Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 02日

final!!

c0095801_10412427.jpg
彼らの行脚も今日が最終日。
今日の予報は終日快晴…のハズなんだけど、空の雲は思った以上に厚く、どんよりとした曇り空からのスタート。
c0095801_10415749.jpg

こんな天気に触発されてか、今日の釣りを予定していなかったハズ?の常連さんも続々と集結し始めます。
中州で見守る我々の期待をよそに、待望のライズは遥か彼方…のみ。
程なくして流芯を超えてやってくるライズも、幾つかはあるものの大方は散発に終わります。
c0095801_10421627.jpg
自分は単独流れ込みの上で待機。
ハッチのピークになって、流芯に沿って上がってくるライズをダウンクロスで仕留めるべく待ち構えるのですが…今日はどういうワケか、上がってくる気配が一向にありません。
それでも、一つ二つとライズを確認できた時点でnakadi君を呼び寄せ、間髪入れずに流れに立ってもらった直後…やっと始まってくれました。

…が、フライを何回も流す間も無く終了。
その後、待てど寝てど(笑)結局この日のココでのライズはこれっきりでした。

何か特別な事が起こる事も無く、時間は容赦なく過ぎ…気がついてみれば、水面は西日を受けてオレンジ色に輝いていた。
c0095801_10424143.jpg

今日はコレで終わってしまうのか?!
そう思いながら、何の気無しに「堰」の流れを見つめていたら…
遂にライズを見つけました。

c0095801_1055751.jpg

左から二つ目の石の前なのですが、分かるでしょうか?

この「堰」で繰り返されるライズこそ…まさに今現在、渡良瀬川の「難しさ」の象徴。
実は、今回の行脚で密かに皆さんに対峙してもらいたいと願っていたライズ(ライズはない…と諦めていた)が…いま、正にこのタイミングで起こるとは。
渡良瀬に女神がいるのなら…なんて粋な計らい。

c0095801_1045213.jpg

湧くように吹き上がる流れと、カタに向けて放射状に広がるヨレ筋。
そんな堰のギリッギリで何度も何度も繰り返される捕食劇。
魚の躍動を感じる事は…この複雑怪奇なヨレを制したモノだけしか得る事は出来ない。
そこには「偶然」や「ビギナーズラック」なんて1ミリも存在はしないのだ。
c0095801_10432835.jpg

しばし、放心状態だった瞬間!
なんだ…あくびか(プ

c0095801_10475750.jpg

ツッチーもシステムを変更し頑張るけど…
イエローカード6枚
本来なら退場でつ!(ぷ



今回ご案内の
ゴリさんツッチー、そしてnakadiさんには
誤らなければなりません。
実は、この流れでイキナリ結果を出してもらおう…と思ってご案内していませんでした。
(…というか、逆に簡単に釣られちゃうと困るので(笑)内心ヒヤヒヤしてました…)

「フライってどうしてこんなに(普通に)流れないのか?」
今回の行脚で感じて頂きたかったテーマを、最後の最後に最高(最悪?)のシチュエーションで体験して頂く事が出来たのは、本当にラッキーだったと思うのです。

自分の甘さを認めた人は、必ず進歩する!
そう信じております。

ただ…トラウマになっていないかって事だけ、ちょっと心配(笑)
nakadi君、大丈夫かなぁ。

3連続(←ゴリさんは4連続)の渡良瀬ツアー。
お疲れ様でした。
c0095801_10485576.jpg

また来年も、お待ちしております。

追記
さぁ〜て…
そろそろ自分の釣る魚の心配もしないとね(笑)

by sureyamo | 2008-05-02 07:40 | River fishing | Comments(10)
Commented by TAKA-Qizm at 2008-05-02 14:30
う~ん、そーとー難しそうですなぁ~。
今日これから栃木に向かい、都合が付けば渡良瀬に向かおうと思いますが・・・。

