2016年 07月 26日

試練の中ノ沢

久々の釣行は見事な天候に恵まれたものの

やはりこの季節は、ひと雨ふた雨欲しいところ
c0095801_15124196.jpg
上野村の中ノ沢特設釣り場に釣りで入るのは、実は今回が(なんと未だ)二回目!

今回予約したC〜D区間に入るのも初めて



もちろん、特設区ということですから魚影に関しては申し分ないはずなのですけど

ご承知の通りの渇水と

それに追い打ちをかけるフィッシングプレッシャーは想像以上
c0095801_15115327.jpg
深山幽谷‥‥とまでは行かないまでも

苔むした岩肌や朽ちかけた巨倒木等々



それなりの雰囲気の漂う渓相には、おおよそ似つかわしくない肝っ玉の座ったヤマメたちを想像していたのですが

岩場の影からヒョイっと水面に顔を覗かせれば、あれだけ無防備に‥‥

それこそ、ついさっきまで

背ビレが水面から出ちゃうような勢いで浮いていたハズの魚影は

いつの間に消え去っています



でもまぁ、よくよく落ち着いて考えれば

本来の渓流釣りでは

基本中の基本

当たり前の事象なんですけどね
c0095801_15115901.jpg
大半の魚は『流れの中』というより

大場所の深場だったり、岩盤のエグレの中に相当数ストックされているようです




倒木や切り立った岩、流れを遮る障害物も多いのだけど

中ノ沢は天井が開けた場所が意外に多くて

フライをバックキャストで引っかけちゃうような場所はそう多くありません





こういう場所こそ、ラインをあまり長く出さずに空中に保持できる

長めのロッドが有利になります



逆に自称ドエスな方は

超ショートロッドがお勧め(爆)

c0095801_15114629.jpg
まだ梅雨が明けていないくせに

晴れの日は盛夏を思わせる日差し

捕食物は陸生昆虫がメインだろうとタカを括ってきたのだけれど

もう終わったかな的な水生昆虫の羽化がパラパラと見られ

プールの開きでは、しきりに流下するユスリカを定期的にライズするヤマメまで見られます


プレッシャーに抑圧された魚たちも、そんな時にはソワソワし出します
c0095801_16293611.jpg
同行のテンチョーさんも、今回の釣行の目標である

岩魚を無事にGET!!



この後、この堰堤の奥に投げ入れた僕のビックカディスに

これまた特大サイズのヤマメが食らいついてきて


僕は痛恨のラインぶれいく〜💔


う〜む、多分
直前の『蜘蛛の巣アタック』が仇になったのでしょう

c0095801_15114964.jpg
気がつけば目の前は

A区間の行き止まり砂防堰堤



釣り全体を見ると

お世辞抜きキツイものがありますね

少し雨でも降らない限り、この状況は暫く続くんじゃないかと思います

(この記事を書いている今日(雨)あたり入られた方はウハウハなんじゃないでしょうか?)
c0095801_15115677.jpg
そうこうするうちに梅雨も明けそうですが

今年の夏も、なんだか短そうな気がします


by sureyamo | 2016-07-26 20:59 | River fishing | Comments(2)
Commented by 埼玉のSO at 2016-07-26 21:31 x
久しぶりのFF記事ですね。
上野村(中ノ沢)。。渇水ですかー。
魚は居るのでしょうけど。
行ってみたいなー。でも魚かなりシビアな感じでしたか?。
Commented by inax at 2016-07-30 21:53 x
埼玉のSOさん

こんばんは
書き込みありがとうございます。

本当、久しぶりでした(笑)
噂以上にシビアでしたが、とても勉強にはなりました。
一匹の価値は充分すぎるほどありますので、意を決して(笑)チャンレンジされてみては如何でしょう。


<< 久しぶりの取材      御荷鉾スーパー林道 >>