Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 04月 14日

幸運の発泡スチロール

 
c0095801_1620078.jpg

例の、あのライズに再挑戦すべく
単身で甲州に乗り込んで参りました。

この釣行には、この界隈の釣り場事情に明るく、そして公私ともにお世話になっているSILKYWOODの細川氏が、マンツーマンで終日ガイドについてくれました。
何とも心強い味方です。

とにかく今回の一番の目的は、何と言っても例のライズのリベンジです。
状況に応じてポイントをはしごしながら、その移動の合間合間にリベンジプールに戻っては、逐一ライズをチェックする…というスケジュールを組んで下さいました。

前回の釣行とは比較にならないハイペース。
実際ちょっとハードなスケジュールを黙々と消化してゆくのであります。

ただ…そんな我々をよそに、目的のポイントは朝から沈黙を保ったまま。
c0095801_16204392.jpg

それでも要所要所で覗かせるヤマメ達の姿だけが、挫けそうになる気持ちを支えてくれるのです。


そして遂に来るべき時はやって来ました。

…が、何と言う事でしょう。
ライズは前回とほぼ同時間帯であるにも関わらず、今日のそれは四本垂れ下がった立派なツルが流れを二分するレーンの…
よりによって奥に向かう流れで起こっていたのです。

おまけに、ライズと自分を結ぶ直線上には水面直下で引っかかった流木が、定期的に流れの表に顔を出す始末。谷を駆け抜ける吹き下ろしの風も含め、全てがライズの味方についているとしか思えないアウェー状態。

こんな「ヤマメ城の本丸」に、一体どこまで迫る事ができるのでしょう?
ただでさえ一筋縄でいかないライズだというのに。

下流側のツルの唯一の切れ間に真横から、若干ひねり上げるようなターンでフライとティペットを滑り込ませるしか侵入ルートは見当たりません。
当然そんな「神がかり的プレゼンテーション」の成功率なんて、10回に1回くらいできるかどうか。

結果として低く垂れ下がったツルには、自分のフライ付きティペットの残骸がみるみる装飾する事となり…これがまた一段と、侵入ルートを狭める要因となってきます。

八報塞がりな状況で、フライのロストも二桁代に突入するのですが…

今日はこっちも引くわけには行きません。

弾が尽きても、手持ちのフライでもっとも近いプロポーションのパターンを、トリミングして帳尻を合わせます。

そんな自分に、神様もあきれ果てたのか…ここで一つの奇跡がおきました。
上流から流れてきた一箱の発泡スチロール。
それが、問題の最上部のツルの密集部に引っかかったのです。
(動画を見ると分かるのですが…前回も同じような状況でだったのですね。)

その箱が水面のヨレに変化を与えたのでしょう。ライズのレーンに変化が見られたのです。
何と…奥のライズが、新たに発生した手前のヨレをフィーディングレーンに切り替えてきたのです。
そして決着はあっけなく…。
 
c0095801_16213240.jpg

c0095801_1622386.jpg

少々小ぶりではございますが(笑)思わず細川氏とガッチリ握手!。
サイズなんて、この際どうでもイイっしょ。
※そしてその後、ツルの際についてライズしていたヤマメも、更にひとつ追加(利子分)です。

c0095801_16225415.jpg

目標を達成し…そして迎えたイブニング。
タコプーで各々のライズを楽しんで(新たな宿題?)今回のリベンジの旅は締めくくりとなりました。


今回の釣行に際しまして、全力でサポートして下さった細川さんをはじめ、陰ながら(…表ながら)応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

明日は心置きなく渡良瀬に行って参ります。
 

by sureyamo | 2007-04-14 16:24 | River fishing | Comments(8)
Commented by 江戸のゴリ松 at 2007-04-14 18:00 x
いゃ~今回は、上からの障害物に加え、定期的に水面から流に併せて出たり沈んだりする障害物まで現れて、キャスティングを阻まれたんですね・・・。
でも、その隙間で悠々とライズを繰り返すターゲット・・・その場に居ないと解らないと思いますが・・・憎らしいですよねぇ~!?
でも、何でそんな所に拘るの・・・と、思いますが、そこにヤマメが居るからですよねぇ~?
やっぱし、Mですね!プッ
Commented by 良竿 at 2007-04-14 19:23 x
inax様、お疲れ様でした。
いや~、気持ちが晴れ晴れとしているんです。何だか久々に・・・、とにかく気持ちが良いのです!!
私のフライ観が少し変わった気がします。こちらこそ、ありがとうございました。



Commented by INAX at 2007-04-15 17:38 x
●ゴリ松さん
いやぁ〜、ゴリさんの弩級Mに比べたら…自分なんて可愛いもんです(笑)それにしても、水面下の流木には苦戦させられましたよ。
あんなシチュエーションは渡良瀬ではありえませんので…(-.-;)。
ただ…フライが流しづらい筋につくのは、何処のヤマメでも一緒みたいですね。(笑) そこら辺、こちらは慣れっこです。
Commented by INAX at 2007-04-15 17:44 x
●良竿さん
本当にお世話になりっぱなしで…。
朝からイブまで、どっぷり川漬けだったのは、案外と久しぶりだったかも知れません。
心地よい疲労感に、帰りの運転が我ながら心配だったのですが、気分が高揚していたせいかノンストップで帰れました。
こちらこそ、気持ちよい釣りをありがとうございます。
Commented by Rolly at 2007-04-15 21:52 x
お疲れ様でした~!!!
実は、ゴリ松さんと電話でお話していて「今日、行かれてるんですよ~!」とお聞きしてから、影ながら幸運を祈ってました。幸運を運ぶ発泡スチロール、、、ってシチュエーションがあの川ならでわですね!
う~~~っボクももう一度山梨へ行かなくちゃ・・。

追伸:GWは予定が変更できず、スイマセンです。28日は釣りではご一緒できませんが、またの機会の楽しみに取っておかせていただき、晩御飯はご一緒できるのを楽しみにしてますね!
Commented by INAX at 2007-04-16 07:32 x
●Rollyさん
おはようございます。そして…ありがとうございます。
Rollyさんも、K川に忘れ物してきちゃったんでしたっけ?
発泡スチロールに助けられちゃうなんて…ちょっと微妙なのですが、結果オーライと言う事で(笑)

折角こちらにいらして頂くのに、ご案内できずに申し訳ありません。(-.-;)
その日迄に場所探しに奔走し、可能な限り情報を収集しておきます。ご健闘をお祈りいたします。状況は好転気味です。ご安心下ください。
Commented by まるき☆ at 2007-04-16 10:34 x
おめでとうございます!

流石です~

また今度、INAX様の釣を観せて下さい~(本気モードの時に)
Commented by INAX at 2007-04-16 10:49 x
●まるきさん

おはようございます。
そして…ありがとうございます。
釣りは、いつも本気モード(のつもり)なのですが…どうも最近、充電が切れてしまう事もシバシバございます。
やはり、バッテリーの交換時期なのでしょうか(笑)


<< 好転      スーパーライズ >>