2016年 04月 21日

最強クラス

今までいろんなライズを釣ってきましたが

僕の知る限り‥‥
c0095801_17323564.jpg
ここヴィラ裏のライズは(今日現在で)手強さ最強クラスです


9時半くらいから正味三時間弱

終始浮きっぱなし、ライズしっぱなし
だけどこれが本当‥‥取れない



ポイントがポイントだけに連日攻め続けられているであろうことは容易に想像つくのですが
こんなヤマメの所作を見せつけられてしまうと

ヤマメって凄いな

と素直に感心してしまいます

c0095801_17340347.jpg
迂闊に水辺に近づくことも憚ります

ここまで気を遣ったところで、実際には『屁のツッパリ』にもならないと思うんですけど(笑)


羽化そのものは活発で
水辺には羽化がひと段落したラーカシアトビケラやミドリカワゲラのアダルトが蠢いていますし
周期的にハッチも起きます

その時にはライズも増えたりするんですが
フライへの反応はすこぶる悪いです

ティペットは0.2号までしか準備していなかったので、それも太刀打ちできない理由の一つかも知れません
話には聞いていたもののココまでとは想定外






最強ではなく最強クラスと記したのは
c0095801_17343575.jpg
時間内で5匹は釣れたから‥‥‥

つまり最強ではなかったということです


最強の場合は
釣ることができません(笑)

c0095801_17370450.jpg
こんなカワイイ顔してるけど‥‥
とんでもない連中(笑)

お約束なので、一応ストマックは取ってみましたが
おおよそ予想どおりの内容物

カスミのようなモノばかり

経験された方は、このストマックを見ただけで
察していただけるモノかと‥‥

c0095801_17341328.jpg
結構エグい?フライ使ってるでしょ

コレでも出会い頭の交通事故。1回しか通用しませんでした
c0095801_18221796.jpg
シャックとかピューパとかに目が行きがちで
恐らくは、そんなパターンで

最初は釣られちゃってる


‥‥んだと思います


『水面直下のぶら下がりパターン』なんて、真っ先にスルーというか最初から見向きもしません

ここら辺のフライが【決め手】なフライマンは、軽く目眩を感じるσ(^_^;)事でありましょう。

♯22でしたが、オーストリッチだけで巻いたフェザントテール風ニンフにフロータントを浸透させ
水面膜にギリギリ張り付かせて魚の鼻先に流し込むサイトフィッシング

そういう釣りでも、ようやく1匹って感じだし‥‥
それ以降は、もう効かず



結局一番反応が良かったのは実は
c0095801_17340802.jpg
こんなハックルパターンでした
(みんな使わないから?)

こういう状況では『アタリフライ』というのは
もはや存在しないのかも知れませんね





そして‥‥またここでも
c0095801_17343030.jpg
魚の口腔から出てきたフックはバーブ付き

この区間のヤマメは持ち帰れないんだから
バーブ付ける意味がわかりません


何度も言いますけど

バーブが付いていることなんて誰もわからないだろう

なんて思ってるかも知れませんが

バーブレスフックはランディングネットにインした段階で
そのほとんどが自然に外れちゃうことが多いんです
(飲まれちゃうとバーブレスでも外しにくいことは稀にあります。飲まれたら潔く切りましょうね)


バーブドフックは針を外すのに多少なりとも手間取るから、結構周りは気付いちゃうもんなんです
このフック外すのも結構大変でしたから、もしかして僕も疑われちゃったかな?
σ(^_^;)




僕のブログはバーブレスフックを啓蒙しているわけではありません

あくまでレギュレーション違反を指摘しているだけ

『カエシ』の有無は個人の自由ですからね

ただ僕の場合、たまたま足繁く通うフィールドの大半がC&R区間であったり、リリース前提の釣り場なので
バーブレスフックは常識になっています
ただし、個人的には事故防止のためにバーブレスフックは勧めています

どんなに上手な方でも人間である以上はミスはしますし、釣りに夢中になるあまり、自分はもちろんのこと
他人様を釣ってしまう事故を100%なくすことは難しいでしょうね

であるならば
その事故を最小限のダメージに止めるためには
やはりバーブレスフックは必要不可欠と考えます








by sureyamo | 2016-04-21 18:46 | River fishing | Comments(0)


<< 久々に‥‥      一期二会? >>