2016年 04月 16日

一期二会?

放流から1週間が過ぎ
c0095801_21285515.jpg
豊富なハッチに恵まれて
魚たちのライズも安定感を増してきた気がしますね

気がつけばエラブタマダラカゲロウも出現していました

本来ならこの虫の絡む羽化は大の苦手なんですが
いまこの流れを席巻している大半の銀毛ヤマメ達なら、以前みたく悩まされることもないでしょうね




今日は所用で川に立てたのは午後を少し回った頃

すでに入るポイントなどないだろう、との予想通り、覗いた先の橋の下には既に4人のフライマンの姿

しかし

左岸の二名は知り合いでした(笑)

彼らの射程圏内でライズも始まり‥‥

最初は余裕で遠巻きに見ていたのですが、ウズウズしてきちゃいました。
c0095801_21332788.jpg
c0095801_21331563.jpg
c0095801_21323591.jpg
中途半端な時間の割には羽化があったようで
ライズ自体は不定期ながらも、一度始まるとポコポコ続きます

ちょうど右岸が空いたので、そこに入らせていただき

たまたま流芯で始まったライズにCDCダンを流し込むと‥‥
c0095801_21343598.jpg
フライを綺麗に攫ってくれました


ストマックは
c0095801_21482823.jpg
バラバラ(笑)
ちなみに画像上のフライは僕のフライではなくて、魚の口腔に刺さっていた

誰かさんのCDCダンです
(今回はキチンとバーブレスフックでした)

一応これもストマックになるのかな(笑)

魚の口腔内には、他にも何箇所かフックが刺さった形跡が見受けられました。




その後

ヒラキで起こったライズも取ったのですが、先日仲間が釣った魚と似たようなサイズ

寄せながらじっくり観察して

あれれ、この魚には見覚えが‥‥

なんて思ったら

バレちゃいました


えぇ間違いなく、あの36cmでございました(笑)
もう少し成長させてから…と思っていたんですけど
今回お手付きしちゃいましたね。σ(^_^;)


今年のお魚は、なかなか良い仕事してくれてます


by sureyamo | 2016-04-16 22:03 | River fishing | Comments(0)


<< 最強クラス      帰ってきたフライマン >>