2008年 03月 11日

渡良瀬川で過ごした半日

c0095801_1227404.jpg
ちょっと風は強いけど、昨日の寒さが嘘のような日曜日。
今年の両毛漁協の年鑑札を購入がてら、川の様子を覗いて来ました。
もちろん、あわよくばライズなんてあった日には、そのまま突撃を決め込むつもりだったのですが…。

これから水温も上昇し、魚の活性も上がるであろう時間帯を迎えるというのに…
釣り人の姿はチラホラ。
この状況を見ただけで、おおよその察しがついてしまいます。(笑)

この日、団地裏、市民広場と見て来ましたが…何処も良い情報は得られませんでした。
放流直後の数日間は、局所的に釣れたようですが…
そういうのも何だかねぇ〜って感じです(笑)

c0095801_12275928.jpg

現場でプラプラしておりますと…
見覚えのある顔(名前までは存じ上げないんですが…)から続々と声を掛けられます。

ルアーマン、フライマンに関係なく、常連の方からは
「最近さぁ〜、上野ばっかじゃないのぉ〜」…な〜んて皮肉も言われ(笑)言葉に詰まってしまったり

「カワウなんとかしてよ」
「もっとヤマメを放流して!」

そんな事私に言われても…リンダ困っちゃう♪(ぷ)
てなモンです。

c0095801_12281879.jpg

風を受け細かく震えるネコヤナギ見ていると、春が来たんだなぁ〜とつくづく実感します。

ソコソコ流速のある水辺から水面に張り出すように伸びる、こんなネコヤナギの枝の下って、ライズするポイントと度々重複するものです。
ヤマメも少しは安心するのでしょうか?

今度川に出たら、そういう視線からのポイント(ライズ)探し…なんてして見てみたらいかがでしょう。
もちろん、ライズそのものを保証する程のものではありませんけれど…。

by sureyamo | 2008-03-11 12:32 | River fishing | Comments(8)
Commented by 江戸のゴリ松 at 2008-03-11 14:28 x
inaちゃん! お疲れっす!

何だか・・・寂しげなエントリーですねぇ~
やはり「カワウ」が原因なんですね・・・
「カワウ」対策として誰か、昼夜ポイントに立たせて置きますか!

えっ!オレ!?・・・やっぱなぁ~
でも案山子役の為に年券購入するのもなぁ・・・辛い

すみません。どうせ突っ込まれるんだから・・・ノリ突っ込みしてみました。
Commented at 2008-03-11 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by inax at 2008-03-12 17:44 x
★ゴリさん

こんちあ!
勝手に自爆されると…コメントのしようがありません(笑)

釣り人が少なくなると、ことさらカワウが入りやすくなる…という悪循環は、今年も健在のようです。

魚っ気が本当にありませんが、逆にカワウが来る…という事は魚も何処かに居るんでしょうね。(…と、楽観的に考えたい。)


Commented by inax at 2008-03-12 17:46 x
★鍵コメさん

こんにちは!
早速登録しておきましたよ。
コレからも宜しくお願い致しますね〜。
Commented by k-nakadi at 2008-03-12 21:54
塾長、こんばんわ!!

ゴリさんと同じく、なんか寂しげですね、、、。
でもこの両方のポイントはなんだかその気になっちゃいます。GWの前になんとか行きたいなとおもってます。

ネコヤナギって水が綺麗というか水の流れが良い場所にいるってのを聞いた覚えがありますが、、ホントでしょうか?。
Commented by TAKA-Qizm at 2008-03-12 23:27
こんばんわ~。
渡良瀬では釣りをしたことがありませんが、今年はぜひ経験してみようかと思ってます。
日程が確定しましたら事前にお知らせしておきますので、カワウ駆除と放流をお願いしますね(ぷ
Commented by inax at 2008-03-13 10:57 x
★nakadiさん

おはようござまいます。
GW前…お待ちしておりますよ〜。
今年はカラオケ位迄で辞めておきましょう。
寝不足は天敵ですからね。

ネコヤナギの詳しい植生までは判りませんが…この枝の下のライズは、結構取った記憶がありますね。




Commented by inax at 2008-03-13 11:09 x
takaさん

おはようございます。

まだ渡良瀬の洗礼を受けて…おられない?と
マズいですね〜(笑)早くお越し下さい。
Kツラはその後!
順番間違って鱒(ぷ

入川スケジュールは事前に提出下さい。
サプライズ参戦は公式記録として残せません(爆)




<< 取れないライズ      華麗なる…神流川の一日 >>