Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 09月 04日

LS993のインプレッション

c0095801_16235494.jpg

今回のエントリーの主役は、ヤマメではなくこのロッド。
早速実戦投入して来たLS993のインプレッションです。

まず最初に、この9ft9inという長さなんですが…
普段渓流のフライフィッシングがメインの方には、かなり違和感を感じるかも知れません。

自分の場合、既にスリーシーズンほど11ft弱の低番手を現場で使っているので、何とも思わないのですが…多分大半の人はこの長さに圧倒され、(釣る前に…)好き嫌いがハッキリ分かれてしまいそうです。

また、この長さからくる「もったり感」に、スペック以上の重さを感じてしまうかも知れません。全長が10ft近いロッドだということを考えると、信じられないくらい軽量なんですけど…ね。

昔懐かしいウェスタン系フライロッドを彷彿させる、ちょっと大きめのハーフウェルグリップも、この長さの重量バランスを取ろうと思ったらコレくらいのボリュームは必然なのかも…。
 
ティップは軽くて「シャキッ」とした動きをしてくれそうに見えるのですが、振ってみると意外にしなやかなです。

 ロッド(ティップ)を極力曲げずに、ティップに掛かる負荷をホールでコントロールするような「脱力系」のキャスティングをしてあげると、頭上10ft付近に発生したタイトループがスルスルと蛇のように前方に伸びて行きます。

もちろん、普通に投げれば普通に飛びます。
ロッドを振り切るようなキャスティングだと、パワーが乗り過ぎてしまう位。
背後に葦の迫った流れの中に深く立ちこむトコロでは独壇場といえるでしょう。
(※割と有りがちなパターンです。)

バットパワーは、既に3番ロッドのキャパを超えちゃってます。
よほどの魚でない限りロッドの「貯め」だけで、なんとかなりそうな勢いです。
ベンディングカーブにも余裕があるので、多少強引なヤリトリも危なげないのです。

そしてこれは余談なのですが、このロッドで行うルースニング。
実はこれが…ちょっと凄い。

その長さを活かした「超ワイドループ」で、なかり無謀なウェイトを組んだ仕掛けでもあまりトラブらずに投げる事ができて…ドリフト中も手前の流れに何ら邪魔されることなく、いつもより奥のレーンを理想的にトレースすることも出来ちゃう。

ある程度は予想はしていましたが…コレが見事、ツボにハマってしまいました。

今度のフォーラムでも現場に持ち込んでみようと思います。
興味のある方はお声掛け下さい。

by sureyamo | 2007-09-04 16:32 | item | Comments(8)
Commented by kataoka at 2007-09-04 17:42 x
inaxさん  こんにちは~

ストマック調査ありがとうございました。
本谷も渋そうですね・・・  台風も来そうですね・・・が
今週のフォーラム楽しみです。 LS993も興味大です。
よろしくお願いしまーす。
※我が家は、伊香保・湯檜曽温泉ツアーに行っておりました。 もちろん釣り抜きで (プッ

Commented by 順坊 at 2007-09-04 21:04 x
お久しぶりです。
本谷かなりの渇水のようですね。
ダム下は、去年の1/3位でしょうか?もっと?

僕も最近長い竿を使っていて、遠くのライズ等に対応しておりました。
興味があるので、当日機会がありましたら振らせて下さい。

PS・8日(土)の上野村役場前のフォトスクールのモデルさんは、去年同様、飛び道具を持参いたしますので、最終兵器として策に入れておいて下さい。(笑)
Commented by Rolly at 2007-09-04 21:36 x
塾長、みゃ~~~~~~~どです!!!

なんだか、インプレッションを読んでいて、リアルにポイントが浮かんできました。この場所で使ってみたいなぁ・・・・なんて(^^)
以前スコットのGの10’00”#5なんてのを振らせてもらったことがありましたが、味わったことの無い感覚だったのを覚えています。

ということで、台風の影響で釣りが厳しくてもLS993の実物見せていただいたり、、、と楽しみは一杯あるので、ワクワクしていますよ!
Commented by inax at 2007-09-05 09:33 x
●kataokaさん

おはようございます。
よりによって、何だか強烈な台風らしいですね。
恵みの雨になってくれれば状況は一転すると思います。
まだ諦めるのは早そうですよ。
一縷の望みに賭けてみましょうね。
湯檜曽温泉に行かれたのですね。ちょっと前のエントリー「残り鱒」で訪れた流れは、湯檜曽温泉から少し上流なんですよ。
フォーラムでお会い出来ること!楽しみにしております。

Commented by inax at 2007-09-05 09:55 x
●順くん

おはよー!。
本谷ですが、平常水位より2/3って感じでしょうか。随所で川底のヌルが堆積しているのが気になります。

 いくら長い竿でも、その分遠くのライズを狙っちゃうと…普通のロッドとそんなに違わなくないですか?
ロングロッドのメリットは、中距離でのライズに向かい合ってこそ、初めてそのアドバンテージが生きてくると思うので、そんな事を考えながら、是非振ってみて下さい。

モデル捕獲…今年も宜しくお願いしますよ。
Commented by inax at 2007-09-05 10:21 x
●Rollyさん

毎度です。
スコットでGの10’00”#5なんてあったのですか?
なんか…凄い重そう(笑)
単に長い(だけ)のロッドを作る事は、技術的に難しい事ではないのでしょう。
長さに比例して増幅する「ティップのブレ」や「重量」を抑える事は、とても難しいと聞きます。
自分が言うのも何ですが、なかなか満足出来るロッドにお目にかかれません。
いっそのこと「ワンピース」にすれば、もっと軽く出来そうですが…絶対売れなそうです(爆)。

そこら編のお話は、またゆっくりと…。
Commented by Led.Zep at 2007-09-05 22:18 x
今晩は。
これが例の竿ですか。
ロングロッドの利点の後ろの葦を気にしなくても良いのは気が楽ですね!
ど~しましょ。この竿買って来年から神流&軽井沢に持って行っちゃおうかな~?
それにしても凄い雨ですねー(汗)
Commented by inax at 2007-09-06 09:19 x
●Led君
おはようございます。
そうそう!それだけでも全然違いますよね。
神流川や軽井沢湯川で使うのであれば、LS982の方が良いと思いますよ。
流石に2番という事で購入に躊躇していたら、瞬く間に完売。今回は入手ならずでした。来シーズン迄には充分間に合いますけどね。


<< 緊急告知      本谷近況報告 >>