2007年 01月 24日

早春の千曲川を想って

c0095801_1432532.jpg

2月16日。
近隣では長野県がもっとも早い解禁を迎えます。
解禁直後というと、どうしたって優位的な釣りに見られがちになのですが…フライフィッシングでも水生昆虫達の羽化に期待する「ライズの釣り」を望んでいるのなら“時期早々”もいいトコです。

 ハッチの見込める水温に到達する迄、水温計と睨めっこ。
ようやく始ったハッチにしても、よっぽど条件が揃わない限り1時間以内で終ってしまうモノが殆どでしょう。もしかして…何も起こらない事だってあるかも知れません。
 そして、プールでライズ待ちなんて…何かしていないと凌げないくらい、寒さとの戦い。

 そんな思いをしながらも…毎年この時期この川に立っては、可能性としてホンの数%にも満たないであろう「何か凄い事」を期待して、通ってしまうのです。


 解禁直後の千曲川本流。
数あるポイントの中でも、必ず真っ先にチェックするのは“抜井川合流のプール”。
過去、凄く良い思いをしたワケでも無いのですが、千曲界隈において、私的に一番大きな魚を掛けているのがこの場所です。
12ftリーダーのバット同士を、そのまま強引に繋いで作ったDTリーダー(もちろん冗談で…)その名も「全長27フィートがターンオーバーしてしまうリーダー&ティペットシステム」のテストの最中、たまたま結んでいたドライフライに出てしまった…アイツ。
 未だに悔やまれるのですが…まぁ、そんな釣れなかった魚の話はどーでもいーです。
c0095801_1445717.jpg

 もうひとつ、2月の千曲川の意外な一面として…早朝ライズ(イブニングも)が期待できた事も忘れてはなりません。成魚放流で魚影が賄われている場所では往々にしてあるようですが…それを狙って「夜討朝駆け的釣行」を重ねていた時期もございました。
仲間からは「ど〜してこんな時期に、そんなに朝早く出かけるんだ。餌釣りでもあるまいし…」などと言われたモノです。でも…ライズがあるんだから仕方がありません。

 思い出すと、まだまだ沢山あるのですが…最後に「良かったぁ〜!」と思える釣行から、既に8年あまり。
毎年良いライズにも巡り合えず、そして…釣れなくもなりました。

 軽やかに晴れたポカポカ陽気。ここ数年、風も少ない絶好の“ライズ日和”に恵まれているのですが…どうやら、それが裏目のようなのです。
後日の悪天気で、ライズがボコボコだったと…(-.-;)毎年毎年、そんな話ばっかり聞かされて、少々腰が重くなりかけています。

自分と千曲との歯車は、どうやらここ数年微妙に噛み合っていないようですね。

 そんな事を思いながら…今夜からフライを巻き溜めようと思います。
とりあえずは…ニンフからでしょうか。(カナ〜リ弱気)

c0095801_1455685.jpg



ブログランキングに参加しております。
↓一日一回、ポチポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 釣りブログへ人気blogランキングへ

by sureyamo | 2007-01-24 14:04 | River fishing | Comments(12)
Commented by 如月こすみ at 2007-01-24 14:24 x
個人的には、抜井ポイント・・・・

犬のンコが気になって仕方ありませんでした。

リーダーか凍って数珠状になる川上に小生は逝きたいですw

もはやフライとは違う釣りが展開されるので(マゾか・・・
Commented by お菓子妖怪 at 2007-01-24 15:14 x
いつもお世話になっております。この山女魚、尼子?はいったい・・・ちょっとちょっと!鉄ナベの時にいろいろ教えて下さいね。当日そのまま千曲に直行かな?では当日楽しみにしております。
Commented by ゴリ at 2007-01-24 16:16 x
↑↑こすみさん!お疲れ様でした。
この度は、お世話になりました。
シーズンインしたら、一度ゆっくり一緒に釣りしましょ!

昨年は、↑お菓子妖怪さんの解禁直前情報も聞いた上で行ったんですよねぇ〜!
でも、雪山をバックに立ちすくんぢゃったんですよね!
私なんかは、その後のリベンジで、ハヤに混じって数少ない本物ライズを潰しちまうし…。

今年はどうなる事やら…。
Commented by shaker at 2007-01-24 16:28 x
ここ数年の千曲川本流はホントに静かですね〜(-_-;)
inaxさんも言ってますが8年くらい前までの千曲川本流はホント楽しかったのに....
仕事を1時からにして毎日通ったっけ(^^;)
今年もあまり期待出来そうにない感じです....

Commented by inax at 2007-01-24 16:41 x
●こすみさん

そうそう!
アソコは地雷の宝庫なんですよね。
この時期の川上に向う方は、筋金入りの“M男”です。
小指が凍傷になった方一名と、アルミ地剥き出しのフライボックスが手に張り付いた方一名、それと…リールが凍って動かなくなった方を知っております。
Commented by inax at 2007-01-24 16:47 x
●お菓子妖怪さん

このアマゴは、ここで釣った最後の魚体です。
今から、かれこれ三年前←(プ)
誰がイジめたのか知りませんが…結構難しかったと記憶しております。
釣れなかった話のネタなら尽きませんよ。
鉄鍋会でお待ちしておりま〜す♪
Commented by inax at 2007-01-24 16:50 x
●ゴリさん

あの時はご苦労様でした。
そして、あのライズ…潰してくれてありがとう。(笑)
今年は大丈夫でしょうね?(爆)
Commented by inax at 2007-01-24 16:57 x
●shakerさん

あんまり昔話はしたくないんですけど…凄かった。
参考になる事例が豊富にあって、とても勉強になりました。
ここの川の体験から生まれたミッジフライは、1本や2本ではありませんでしたから…。

Commented by アザラシ at 2007-01-24 20:07 x
あれから早くも一年経つのですね…15分で終わったライズ忘れません!昨年は何かと用意周到で迎え解禁日でしたが今年は出合い頭の年になりそうです(Θ_Θ)
Commented by tago! at 2007-01-24 20:36 x
自分も解禁直後の堰堤に、ウェーディングシューズの底が凍りついて
動けず、釣りあがってきた餌師さんに助けてもらった事があります・・・
Commented by inax at 2007-01-24 21:10 x
●アザラシくん

あれも悲惨な一日でしたね。待っていた時間を考えると…あの15分間は何だったのでしょう。
今年は準備なしで望む…という事?
Commented by inax at 2007-01-24 21:12 x
●tagoちゃん
tagoちゃんらしい、と言えば…らしいですね。(笑)
今年はどんな伝説を作ってくれるのでしょうか?
今から楽しみにしております。(笑)


<< white & natural      新春鉄鍋会のおしらせ >>