね。
ティペットはワンランク太く(それでも8X)します。



仲間から掛かって来た電話に出て、その会話中に上流のヒラキでライズを見つけてしまいました。

距離的に50mほど離れていたにも関わらず、ハッキリと背中が水面を割るのが見えたので、かなり良い魚であることは間違いなし。

速攻で電話を切って(笑)現場に急行。
c0095801_18123559.jpg
典型的な大場所。
到着した時点でライズはしていなかったので、レーンの特定には至りません。

今期散々世話になって、フライパッチに刺さりっぱなしになっていたオオクマのパターンを
何の根拠もなく(笑)結びます。

感覚的な10cm刻みで、レーンを奥に変えながらドリフトを繰り返し…
多分3回目位のドリフトで、黒い影が水面のフライを捉えて沈みました。

c0095801_23232768.jpg
c0095801_23232500.jpg
c0095801_23232975.jpg
AM11:20
32.5cm。

8Xでのヤリトリはチョット心臓に良くありませんね。(笑)
我ながら高揚していたのでしょうね、取り込んだ後は顔が少し火照っちゃってたみたいです。

その後は、期待していた羽化も勢いが無く
ライズも掴みどころが無く、ダラダラと散発な感じ。

一日を通し、スローな釣りになってしまいました。

岸に吹きたまったヒゲナガのシャックの量も、スーパーハッチを暗示させるほど大量。
となると、こんな釣りもそう長くは続かないかも知れませんね。

通えるうちに通いたいものです。






この方の念願も叶ったようです。

頑張って通われた努力が報われましたね。
おめでとうございます。


by sureyamo | 2015-05-10 18:52 | River fishing | Comments(0)


<< 台風直前      至福のライズゲーム >>