Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 26日

タックルエリクサー

c0095801_15514089.jpg
INX.labelさんというルアーメーカさんから
洗浄とコーティングが同時行えるメンテナンススプレーが発売されました

僕のハンドルネームと似ていますけど
全く関係はございません(ぷっ)



タックルエリクサー



そもそも僕自身、タックルのメンテナンスなんて

殆ど全く
と言って良いほどしない釣り人でごさいますから
この手のメンテナンススプレーには誰よりも縁のない人なんですけど‥‥


広島の釣り仲間からのご紹介をいただきまして、モニタリングを仰せつかり
覚束ない手つき(笑)で試してみることにしました

先に申しました通り、タックルなんて買ったら最後
退役するまでメンテナンスなんてほとんど致しませんから

ある意味、素材には恵まれております

例えばこのアイズ3なんて
新品購入してから7年間の現役中

一度たりとて拭いたことさえございません
c0095801_17263231.jpg
積年の手垢と渓魚の粘膜が染み込んだ
カオスなコルクグリップ



まずは手始めはコチラから
c0095801_17410738.jpg
もちろん普通に綺麗になります

ただこれは‥‥何もタックルエリクサーを使うまでもなく
中性洗剤だけで充分に綺麗になってしまいますよね

ちょっと素材としては悪かったかな



この商品の売りは

電解水とケイ素の化合物により
素材を傷めることなく汚れを浮かせ
ガラス質被膜を形成することで塗装面や金属面を守り
なおかつ、平滑性を高める!

という、まさに一石三丁

僕のような
ずぼらー

には打って付けなワケです

(ただし、ワックスインシャンプーとか、リンスインシャンプーの類は使いませんけど)


塗り重ねることで表面の小傷程度なら埋めてしまう‥‥らしいので
現役のダブルハンドに試してみることにしました

湖のロッドって、複数本持っていくことが多いので
割と置き傷が絶えなかったりしますからね
c0095801_17263638.jpg
迂闊にも使用前の写真を撮り忘れました(ぷっ)


写真は判りにくいのですが、細かな傷でしたら
ほとんど目立たなくなってしまいます

c0095801_17264400.jpg
回転が渋く、ロクに締めこまないで釣りをした挙句
何度かリールごと脱落させたことのあるリールシートも

溶液をたっぷり染み込ませ、水分をふき取ると
まるで油を注した時のようにスムーズに動くようになります
(ただしこの後、きちんと油は差した方が良いようです)

ここら辺が『普通の水拭き』とは違うところ

c0095801_17264871.jpg
さすがにこのくらいの傷は何度も施工しないと
簡単には綺麗にならないようですが

一度塗りでも表面だけはツルツル
c0095801_17264235.jpg
機関部自体、露出するとことではないので
綺麗に拭いてあげれば新品時と全く変わりません

ある意味

拭き甲斐なし(ぷっ)

c0095801_17264717.jpg
結構活躍してくれている1156も、この際なので綺麗にしてあげました



調子に乗ってバイスまで‥‥
c0095801_17265001.jpg
ツルンツルンになりますね

溶剤自体は、少しだけ『お酢』のような酸っぱい香りがします

これがケミカル臭ですと素材への攻撃性あたりを心配してしまうのですが
そういった類ではないと言うことは、薄々感じられますし、説明書きにも書いてあります


撥水効果や防錆効果もあるようなので、用途はたくさんありそうです


ただ

慣れないメンテナンス(清掃)作業で
少し疲れちゃいました(笑)

新しい効能が見つかったら、またご紹介致します。








by sureyamo | 2016-08-26 22:20 | item | Comments(2)
Commented by fukumoto at 2016-08-27 16:39 x
ご紹介いただき、ありがとうございます。
タチウオテンヤのフックに付けたら刺さりが良くなったという話もテスターの方から聞いたので、フライフックでも行けそうです。他にタイイングツールの清掃や回転部分の平滑化にも。今はフライのウィング処理(撥水性・形態保持)を色々と試しています。新しいマテリアルでフライフィッシングの可能性が広がると良いですね。
Commented by inax at 2016-08-27 17:01 x
fukumotoさん

書き込みありがとうございます

この度はお世話さまになりました。
実はコレ、ナノスムース的な効果を期待できるんじゃないかと密かに思っていたのですが、実践しておられる方もいらっしゃるようですね。
効果の方は感覚的な部分が大半を占めると思うので、感じる度合いに個人差が出てくると思いますけど‥‥僕個人としては、付けないより付けるに越したことはないでしょうね。
モチロン、次回の釣りからはメニューに盛り込みますね。

楽しみが増えました。
ありがとうございます。


<< バーブレスフック      ガードの取付け >>