2017年 03月 03日

2017群馬解禁

ついに待ちに待った解禁日

夜も明けきらないうちにヴィラ裏に到着したのですが‥‥
なんとなく物々しい雰囲気
ほどなくして現場が騒然とし始めました

山々にこだまするサイレンの音
続々と集結する赤色灯

隣接の家屋が、なんと火事!

後で聞いた話によると、原因は薪ストーブの消し忘れ
家人も釣り師とのことで、解禁で慌てていたのかも知れませんが


我が家に薪ストーブはありませんけど(^◇^;)
他人事ではありませんよね
c0095801_18185525.jpg
そんな慌しい中で迎えた午前6時!

解禁日といっても、そこは平日
そんなにビックリするような人出ではありません

以前なら解禁日となれば、平日だろうがなんだろうが
釣り人は殺到していたものですが‥‥


記念すべき最初の一匹は、あっけなく


c0095801_18190396.jpg
どうやら、運よく一番魚が溜まっている場所に入ったらしくて‥‥

10匹までは頑張って(笑)カウントしたけど
そのあとは面倒くさくなって‥‥



今年は、昨年の出水で
川自体は全体的に浅くなってしまいました

人工的に掘られた川床の
それなりの水深のポイントにだけ、魚が集中的に溜まってしまっていますから

中途半端なポイントに入ってしまうと

『あれれ?』


なってしまいそうですから、要注意です



この展開では、当然ニンフが一番効くわけですけど
時間の経過とともに暖かくなってくると、クロカワゲラの飛翔が目立ってきます

流れのいたるところでライズが見られるようになれば
俄然、ドライでの反応が良くなってきます


着水した瞬間、フリッピングでフライにアクションを加えてやると
中層に定位していた3〜4匹のヤマメが、フライに向かって我先に浮上!

ワンキャスト❤️スリーフィッシュ
(掛かるのは一匹だけですけどね)
c0095801_18190812.jpg
尺クラスのヤマメも目視できますが
魚のアベレージ的には、昨年ほどではありません


川自体がこんな体なので
漁協さんも様子見という感じなのか

初回の放流量は抑えているようです
c0095801_18191094.jpg
そこそこ体高もあって、栄養状態は◎
(放流魚なので当然といえば当然)


でもね

C&R区間の一番の主役は

コッチ


c0095801_18205441.jpg
再生産の天然ヤマメです


こういう個体は、すでに流れの中で
流下する昆虫をシッカリ捕食しています

彼らが今後、無事に成長してくれることを
願ってやみません





by sureyamo | 2017-03-03 12:58 | River fishing | Comments(2)
Commented by ken at 2017-03-03 19:42 x
こんばんは。ken@フライマンの詩です。
解禁日、車を見かけましたので挨拶を・と思いましたが
昨年と勝手が違い、尺ヤマメ探しに夢中になり右往左往してました(^-^;。
Commented by inax at 2017-03-07 12:42 x
kenさん

こんにちは!

書き込みありがとうございます。

魚影を求めて、多くのフライマンが河原を彷徨っていたようですが
kenさんも、そのお一人だったようですね。
今年の神流川はどんな展開になるのでしょうね?




<< 既に‥‥      解禁目前 >>