そんなに難しいのであればデコるのも嫌なので、都合が付かなくするかも知れませんねぇ~(ぷ)。
Commented by k-nakadi at 2008-05-02 16:20
塾長、こんにちわ。
2日間、 ありがとうございました。

あの堰での数十分の出来事、ギリギリで繰り返される捕食劇の中、
今の自分が出来る精一杯のドリフト。
その場面が脳裏から離れないまま先程無事自宅に着きました。

自分は大丈夫です。トラウマだなんてとんでもない!明日、長良に立つぜ!!だなんて移動中の車内でゴリさんと話してたくらいです。
次は同じ1匹でも『釣れた』ではなくて『釣った!』1匹に出会いたいと思います。

Commented by アッちゃん at 2008-05-02 21:14 x
inaxさんご無沙汰してます

一連のエントリー&コメントじっくり拝見させていただきました
皆さんの釣りに対する姿勢にはいつも関心してしまいます
自分の釣りにもフィードバックできれば良いのですが・・・先日も目の前のライズをアッと言う間に沈黙させてしまいました
少しずつ勉強します。
Commented by tokyo_terry at 2008-05-03 00:26
inaxさん、こんばんわ!!
>「フライってどうしてこんなに(普通に)流れないのか?」
先日、Rolly氏ととある西の谿で釣りをしてきました。本流ではなく、渓流でしたが、巻き返しに毛鉤を乗せて、毛鉤を漂わせようとボクは必死になっていたんですが、毛鉤を上手く“波”に乗せられず、四苦八苦。

一方、Rolly氏はボクとは違ったアプローチアングルから、一発で巻き返しの“波”に毛鉤を乗せて、サカナを引き出していました。

人の“振り”見て、我が“振り”直せって感じの1日でございました(笑)
Commented by inax at 2008-05-03 22:26 x
takaさん

こんばんわ!
どうやら都合がつきそうですね(ぷ
お待ちしております。

本日お魚がロードされまして、ライズ増えてます。
でも…それもすでに(笑
Commented by inax at 2008-05-03 22:31 x
nakadiさん

お疲れ様でした。
無事に戻られたようですね。
最後の最後は…ちょっと刺激が強すぎましたか?

釣れるより、釣れない時のほうが実は色々と得る事が多いでしょ?
今後の長良川での成果を期待しています。

渡良瀬も居着きが動き出したみたいです。
先日はイブだけど34センチですって!
Commented by inax at 2008-05-03 22:36 x
アッちゃん

こんばんわ。

みんな単なる普通の「釣り馬鹿」なだけですよ。
でも…この釣り馬鹿も最近は少なくなりましたね~。

つぶしたライズの数なら負けてませんよ~たぶん(笑)
同じ過ちは二度繰り返さない…仕事でも同じことが言えますね。
でも、素直な魚たちも恋しいです(ぷ
Commented by inax at 2008-05-03 22:53 x
terryさん

こんばんは!!

アプローチアングルは、とっても大事ですよね。
何度も何度も同じ場所からのアプローチ。
良くない事だとは思いながらも…サンデーアングラーの性でしょうか(笑)同じ場所からなかなか動けません。

人の“釣り”みて…気分は悶々でございます。(笑
Commented by 江戸のゴリ松 at 2008-05-06 23:01 x
inaちゃん 毎度ッス!

この度は大変お世話になりました。
nakadi君は最後まで「堰のヨレ」が脳裏に焼きつき・・・かなり重症です。
その反動は色々なところに影響しちゃうでしょうねぇ~罪な人!

しかし、随分いぢってくれますよネェ~
今回は沈める事は出来ませんでしたが、そのうち仕返ししちゃる!フン
Commented by inax at 2008-05-07 22:50 x
ゴリさん

毎度です。
今回はお疲れ様でした。
ココのはまだまだ序の口(笑)
来年は遂に…あそこの流れに挑戦してもらいやす。

そう!おととい誰かさんが尻尾を巻いた
あの流れでつ!(ぷ


<< お目当て      gap >>