2007年 06月 20日

岐阜へ(後編)

c0095801_15341636.jpg

二日間の釣り。(正確には一日半だけど…)

上州に住む僕らには縁のない「アマゴ」達との出会いは、今回の岐阜釣行の楽しみの一つ。

 流石、人気のC&R区間で鍛えられている魚達は、案の定そうやすやすと「術中」に落ちてくれなかった。
いや…だからこそ、そんなライズのひとつひとつが、それぞれ印象深い出会いに繋がったりもした。

心の何処かで密かに期待していた“尺アマゴ”“尺イワナ”達には、ちょっと縁が薄かったようだけど、ハッチを意識した「ライズ釣り」では、サイズなんて二の次三の次。

気持ち的には充分満足で、むしろ、おつりが来るぐらい。

 最後の最後まで、とうとう釣れなかった魚は居たけど…見向きもしない程、非情な扱い(笑)もされなかったし…ね。

c0095801_15335746.jpg


 夜の宴は、参加された方々が、個々発信されているブログで既にお察しの通りの大盛況。
よく呑んで、肉ばかり食べて、腸がよじれる程笑って…。

 皆が床に付いた頃、残った若者衆?だけで、ちょっと真面目なお話なども少々。
C&R区間に対する偏見から、中部の仲間達が抱える様々な問題をお伺いした。

 くだらない派閥や、そこに渦巻くネジ曲がったエゴの狭間で、石徹白を取り巻く環境は、これからも山あり谷あり…一筋縄では行かないと思う。

 だけどここに集った仲間達なら、きっと乗り越えて行けるんだろうな…と、そんな事を思いながらこの地を後にした。

c0095801_15333036.jpg


この素晴らしい流れと、そこに集う素敵な仲間達に…エールを!!

by sureyamo | 2007-06-20 15:38 | River fishing | Comments(10)
Commented by 山猿 at 2007-06-20 21:26 x
ina塾長、一枚目の写真のアングル え~~ね~~
お見事!!

おいらもタイトル画像変えたよ、カッチョエ~よ~~
ゴリさんからの頂き物よ。
Commented by Rolly at 2007-06-20 21:34 x
塾長、みゃ~~~~~~どです!!

ありがとうございます!!僕らのネットワークの先には塾長やゴリさんの存在がある、、、というだけでどれだけエネルギーになってることか・・・。
ぜひまた来年も石徹白の様子を見に来てくださいね♪

おっとその前に、、、秋ですね。
Yu-Koちゃんの都合もOKとお返事もらいましたよ(^^;
Commented by inax at 2007-06-20 22:22 x
●山猿団長

こんばんわぁ。
コンデジで、被写界深度浅く撮るのは大変です。
実はもう一枚の写真は、山猿さんがカメラ目線だったので……没にしました。(笑)
 それにしても、ゴリさんの画像データは相変わらず解像度低いっすね。良く言っておきます。(ぷ
Commented by inax at 2007-06-20 22:31 x
●Rollyさん

石徹白は…実は結構ハマってますよ。
魚も素敵なのですが、ああいう雰囲気の流れって…釣ってて懐かしいというか、不思議な感覚を感じる事がありました。
yu-koちゃん、次回はOKですね。ホッとしました〜。

実は先日、上野村のふるさと館に入っている東電のバスガイドさんが、知人の幼なじみだという事が判明しました。
意外なところから「上野村のコニタン」の裏話など多数入手しました。
お楽しみに♪
Commented by 江戸のゴリ松 at 2007-06-21 10:27 x
inaちゃん
石徹白は良いですよねぇ~懐が深いと言うか・・・色々な顔を持つ渓相。
そして訪れる人々のマナーも良いから渓魚のコンディションも良いのでしょうね。
また行きたくなってきた!

>それにしても、ゴリさんの画像データは相変わらず解像度低いっすね。
↑すみませんねぇ~もう、あのカメラ沈めちゃる!
・・・って、防水カメラだった・・・。
Commented by k-nakadi at 2007-06-21 22:30
inaxさん、こんばんわ!

<後編>楽しみにしてました!
もう、胸がいっぱいでコメントが浮かびません(^ ^)/
当日の少し前に、某フライ雑誌のC&R{区間}に対する記事を読んで
悲しい気持ちになったりもしましたが(ホントはムカムカしてましたが)
そんなこと吹っ飛んでしまいましたよ!
励みになるご意見、ありがとうございました!

次回は異性の話も織り込んでゆきますね(笑)。
C&Rよ、マッチ・ザ・ハッチよ、永遠なれ!!
Commented by inax at 2007-06-22 09:40 x
●ゴリさん

おはようございモス!!。
 石徹白では、あれだけの頻度で釣れている割に、管理釣場や地元の激戦区に見られるような、魚達の口元の傷(再放流の痕跡)のある魚が少ないように感じます。
 この流れに暮らす魚達は、訪れる釣り人の皆さんから、とても大切に扱われている…という事なのでしょうね。
我々が、この流れから見習うべき事は多いと思いますね。
Commented by at 2007-06-22 10:02 x
レスがものすごく遅いのは、年のせいですか?
Commented by inax at 2007-06-22 11:22 x
●nakadiさん

 おはよーございみゃす!
あんまり楽しみにされると…裏切りたくなりますよ(ぷ

 雑誌は基本的には読まないので、どんな事が書いてあったか知り得ませんが…想像もつきます。(笑)
 どんな意見をお持ちでも、自分の考えに対して何も「アクション」を起こせない(しないし)人達の批判なんて、所詮は“愚痴”ですからね。
放置しておいても全く無害です。(笑)
 
次回は、人間界のスピナーフォールについて語り合いましょう。(ぷ)
Commented by inax at 2007-06-22 11:24 x
●内さん
仕事が急に忙しくなっちゃって…。


<< 振り返って…      岐阜へ(前編) >>