2016年 03月 22日

白昼の宴

昨日の強風とは打って変わって、なんて穏やかなのでしょう
c0095801_21335270.jpg
ライズがダラダラ継続される『春の花曇り』こそ、理想のマッチ・ザ・ハッチ日和と言えるけど

快晴時の短時間集中ライズっていうのもゲーム性が高くて面白いものです


お昼近くに現場付近を通過したのですが
昨日、爆釣だった上流区間にほど近い駐車場は
平日にも関わらず釣り人と思しき車?がたくさん駐車していました


今回は地元のKさんから頂いた貴重な情報(爆)を頼りに
向かう先は一般区

幾つかのポイントをハシゴして、辿り着いた先でライズを発見

どうやら、始まったのはついさっきって感じです




二本の筋に挟まれた緩流帯を中心に複数のライズ

今日は単独なので

容赦なくヤラセていただきます

さてどれから手をつけようか(笑)




まずはご様子伺いのCDCガガンボを結んで流してみますが
意外や意外、ポッカリ浮いているのが悪いのか?

無視

あれれ?
それじゃぁユスリカかな

♯24のミッジピューパに変えたところ、まずは一匹。

ただ、どうにも釈然としない


最初に結んだガガンボより2サイズほどサイズを落としたフタバコカゲロウのパターンを結び
コイツをベタで浮かせたり水面直下に漂わせたりの正味一時間

c0095801_21352254.jpg
ライズしていた、この尺サクラマスを筆頭に
計ライズ11個は全部取れちゃいました




後から来たルアーマンのおじさん曰く
なんでも先日の放流の際、この場所にはバケツ1杯くらいしか入れてない(放流)らしいく
釣れている魚のコンディションに絶句していました

上に放した奴が
落ちてきちゃったんでしょうね

c0095801_21335704.jpg
ストマックは5匹分(笑)
正解はガガンボやフタバのイマージャーということなんですね

ポッカリ系のフライが無視されるワケです

放流間もない成魚は流れの中では
フライをうまく咥えられないような事もあるように感じていたのですが

‥‥なかなかどうして‥‥

今回放流された魚たちは、そんなことを微塵も感じさせない見事な捕食スキルです
今後の成長(教育)がさらに楽しみですね

















by sureyamo | 2016-03-22 22:27 | River fishing | Comments(0)


<< 落とし穴      渡良瀬川開幕! >>