Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 05月 19日 ( 1 )


2017年 05月 19日

バラギ

僕の自宅に、お仕事の打ち合わせで訪れてくれた中国人のクライアントさん
仕事場に散乱する数々のフライフィッシングアイテムに、どうやら触発されたようで

『フライフィッシングをやってみたい』

という流れになり‥‥

当初は『赤久縄』あたりでサクッとFF体験でも、と考えていたのですが
クライアントさんのスケジュールと僕のスケジュールの折り合いが、なかなか着かず

ようやく調整がついた決行日は、なんと『赤久縄』の定休日

次なる候補地で、ふと脳裏を過ぎったのは
c0095801_12130315.jpg
バラギ湖

ここに訪れた前回のエントリーが2007年だから
ほぼ10年ぶりの来湖(←そんな言葉はありません)

久しぶりに訪れた釣り場ですが、コレと行って以前と変わった風もなく

ホッとしました



直接僕のクライアントである『孫』さんは、日本に来て長いので日本語はバリバリなのですが
『孫』さんのビジネスパートナーで、今回来日していらした『蔡』さんは
片言の日本語だけしか通じません

ただ国籍は違えど、同じ『釣りキチ』であることに違いはありません

まぁ

なんとかなるっしょ!

c0095801_12125279.jpg
先に書いた通り、10年ぶりのバラギ湖でしたが
勝手も全然変わっていませんね

マッディなのでわかりにくいけど、フライ用桟橋の一番先端からでも
水深は1m有るか無いかって感じ

ウェイテッドのフライであれば、全層カバーできそうですから
シンキングラインの出番なんてほとんどありません

逆に、こんな浅さだからこそドライフライには好都合



ニジマスのサイズも40cm前後がアベレージ

どの魚も鰭の欠損は皆無‥‥というか
フィッシングダメージを負っている個体というのにも、お目にかかりませんでしたね
(たまたまかも知れない)


まぁ、それにしても、サイズの割にはよく引きます

c0095801_12125952.jpg
回遊コースは広域なようで
群が過ぎるとパタリと釣れなくなる時間もあります

また、今回は風が吹くと食いも悪くなりました
(いろんなケースがあるのですね。)



何を投げても無反応になる時間には
キャスティング練習

群が入って来たら『実釣モード』という風に
自然の流れでメリハリが出来るのも、結果からしたら良かったようです




ランディング圏内なのに、なかなかネットインしない
往生際の悪いニジマスも沢山います

実は、ここバラギ湖にも
ハコスチが放流されています

ハコスチのパワーは、ここで語るまでもありませんよね
c0095801_12131317.jpg
そんな感じで、基本は回遊待ちなので

フライはとにかく目立つフライが良いと思い
結んだフォームカメムシが大人気


さすがに後半ともなると

フライの直下でどこぞのヤマメのような挙動を見せるヤツも多くなったものの(笑)

でもまぁ、ここの圧倒的魚影の前には(^◇^;)屁のツッパリ
c0095801_12130749.jpg
全てが『初』の孫さんにしてみたら
何もかもが新鮮だったようで
写真を撮りまくっては感動してくれます(笑)


日本の仲間からのサプライズプレゼント(フライ)も
とても喜んでくれました



水面に浮いたPOPなフライを
ガボッと吸い込むナイスサイズのレインボートラウト

そしてそして
管理釣り場としては勿体無いくらいのロケーション


こんなフライフィッシング初体験では

逆にハマらない人は居ないんじゃ無いの?
c0095801_12131000.jpg
初心者にフライフライフィッシングを体験させる上で、最も重要なのは

あぁ、またフライをやってみたい

と思わせて終わることです



教える側としては、基本をしっかりマスターさせる事ばかりに行きそうですけどね
そんなことやってたら、大半の人は嫌になっちゃいます



最低限の事だけ教えたら
自分で考えさえて、ある程度好き勝手にやらせる時間を与えることも重要に思います



だいたい一回の体験会で、教えられる内容には限界はありますし
許容量にも個人差があります

一度に詰め込むことよりも

何か一つだけ出来ないことが出来るようになれば良いのです




もし仮に

そんな中途半端な状態で終わったとしても

それは必ず次に繋がる

そう‥‥‥‥またやりたくなるに違いありません





不遇にも、フライ初体験でガチガチな講師に当たってしまった方の中には

あまりの難しさ(難しくしてる)に『俺には無理だ』と思ってしまった方というのも
実は後を絶ちません

とても残念なことですし

と〜っても罪なことです
c0095801_12131651.jpg
この模様は、後日YOU TUBEに動画編集であげるそうです

中国では、フライフィッシングという釣りの情報が、まだまだ不足しているとの話で
こういう動画をアップすることで新たな市場開拓を狙っているとの話です

当然ナレーションは、全部母国語でしたから(笑)
何言ってるのか(言われてるのか)さっぱりわかりませんでしたが



最後にフライフィッシングは

『とても面白くて、奥が深い』

『道具を買って練習して、またやりたい』

という、一番欲しかった言葉を頂戴しました



またそれと同時に
国境を超えた釣り友達が、一度に二人増えた瞬間でもありました



by sureyamo | 2017-05-19 17:48 | Lake fishing | Comments(0)