2007年 03月 30日

Hard Bite Boot Studs

c0095801_14141766.jpg

 スリッピーな本流でのウェーディングに、スパイクソールはとても重宝します。
ちょっと前までスパイクと言ったら、単なる「金属の突起物」があれば良い…程度だった訳なのですが、ここ数年で採用されているピン自体の性能が急激に良くなって来ています。
c0095801_1415231.jpg

 昨シーズンに新調した「L2」のスパイクソールに使われている“ソレ“などは良い例です。
トップの画像をみる限りは、頼りないイメージなんですけれど…今まで使ってきたどのスパイクよりも、しっかり川底を噛んでくれるのです。

※ただこのL2は、靴のサイズが微妙に合わずに殆ど履く事はありませんでした。これ以上履き続ける事は外反母趾をいたずらに進行させるだけなので、当然の事ながら「お蔵入り」。
こんな現状(画像を参照)で宜しければ、INAX特価でお譲り致しますので御一報下さい。
つま先が少々擦れておりますが、まだまだ綺麗な方だと思います。
サイズは#9。
c0095801_14152495.jpg

 先日、こんなモノを購入しました。
“simms hard bite boot studs”カーバイドペレット。
c0095801_14154228.jpg

スパイクの接地面は、こんな「キャビアを盛った」ような感じになっております。
コイツをさっそく、履き心地満点の「シムス・キーン」に捻込んでしまおうと思っているのです。
濡れたナメ石では、とことんエッジが利かないこのシューズ。後付けのペレットでどれだけ生まれ変わるのか…ちょっと興味津々です。

 スパイクソールを履く上で、唯一注意しなければならないのが「傾斜のある真新しい護岸」です。
スパイクにより接地面積が極端に少なくなっているので、どんなに踏ん張っても滑りますから、履き慣れていない方などは特にご注意あそばせ。

by sureyamo | 2007-03-30 14:25 | item | Comments(8)
Commented by tokyo_terry at 2007-03-30 23:06
inaxさん、こんばんわ!!
キーンにねじ込めば、フェルト、ラバー、スパイクの三拍子。
一体どんな感じの履き心地になるんでしょうね。
つま先とカカトにピンの入ったシューズしか履いたコトしかないので、とても気になります。
Commented by inax at 2007-03-30 23:30 x
●terryさん
こんばんわ!
先ほど、スパイク装着作業完了です。もう指がヒリヒリしてます。(笑)
今の段階の感想は、ちょっと微妙ですね。
多分、フェルトが殆ど機能しないかも知れません(笑)テスト履きがちょっと怖いです(-.-;)
Commented by 練馬の住人 at 2007-03-31 21:00 x
毎度でございます!
写真を見て、遥か昔愛用していました冬タイヤを思い出してしまいました。今のスタッドレスと比べると雲泥の差に感じましたが、ウエーディングシューズもそうなのでしょうね。
Commented by 山猿 at 2007-03-31 22:39 x
inaxさん、みゃ~~ど!!

スパイクシューズ、「良いよ~」と人から聞いて何か良いものは無いものかとホームセンターを物色したことがありましたが、シムスから出てたわけね。 でも、これってどのように取り付けるのですか? 教えて~~~
Commented by inax at 2007-03-31 22:48 x
●練住さん
毎度です。
冬タイヤと言えば、スノータイヤ&チップピンですね。
ゴムがいくら進化しても、アイスバーンだけはピンにはかないませんね。
スタッドレスタイヤって、なんだか未だに信用できなくて…今年は買わなくて正解でした(-.-;)
Commented by inax at 2007-03-31 22:57 x
●山猿さん
こんばんみゃ!
フェルトにネジ込むだけなので、いたって簡単ですよ。
ただ、何処に打つかは結構悩みます。
シムスのペレットは片側で10本(20本入り)打てますが、無闇に数打てば良い…というものでもありませんね。
Commented by 山猿 at 2007-04-01 18:41 x
えっ!! ねじ込むだけ、それで取れないの?
Commented by inax at 2007-04-01 22:40 x
●山猿さん

これ自体がネジなんですよ。全然取れません。
今日、早速現場で試してきましたが、ホント…滑りませんでした。
ただし、ネジが靴底を貫通しそうなので、ある程度フェルトに厚みのある靴に仕込んで下さいね。
キーンの場合、重量を軽くする為に靴底も薄いので…少々ヤバいような感じです。


<< 永遠のテーマ      SeaBass Panic v... >>