Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 01日

ライズ巡り

c0095801_1312428.jpg

 風もない穏やかな朝を迎えています。
肝心のライズは見つけられぬままに、朝の陽に追い越されてしまいました。
 振り返ると、朝日の逆光の中でキラキラと舞い上がるユスリカ達の朝の飛翔が始まっています。
これ目当てに、無垢で無防備な空中捕食を繰り返すのは、気が早く…そして若いヤマメ達。
彼らにとっては、これも当然立派な“Breakfast”。
こんな光景が見られる日には、本命のライズが始まるのは時間の問題です。
 
c0095801_136244.jpg

 nakadiさんの描くループが、徐々に力強さを増してゆきます。
少々長目のティペットが綺麗にほどけてゆく先には…始まったばかりのライズ。
アウェイでありながらも、堂々としたプレゼンテーション。
恐るべし…山猿軍団の幹部です(笑)
もはや自分なんかが付いている必要性など全く感じません。
c0095801_134402.jpg

 この後、特にコレと行ったアドバイスなくして…なんと2匹のヤマメを仕留めてしまったのです。なんとも恐いお方。
ただし…これで、更なる激戦区である「足利地区」への送還が決定!!。(笑)

c0095801_1371962.jpg

 さぁ、どうだ!
そう言わんばかり…到着早々、のっけからライズの嵐。
気合い十分に望むnakadiさんです。
 とりあえず、自分の前でも一匹良いライズをしているヤマメが居りまして…タイミングを合わせてフライを流して見たのですが、一流し目に鼻先で笑われてしまいました。(今日も相変わらず手厳しい様で…)

c0095801_1384456.jpg

簡単なライズを求めて(笑)一人上流に向かいます。
途中の中洲で出会った川鵜です。
こいつ…本当にふざけた川鵜でして、全然逃げません。
コンパクトデジカメで、これだけ寄っているというのに…。
※もちろん、こちらを凄く意識はしているのです。チラッチラッと、こっちを振り向くその素振りだけは意外と可愛いのですね(笑)
憎っき?川鵜のはずなのに…(元々、川鵜に罪はないんですけどね。)


 河原の石の上に横になってウトウトとしていると…「グボッ」だの「ガバッ」だの…物騒な(笑)音で現実の世界に引き戻されました。正午を目前に、目と鼻の先でライズが始まり出したのです。
 膝下ほどの流れで、そんなに複雑なヨレもありません。
深い流れでライズしている魚に至っては、尺上は確実にありそうです。
 
c0095801_139114.jpg

 本流サイズにしては、少々小降りのヤマメなのかも知れません。
ただ…この1匹を釣り上げるのに、何十回というプレゼンテーションと十数本にも及ぶフライローテーションを強いられたのです。
いや…それだって、ひとつ間違えれば、この魚体を見ることさえ叶わなかったのかも知れません。
人との出会いと同じで、魚とのソレもきっと何かの「ご縁」なのでありましょうね。
c0095801_1314996.jpg


↑ちょっと伏し目がちですね。
釣られたぐらいで、何もそんなに落ち込まなくても…(笑) 

 それにしても、つくづく思うのですが…大なり小なり、ヤマメはこうした太陽の光の下が一番似合うと思うのです。条件に左右されやすい日中のライズを釣る事は、簡単な事ではないのですけれど…報われる瞬間です。
c0095801_1451848.jpg

 早速、nakadiさんをお呼びして挑戦して頂きましたが…残念ながらライズは終息傾向で…。

 この後、みんなで仲良くランチ後に…午後はK橋周辺に移動。
地元では有名人である“常さん親子”も乱入し、共にイブニングまで、楽しいひとときを過ごす事となりました。

 今回は一晩のお宿&当日のガイドに奔走して下さった、桐生の中島&奈緒美ちゃんをはじめ、お忙しいスケジュールの中、ギリギリまでお付き合い頂いたお菓子妖怪さん。
 毎度のゴリ松さんと、カップル初参加のMちゃん、そして…名古屋のnakadiさん。
本当にお疲れ様でした。また遊びにいらして下さいね。

 さて残りのGWは、渡良瀬川の何処かで「杭」になっている自分でございます。
精進の日々に終わりはありません。

by sureyamo | 2007-05-01 13:15 | River fishing | Comments(11)
Commented by Led.Zep at 2007-05-01 21:59 x
おっと!凄い所に迷い込んでしまいました~!
昨日は意外な場所でどーもでした(確か3回目ですか?)。

