Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 14日

そろそろ本腰

c0095801_16363337.jpg
今年の渡良瀬川も足利地区の方が始動が早かったようだ。

桐生地区より十数キロ程下流に位置する足利地区。
解禁早々から水温も上がりやすいから、断然コッチの区間がハッチは濃厚でオススメ。

ただその分、終わるのも早いんじゃないの?って思われそうだけど…場所によっては平気で年を越してしまうイワナも居るくらい。一般論だけで決めつけては行けないとつくづく思う。川は…自然は…僕らが思っているより遥かに複雑なんでしょうね。

広大で殺伐とした景色の中でのフライフィッシングは、好き嫌いがハッキリ分かれそうだけど…自分にとっての渡良瀬川は、桐生地区よりむしろコッチの雰囲気の方が馴染み深い。
こんな、一見すると何の変哲も無いない流れの中にも、魚のつく(ライズする)流れとそうでない流れは確実にある。ただそれは川の外観だけで判断する事は難しいことだ。
一般的に“もはや常識”とされる「ポイントの定義」が当てはまらない事も、実際には結構多く…そういうのは常に新しい経験則として常連間の中でも更新され続けている。

こういう場所での釣りは、そんな経験則も当然大事なんだけど、ソレ以上に重要なのが「生きた情報」。これに勝る武器はない。
噂話で耳に入ってきた時点じゃぁ、もう終わっていると思っていい。

ただ、コレばかりは現場に出ていないと入手は不可能だから…
部屋でウダウダしているくらいなら、とりあえず川に向かおう。


今年放流された魚以外のライズ。
尺には届かないらしいけど、ギンケヤマメのライズがある…との情報で来てみた。
まだまだスポットだけど…自分も一応ソレを確認。
週末までに誰かに釣られちゃう可能性が高いけど(笑)楽しみの波紋がひとつ、ふたつ。


c0095801_1636134.jpg

橋の下で落ち着きの無いフライマンはI先生。
フライも上手で「先生」の域なんだけど…本業が正真正銘、高校の先生。
ちょっと強面だからイブニングでは逢いたくないんだけど(ぷ)ここら辺りでは顔の通った常連のお一人。

こんな時間に大丈夫なのかしら?
(あぁ、そっか!春休みね…でも部活は??)
はいはい、大きなお世話でございました(笑)

今年もお手柔らかにお願い致しやす!

by sureyamo | 2008-03-14 18:35 | River fishing | Comments(4)
Commented by tokyo_terry at 2008-03-15 03:10
inaxさん、こんばんわ!!
>ギンケヤマメのライズがある…との噂
ワクワクしますね、その手の話をきいちゃうと。
渡良瀬川はトーキョーに居た頃に東北道を走ったときに横目に見たコトがあるだけ・・・随分とそのフィールドは広いようですね。
Commented by 江戸のゴリ松 at 2008-03-16 13:06 x
inaちゃん!

昨日、今日と…天候にも恵まれ、良い結果を出してるんでしょうねぇ~?
えぇねぇ~
私は、世界平和の為に休竿日…
Commented by inax at 2008-03-16 19:19 x
★terryさん

こんばんわ〜〜〜〜〜〜〜!
早速行ってきましたが…結果は(-.-;)後日。

terryさんの見た渡良瀬川でも相当下流域ですけど…実はその界隈でも尺ヤマメのライズがあるようです。まだまだ未開拓なんですよね。



Commented by inax at 2008-03-16 19:28 x
★ゴリさん

ウホッ!ごんばんわ。

良いと思っても実際には良く無かったり、良くないと思っていたら…良かったり。なかなか読み通りには行きませんねぇ。

>私は、世界平和の為に休竿日…

釣りに行かせてもらえないだけの話でしょ(ぷ



<< 春先の気まぐれなライズ達      取れないライズ >>