2007年 04月 02日

永遠のテーマ

c0095801_13181262.jpg

雨前の曇天。
今日の渡良瀬は、これ以上望むべくもない程絶好のライズ日和。
アチコチのポイントを巡り歩いて、いつもよりは少し遅めにココに到着した時には既にライズは始っていました。

張り付いている常連さんの話によると、ライズは散発で、それもウェーディングによる接近で「パタッ」と止んでしまうとの話。
のっけからキビシイ様相です。

 最初は単発で単独だったライズも、そろそろ11時になろうかという頃には、その数と頻度を増します。
本当に静かに…ライズのナナメ下流側面まで「間合い」を詰め、あと一歩位は行けそうかな…と、その手前でウェーディングは止めておきます。
 
 タイミング計って、たっぷり目のリーチを掛けた第1投。
上流に向けて鋭角なL字形に落としたリーダーを頂点に…そこからライズに向けて、一直線に下流に伸びたティぺットの先に、いつも見慣れたフローティングピューパの微かなアップライトウイングが水面を捉えています。
このまま普通に流れて行きさえすれば、今まさにライズしようとしているヤマメ達の視線には、ライトパターンを放ちながら流れ来るフライの姿が確実に捉えられているハズでしょう。





 フライが置かれた水面と、ラインが置かれた水面。
その「流速差の帳尻合わせ」は、この釣りにおいては“永遠のテーマ”と言っても良いのかも知れません。
 特に、底石の配置具合で川底から吹き上がってきた流れが水面を盛り上げる事によって生じた「ヨレ」と、二つの微妙に流速の違う流れが干渉した部分に発生する「ヨレ」は、とても厄介です。第一…未だ、こんな流れを克服する“術”を自分は知りません。

 着水したラインがこんなヨレに捕まったら最後…可能な限りのスラックも、ほとんど瞬時にそのアドバンテージを失ってしまうのです。
そして、次の瞬間から始まる「フライの暴走」を止めることは…もう不可能です。

 今回、やっと始まったヤマメ達がライズは…皮肉にも見事に、この厄介な「後者」に当て嵌まってしまったのです。
(そういうトコロでライズが起こりやすいのも、この川の特徴なんですが…)


 唯一の打開策。
それはもう…可能な限りライズに近づくしかない。
それは今現在の自分が行き着いた、唯一の答えなのです。
 
c0095801_13183887.jpg

ウェーダーのこんな痕跡は、まさにその証といえましょう。
けれど結局、怒濤のごとく繰り返されるライズを前に、彼らを反応させる事は出来たのは、たったの3回だけ…そして。
遂には、一度も自分のフライが魚達の顎を捉える事はなかったのです。
 僅かな流下量に、前後左右へと大きくレーンのブレる…確かにヤリ難いライズではありましたが、今回は完全な敗北です。
 
でも、必ずや仕留めて見せますよ。
当然この、タチの悪いヨレの中で…。

c0095801_13185582.jpg

 

by sureyamo | 2007-04-02 13:20 | River fishing | Comments(4)
Commented by 江戸のゴリ松 at 2007-04-02 15:00 x
inaちゃん

お疲れ様です(でした)。
本当に一番下の写真・・・この場所から見える風景・・・複雑な流れ、
昨年の忌まわしい記憶が蘇ります。

稲塾塾長の「釣れるまで上がらせない」の一言で、
地元常連さんにも暗黙?の了承の上、この場所に刺さって・・・
止まないライズに向かい延々キャストをしました。
ライズが止まっても、流れを読む(勉強?)の為、延々・・・と、

出来の悪い塾生は・・・今年度も桐生地区の稲塾に通う事になるのでしょうね・・・。
Commented by Rolly at 2007-04-02 20:11 x
流速差+底へ入ろうとする波と浮き上がってくる波・・・以前執拗に通ってた長良川のとあるポイントを思い出してしまいました。
こういうところって、リーダー&ティペットを長くすればするほどコントロール不能に陥りやすく、泣かされまくりますよね・・・・。

でも、最後のInaxさんのコメント。吉報を楽しみにお待ちしてますね♪
Commented by inax at 2007-04-02 22:31 x
●ゴリさん
昨日は随分と調子が良かったようですね。(ふん!)
それはともかくとして、まずはお疲れ様でした。
稲塾はそんなにスパルタではないと思うのですが…愛の鞭ならぬ、フライラインという事で…(-.-;)
Commented by inax at 2007-04-02 22:36 x
●Rollyさん
こんばんみゃ!
こういう流れは、リーダー&ティペットが短くても長くても駄目なんですよね。本当にタチが悪いったらありゃしません(-.-;)
だからこそ、克服のしがいもあるというモノですね。
日々(毎週末)修行あるのみ…です。


<< 何もなし      Hard Bite Boot... >>