そちらも大分調教されてるみたいで、手厳しいですね。
軽井沢も一通り調教(!)されているみたいなので、何とか1本取りましたが、イブニングライズで空喰いして逃げていきます。
ちょっとパターンと流し方考えないと・・・(汗

今日は、弾を装填しておりますが、明日からまた杭になること間違いなしです。
Commented by inax at 2007-05-01 22:48 x
●Led君
こんばんわ!
意外な…というか、もしかしたら…と思ってて、その通りの展開でした(笑)その後、イブはどうだったのかなぁ?

コチラは杭になるまで、あと一日仕事しなくては…です。
GW中には、あと1本は欲しいところです。
Commented by Led.Zep at 2007-05-01 23:48 x
inaxさん今晩は
何故か行動読まれてしまいました(笑)

>その後、イブはどうだったのかなぁ?
イブの30分1本勝負は今回こちらの勝ちでしたが、↑×2の様な有様でございました。ストマックはシマトビの飽食です。

型はレギュラーサイズなのでもう少しデカイのが釣れれば幸いですが、贅沢も言ってられませんし、軽井沢特有の幅広ヤマメなのでパワーは抜群なので楽しいです。
Commented by 江戸のゴリ松 at 2007-05-02 00:00 x
inaちゃん
二日目は自分自身でロッドを振っていませんが、悉く私のフライが嫌われた様に思え、凹んでます。プッ
この借りを返しに行かなくては!
Commented by INAX at 2007-05-02 13:04 x
●Led君
釣り具は一式積みっぱだと、諦めがつきにくいもんです。
昔の湯川だと、GWはパラダイスだったのですが…。

●ゴリさん

残りのGWで、キッチリ宿題を片付けて下さいね。
ゴリさんは、全国に宿題作り過ぎる傾向がありますので…(爆)
 
Commented by k-nakadi at 2007-05-02 20:16
inaxさん、こんばんわ!
綺麗な写真で載せていただいてありがとうございます。

自分もけっこう「杭」になってしまう傾向ですね。たぶん。
次の機会にはもっと楽しめるように精進しときますね!。
Commented by native_and_wild at 2007-05-02 21:07
Rollyです!!!

凄いヤマメ!!!こんな感じのボディーラインを名古屋では「ぱっつんぱっつん」と呼んでいる変体たちが沢山いるんですよ~(^^)
それはさておき、あの雷雨プールがこの日のようなPカンな午後だと、、、そりゃぁ相当に苦しめられそうですね・・・。来年までに修行を積んでおきます!
Commented by inax at 2007-05-03 22:20 x
●nakadiさん
こんばんわ!
写真は他にもありますので、後日CDに焼いてお渡しいたしますね。
「杭」になれるほど夢中になれるなんて、ある意味幸せな事かも知れませんね。
次回、更なるあの手この手をご用意されてお越し下さいね。
Commented by inax at 2007-05-03 22:37 x
●Rollyさん
「パッツンパッツン」ですか(笑)
渡良瀬では、これが標準体型でございます。
次回は…是非!!
本日、ゴリさんから当日の詳細を伺ったのですが…何やらライズに恵まれなかったようですね。(-.-;)本当に残念です。
雷雨プールは、明日再戦予定で〜す。
釣れるには釣れたのですが…結構コテンパンでしたのでケリつけて来ます。
Commented by tokyo_terry at 2007-05-06 01:45
inaxさん、こんばんわ!!
今日は、エントリーに登場してるnakadiさんと、彼のホームでご一緒してきました。すご〜くサカナたちの活性が高くて、パラシュート系の毛鉤でイージーな釣りを堪能してきました。中には、「パッツンパッツン」なイワナもいたりして(笑)
ちなみにココだけのハナシですけど、nakadiさんとRollyさんは結構、「杭」になってますよ(爆)
Commented by inax at 2007-05-06 15:02 x
●terryさん
こんにちわ!
なんだか凄く良い釣りをされたそうですね。
う、う、羨ましいです〜。
杭に成れるだけ良いかも知れません。
昨日の釣りは、半日「河原の石」でしたよ。(ライズがないので…)




<< かぶっちょ      本流尺ヤマメのライズ >>