Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 25日

ドライバッグ

c0095801_16305811.jpg
今時、防水バッグは珍しくはありませんが

FGF ドライバッグ

後発の商品になりますけど
フルックス・FGFブランドの最新作です


この手のドライバッグの必要性は、特に湖の釣りなどをしている方には十分感じていると思います
僕も、7〜8年前までの湖の釣りでは
普通にスポーツバッグを流用していたのですが

不意の雨に、いちいち湖畔まで戻らなければならなかったり
それを怠ったが故に、貴重なカメラをずぶ濡れにしてしまったこともありました

数年前からSTの防水バッグを愛用しているのですが
ロールトップ方式の開口部は、頻繁な荷物の出し入れには不向きですし
構造上、懐も深くなってしまうので、奥まで腕を突っ込まなければならなかったりしますから
ちょっとした小物の収納には不向きです

そういうこともあり、しっかりした防水ファスナーのついた
底の浅いバッグが欲しかったのですが

この商品が出るのを知っていたので、我慢して凌いできたのです






実物を手にして感じたのは、まず

軽さ


防水バッグに使われることの多い生地は、概ね厚手であり重さは必然でしたから

この軽さは意外でした

c0095801_16312568.jpg
使用されているファスナーは『TIZIP』という
あまり聞きなれない防水ファスナーですが

実はドイツ製で、かなり信頼のおけるメーカーのようです

僕などは
こんな付属グリスがつくだけで、メーカーの防水意識の高さを鑑みてしまいます
(道具にも『完璧』なんてありません)

c0095801_16311375.jpg
防水ファスナーというと、少し硬いイメージですが
これが意外に柔らかくて、開閉時の滑りも(防水ファスナーにしては)かなりスムーズ

こういうところは、最もコストがかさむ部分なのでしょうが
逆を言えば、ココをケチればボロ儲け?!(‥‥とまではいかないでしょうけどね)(笑)


予備のリール×6、フライボックス、簡易コンロ&ペットボトル(カップラーメン)、もしくはカメラを収納し
ストレスなく、常時持ち歩くことのできるサイズとしては、最小サイズといったところでしょうか


次の釣行には活躍してくれそうです




定価¥23,000(税別)サイズ 横40センチX高さ21センチX厚み16センチ

容量8.5リットル

カラー  グレー ブラック(ベルト赤)  グレー ライムグリーン(ベルト黒)





c0095801_13153978.jpg
先日、フライロッダーズが発刊になりました

前回、当ブログにおいて、写真の再現性や色使い等に関して、割と辛口(ぷっ)な記事を書いてしまいましたが
今回の各ページ写真のクォリティー‥‥‥‥

いいですね!


この調子で、今後も頑張ってもらえたら良いと思いますね


by sureyamo | 2017-07-25 17:29 | item | Comments(0)


<< 新提案!日釣鑑札      栗原林道 >>