2016年 03月 21日

渡良瀬川開幕!


群馬県内の渓流が一斉に解禁なってから3週間が過ぎようとしているけど‥‥
c0095801_19082673.jpg
渡良瀬川をホームグランドとする僕としては
ここでヤマメと出会わないことには

何も始まらない


なかなかライズに巡り合えなかった昨年3月の教訓で
釣行は4月になってから‥‥と思ってはいたものの

今季は季節の進行がどうやら早そう

二回目の成魚放流が行われた頃合いを見計らって、様子見を兼ねて初陣


ここ数日、昼夜関係なく強風に見舞われ
釣りに行く気も失せるような日が続いているのだけれど
今朝は珍しく穏やかな朝

車屋さんの店長さんと相川橋で待ち合わせ
ライズを求めて上流に向かいます




その後、続々と知った顔が集まって
いつもの楽しい1日がスタート


放流した魚は、流れの一区間に固まってしまったようで
そこに入られた限られたフライマンだけは爆釣劇の主人公になれたようですが‥‥‥

それ以外の大半のフライマンは
ライズのない流れに佇んで、その様子を指をくわえて見ているのが関の山だったようです



それを横目に常連の我々は
もう少し上流側でライズを期待してマッタリモード

しばらくすると
水面下の魚影が俄かに活気づいてきて
待望のライズが始まりました
c0095801_19094937.jpg
とはいうものの
ライズは当初の期待を大きく下回って
先着2名様限り
って感じ


そこは勝手知ったる仲間同士
互いに譲り合って順番に釣っていきます

手慣れの菊ちゃんは
あっという間にライズを掛けちゃうもんだから、実質竿を振ってる時間の短いこと
もっとも
とっとと掛けないと後ろで
ヤジ飛ばしちゃう
からね(ぷっ)

この魚は速攻バラしちゃったものの‥‥
c0095801_19100713.jpg
次のチャンスに掛けたコッチの魚は
c0095801_22164226.jpg
おいおい!
いきなり尺上、32cm。

こんな魚がライズしていたなんて判ってたら
絶対に譲らなかったゼィ

仲間内だから贔屓したくないので
とりあえず
お疲れさん




僕も幾つかライズを回してもらい

c0095801_18552353.jpg
台風カレーさんから勝手に画像を拝借

c0095801_19110123.jpg
c0095801_19110671.jpg
サイズは小さいながらも
祝解禁

最初はヤマメかと思ったけど
多分これはオスのサクラマスかもね





最初に釣れた個体からは
トビケラ・ガガンボのラーバ主体
まるでルースニングで釣れた魚のストマックみたい

ニンフは消化過程って感じだから
数匹のガガンボ・イマージャー辺りが直近の捕食対象なのでしょう

c0095801_19112011.jpg
こっちは7割方がガガンボ・イマージャー
昔からよく見るパターン
場所も近いし、時間も空けて釣ってはいないので個体差?なのでしょう

全部が全部
全く一様に同じものを食って(ライズ)してる訳ではないんですけど

これも成魚放流間もない魚だからであって
ある程度季節が進行すれば
一筋縄ではイカないのが渡良瀬の常
c0095801_19105119.jpg
ガガンボイマージャーを追ってる時のヤマメは
激しいリアクションに、かなり強く反応するものです

ドリフト後半やピックアップの時に追い食いでフッキングしてしまうような時には
コレらの捕食を疑っても良いかもしれませんね
c0095801_19113050.jpg
立て続けに釣られた痕跡のある個体も多く見受けられるあたり
ヤマメとは随分と勝手が違うようですが

流下物に過敏に反応し
ライズを頻発してくれるサクラマスの存在は
今後の渡良瀬川桐生地区を担う一つの可能性

かつての敷居
を下げる意味合いで、その存在価値は計り知れません

そして、そんな中にあっても
僕らの本命は
やっぱりヤマメ(居着き、戻り)であることに
今も昔も変わりありません



渡良瀬川桐生地区2年生
そして今回、フライフィッシングデビューの店長さん
🎶祝解禁🎶

c0095801_19112765.jpg
のっけから難易度高めのセクションで、少々心配でしたけど

お見事です!





by sureyamo | 2016-03-21 21:26 | River fishing | Comments(0)


<< 白昼の宴      Heaven and Hell >>