Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:movie( 7 )


2007年 05月 16日

橋の下の大きなアマゴ

c0095801_16414247.jpg

 会場の手前に掛かる橋。その橋の下にあるプールの芯で、『ポク〜ン』と控え目ライズを繰り返す一匹の大きなアマゴ。
 欄干から覗き込む我々の姿を知ってか知らずか(←多分知ってる)、そんな事など気に留める様子もなく、延々とライズを繰り返しています。
 
 ただこの大アマゴ。
「いちいち定位なんかしてられないぜ!」といった風情で、プールの中の主要な筋を、あっちフラフラこっちフラフラ。全く持って落ち着きがないのです。

 そんな、一見すると掴みどころが無いように見える徘徊の途中でも、対岸の壁際の1mほど手前に出来た”スカムライン”に入って来た、ほんの数十秒間だけは…ピタッと定位して(その筋で2〜3回)ライズしてくれる事に気がついたのです。
当然チャンスは、その時しかございません。

そして…






まぁ………いつもだいたい、こんなもんですわ(プ


何センチあったか判りませんが…後は動画から皆様テキトーにご判断下さい。
初タナビラが「P」で尺超えなんて、そんな美味しいお話は、そうそうあるものではない…というお話でした。

by sureyamo | 2007-05-16 16:54 | movie | Comments(12)
2007年 05月 06日

GW後半のライズシーン


K永さん撮影






by sureyamo | 2007-05-06 15:12 | movie | Comments(4)
2007年 04月 30日

本流尺ヤマメのライズ


 今日は、山猿軍団のお一人とお江戸からお越しの数名の釣り仲間達との渡良瀬釣行にお供させて頂きました。
ソコラへんの詳細記事は後日アップするとして…その間の「繋」という事でムービーをアップいたします。
(アップした映像では、微妙にライズが判りにくくなってしまいましたが…(笑)オリジナルでは、それは見事なライズの収録に成功しているムービーです。)

 裸眼では判りにくいのですが、実際この水面を意識中の尺ヤマメ(最低三匹)が定位しておりまして…そんな事を想像しながらご覧下さい(笑)


 常連さんのお話によると、ここにこうして立っている我々の事は、奴らも重々承知しているそうなのです。
普段なら既にこの段階で、ライズは無条件に沖目に移動してしまうか、ピタリと捕食行動を止めてしまうらしいのですが……この時だけはよっぽど捕食に夢中だったのでありましょう。
彼らの行動の一部始終に一喜一憂している我々の事など全く眼中にない素振りで…ただ黙々とライズを繰り返しておりました。

今回、こうしたライズには恵まれた釣行となったのです。
ハッチ的には、何か突出するような凄い事があったワケでもなく…どちらかというと(渡良瀬川にしては)貧相なハッチに終始した感が否めません。
それでも最後には皆様、渡良瀬川を十二分に堪能して頂けたようです。

by sureyamo | 2007-04-30 02:49 | movie | Comments(8)
2007年 04月 12日

スーパーライズ


スーパーライズとは、まさにこんなライズの事でしょう。
その場に居合わせた事が出来ただけでも、これはとてもラッキーな事だったのかも知れません。

でも…コレが全く取れないんですから、仕事どころではありません。
少しだけ、僕の気持ちが判って頂けたでしょうか?

では、いざ出陣!!!

by sureyamo | 2007-04-12 18:08 | movie | Comments(8)
2007年 04月 11日

叩きのめされて。


多くを語るのは今回は辞めておきましょう(笑)
ああすれば良かったとか、こうすれば良かったとか…
今思いついたところで、所詮は後の祭り。
結果は結果として真摯に受け止めて…この雪辱は近日中にはらします。

この前と、全く同じ流下状況になる保証など何処にもないし…ましてや、これほどのライズが、またあるかどうか…。
あれこれ考えて腰が重くなる前に…とりあえず、何も考えずに甲州に向かおうと思います。

by sureyamo | 2007-04-11 23:31 | movie | Comments(10)
2007年 02月 23日

ライズ・ライズ・ライズ

c0095801_13165523.jpg

来週、いよいよ群馬が解禁になります。
みなさん…準備は整いましたでしょうか?
さて今回は、昨年ハイシーズンのライズシーンを動画でお届けしたいと思います。
※画像では判りにくいとは思いますが、パラパラとハッチしているのは¸ほとんどがモンカゲロウ。(なのですが…)

これで、ボルテージをモリモリッと上げちゃってください。
動画はこちらへ


dogalogにて、既に一般公開中ではございます。
前回公開できなかったライズシーン「続編」7本分も、コチラにアップしておきましたので…お時間が許すかぎりご覧下さい。(検索ワード:ライズ)

 では皆様、良い週末を!

by sureyamo | 2007-02-23 13:18 | movie | Comments(8)
2007年 02月 03日

年越しライズ

 
c0095801_18582655.jpg

僅かに吹き上げる風の、その裏側に淀んだ水面を静かにくゆらす「ライズ」ひとつ。
サイズ的には27〜8といった感じでしょうか、ライズの主は、ここ渡良瀬川で立派に年を越したヤマメであります。
 今日は仲間からの貴重な情報を元に、このライズに逢う為ここまでやってきました。
そして…そんな自分を出迎えるようなタイミングで始まった捕食行為は、それから延々1時近く続いたのです。
まぁ、フライを流さなければ…実際そんなモノなのでしょうけどね(笑)

 デジカメで動画を撮ろうと、姿勢を低くしゆっくりとライズに近づいてみました。 
上流からのアプローチだったのですが…よっぽど夢中に捕食していたのでしょう。4mほど近づいてもライズは止まりません。
デジカメのメモリーが許す限り「お食事風景」の撮影をさせてもらったのですが、ただ…この距離をさらに詰める事は出来ませんでした。
抜き足差し足で、かなり慎重に接近したんですけれど…ね。

 では、そんな動画をご覧いただいて…悶々として下さい(笑)



 
 カワウの食害は全国的に深刻な問題です。ここ渡良瀬川などは、思いっきりその渦中にある河川です。
事実、ここまでくる間にも他の区間を回って見てきたのですが、カワウの姿が見られない区間はないし、こうしている間にも上空から奴らの気配は濃厚に感じ取る事ができます。そんな過酷な日々に晒されながらも、年を越し…そして今も目の迄で、こうしてライズを繰り返している数匹のヤマメ達。
DNAに擦り込まれた危険察知能力はもとより、相当な強運の持ち主なのでもありましょう。
(ミッジピューパなんか流し込めば、一発なんでしょうけど…ねぇ)

さて、明日は渡良瀬ネイチャリングアクトのヤマメ放流。
自分もお手伝い要員として参加してきます。
経験豊富で百戦錬磨の、ここのヤマメ達ならつゆ知らず、ぬくぬくと育った「箱入ヤマメ達」がカワウの間隙をかわして生きながらえる可能性など、限りなく低いとは思うのですが…これは信じて祈るしかありません。



ブログランキングに参加しております。
↓一日一回、ポチポチッとお願いいたします。


にほんブログ村 釣りブログへ人気blogランキングへ

by sureyamo | 2007-02-03 19:01 | movie | Comments(8)