Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 03月 30日 ( 1 )


2017年 03月 30日

春遠し?

c0095801_16424766.jpg
例年であれば、この時期には
ライズの花?!も満開の渡良瀬川桐生地区ですが

今年はどうしたもんでしょう

願っても無い好条件を選んで川に立って見たのですが‥‥
何も起きませんね

ユスリカ、カワゲラ、ガガンボと
羽化は順調に始まっているのですが、水面は一向に割れる気配なし

成魚放流はすでに数回行われているハズだし
確実に魚はいるハズなのですが
なんというか魚影そのものが見られません

その代わり‥‥と言ってはなんですが
カワウの姿は激減!

駆除が効いているのでしょうね
これだけは、とってもありがたいことです

c0095801_16425732.jpg
ライズの待ちの間に

ちょっとだけ回想モードに突入


初めて渡良瀬川で釣りをしたのは、確か小学校二年生の頃



対象魚も、釣り方も変わってしまったけど

‥‥あれからかれこれ、この川で44年も魚釣りして遊んでいる計算になる‥‥

というのもどうなのかな(笑)と思いつつ



まぁ、フライフィッシングという釣りに首までドップリ浸かってからも、最初の15年くらいまでは
誰かを師に崇めることもなければ、共に切磋琢磨する同胞がいた(最初はいたけど辞めちゃったしね)わけでもなく
ほとんど独学

人との繋がりや情報源が一気に広がったのは
二十代の後半くらいに、桐生市の某市民団体に入会してから

あれから‥‥でも、もう20年以上も経ってしまいました



かつては、散々ライズを待っていた凄腕な仲間たちも

二巡、三巡‥‥





当時の釣り談義を容赦なく交わせる釣り人の数も
今となっては片手ほどしか残ってません




この川で釣りをしなくなってしまった人

川の釣りを辞めてしまった人


釣り自体を辞めてしまった人


そして‥‥

他界されてしまった人




もう二度と繰り返される事のない、淡く、儚い思い出の断片達は
まるで何もなかったことのように‥‥

この川の水面に乗って
これからもずっと、忘却に向かって流れ続けていくのですね




自分とて、後こうして何年
この川に立っていられるのかな?

計算すれば、その回数を算出することは可能でしょうけど
ちょっと悲しくなってしまいそうなので

それだけは辞めておきます(笑)




この歳になると

ライズが無いと無いなりに
余計なことを色々と考えてしまいますね

ほんと困ったもんです


c0095801_16425904.jpg
正午になりました

単発ながら、オオクマの飛翔も見られましたが
やはりライズは発見できませんでした

これ以上待ったところで、良くなる見込みも薄いので
今回はこれにて撤収です



ただし、この状況であれば


ある日
突如として

好転するとも考えられるので
まだまだ目は離せません



























by sureyamo | 2017-03-30 17:49 | River fishing | Comments(4)