Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 05月 03日 ( 1 )


2017年 05月 03日

兵どもが夢の跡

渡良瀬二連戦の疲れも

ココに来て、ようやく取れてきました

回復にどんだけ掛かるのでしょう‥‥(~_~;)
ホント‥‥こういう場面に出くわす度に、己の『老い』を痛感いたします
c0095801_14485422.jpg
今回の釣行ではPATCH BOX(新製品)も、ご覧の通りの『夢の跡』状態となりました

フライセレクトには迷いませんでしたけど
これから先の展開を考えると、もうワンサイズ大きい『Lサイズ』の方が良かった?(笑)かな



すでにモンカゲロウやヒゲナガカワトビケラが活発に羽化し始めています
昨今の渡良瀬川桐生地区において大量投入されているサクラマスは、この手の大型種の『捕食』には、とても積極的です

捕食される様は、今後益々日常的に見られることになるでしょうね


まぁ、普通の感覚からすれば
こんな虫が目の前を流れて来て『食べない』方が不自然な話ではありますけどね
(渡良瀬川で永く釣りをしていると、どちらかというと『食べないこと』の方に興味が湧いて来てしまいますが)


この手のマッチ・ザ・ハッチの釣りに興じていると

『ライトケーヒルで釣れちゃったよ』
とか
『アダムスで釣れるよ』

と、おっしゃられるフライマンと遭遇することがあります
(最近は減りましたが、以前はかなりの頻度)
※それも自分より年配&フライのキャリアも大先輩な方々に、とても多い※


これは十中八九
『スタンダードパターンでも充分釣れるよ』アピールなのだと思いますけど‥‥

でもそれ、僕に言わせると、とても
『ずるい』(ぷっ)

キャッツキルやウェスタンに代表するスタンダード・パターンと呼ばれるフライは
僕などがこの世に出現する遙昔から
フライの先人たちが、それこそ道具も情報もままらない時代から
気の遠くなるような試行錯誤して生まれて来たフライパターンの‥‥つまり

様々な状況下において、釣れる要素の最大公約数を盛り込んだ、言うなれば

最終兵器

釣れて当然のフライで
誇られても響きませんよねぇ(^◇^;)









ただ

今回の釣りで残念なことが一つありました

それは当日、仲間が釣り上げたサクラマス(35cmくらい)の口に残っていたフライが

バーブ付き(VARIVAS 2200 CURVED SHANK 2X Fine~3X Fine Micro Barb)であったということ

※2200って、ファインバーブレスっていうラインナップがあったハズなのに‥‥※

フライの画像を載せちゃうと、もしかしたら誰だか分かっちゃう?可能性も高いし
別に、犯人探しするつもりも毛頭ないので、今回は敢えて公開はしませんけど



レギュレーションは守ってくださいね

ホント、お願いいたします




追記

ここ数日で釣れ始めたばかりの渡良瀬川にしては
魚の痛み方(口)が激しいような気がします

いや、気がします‥‥というか
もう明らかに(重症なのが)多い



綺麗事抜きに、釣りというのは
大なり小なり魚を『傷付ける』ことで始めて成立するゲームです

僕ら愛好家の出来る精一杯は‥‥
その傷を最小限に止めることくらいしかできません


魚を傷つけるのは、何もフックだけではない
(ファイト中にローリングするヤマメにとって、ティペットさえ立派な凶器)
とも言われそうですが
僕らに出来ることと、どうする事もできないこともあります

フックをバーブレスにすることなんて
最も簡単で、今すぐにでも実践できることです




by sureyamo | 2017-05-03 06:55 | and others | Comments(4)