カテゴリ:JB23w( 20 )


2016年 11月 25日

チェーン未装着の罰則について

国交省が積雪時に幹線道路で立ち往生の原因をつくった車に対して
罰金を科す方向で検討を始めたそうです
c0095801_15145611.jpg
世論的には賛否両論分かれているそうですが

自分の個人的な意見を言わせてもらえば

大賛成

です



なんの根拠もない自分の身勝手な判断で
天下の公道を封鎖し、人様に多大な迷惑を掛けるわけです

そういう迷惑を顧みないドライバーからは
罰則金でも点数でも、どんどん取っちゃえばいいんです




朝のニュースでもやっていましたが
そこに出ていた三名のコメンテーターが(名前は伏せますが)痛いのなんの


反対派は

『雪の日には渋滞するのが当たり前だから、車での移動を控えるのが当然』
『無理して動かすから、余計に危険』
『教習所ではチェーンのつけ方を教えない』
と宣う始末

特に最後のチェーンのつけ方云々なんてものは‥‥
もはや、反論のしようがありません

お願いだから免許証を、今すぐ返納していただきたいくら位です(笑)






賛成派もしかり

ノーマルタイヤで走ってしまう方を言語道断と切り捨てるも

チェーンなんてつけなくても
四輪駆動車にスタッドレスなら全く問題ない

とか言ってしまう始末

未だにいるんですね‥‥でもね

こういう方が一番迷惑なんです

そういうこという人に限って、無駄にデカイ4WDだったりするので始末に悪いです

c0095801_15150060.jpg
確かに雪国の方はスタッドレスタイヤを使いこなして、チェーンの装着率は低いかも知れません

卓越したドライビングテクニックもお持ちなのでありましょう

でも日常的に雪道に慣れている方の運転と、そうでない方の運転を一緒にしてはいけません



チェーンの一番のメリットは
ラフなステア&アクセルワークでも、ある程度のグリップ力は保証してくれるってこと
(スピードを出したくても出せませんしね)

雪道に不慣れな方でも、とりあえず走ることができる!

実はココが一番重要だと思います




寒いし、手も汚れるし
チェーンの装着は確かに面倒ですけど

雪の日に車を乗り出す!
というのは、そういう事も覚悟の上であると僕は認識しています

スタッドレスを履いていても過信は禁物
スタック(&事故)している車の半数以上はスタッドレスタイヤ装着車です




by sureyamo | 2016-11-25 16:26 | JB23w | Comments(0)
2016年 10月 12日

フルコン クレバー

フルコン?クレバー??
c0095801_22052413.jpg

何のことか

わかりませんよね?


よーするに

マッピングを書き換えたJB23ノーマルコンピュー(フルコン)の
『クレバー』という商品名

書き換え済みのコンピュータを交換するだけで
お手軽にパワーアップしてしまう‥‥というのが一番売り!

タービンを交換したり、燃調とったり、その他諸々の改造をしなくても
90psとか簡単に出ちゃう‥‥らしいのです

今回は、そんな仕様の新車のJB23に乗る機会がありました


感想ですが‥‥

速いですね

加給が始まって、ターボチャージャー独特の加速感が味わえる常用回転域から中速域が
特に強調された印象

ノーマルだとレッド付近まで頑張って引っ張って、ブーストはようやく0.8kg/cm2位ですが
この仕様だと4500〜5000rpmほどで
(キチンとタコメータは見ていないんですが、あくまで感覚的に‥‥)
フルブースト(1.2kg/cm2)に達してしまうようです

ターボラグがある以上、体感的には僕のツインチャージャーよりも速く感じますから
乗っていて純粋に楽しいこと

この上ありません


と、いうことは
ノーマルタービンが容量的に限界に達するのも早くなるということ‥‥
つまり

加速の頭打ちも、当然ながら早くなります

中速域のパンチがある分、余計気になってしまいますが
こればかりは仕方ありません



また、トルクの盛り上がり方も、当然ノーマルよりも急激です

特にコーナーリング中に中速域からのアクセルオン
(このシチュエーションは意外に多い)
には少し気を遣うかもしれません

コーナーが連続するような場所では馬力的には負けていても
ターボラグのないフラットトルクなツインチャージャーの方が‥‥
多分、乗り手が同じレベルなら

全然速いと思います

挙動が安定している分、躊躇なく踏んでいけるんで‥‥




でもね

こういう性格の車を乗りこなすというのが

粋なんですよね

‥‥というわけで‥‥

余裕があれば、こういう仕様も一台欲しいですね(爆)























by sureyamo | 2016-10-12 22:05 | JB23w | Comments(2)
2016年 09月 23日

ワイルドトラクション

JB23に乗るようになって
3セット目のMAXXIS Creepy Crawler が先日終了

次の候補タイヤとして

DULOP MT2 か YOKOHAMA GEOLANDAR

を候補に挙げていたのですが‥‥
c0095801_14563071.jpg
GEOLANDARに決定!

今まで履いてきたCreepy Crawler(以降、マキクリ)と比較してしまうと
ちょっと貧相に感じてしまうのは‥‥仕方がありませんよね


GEOLANDAR(M/T)と言うと

ジムニーでの装着率は非常に高いブランドになりますが(自分も過去に一度履いていました)
今回履いたタイヤは、比較的最近出たばかりの7.00サイズ

ジムニーでも3インチアップ以上のリフト量じゃないと
履くことができません
c0095801_14562699.jpg
サイドブロックとセンターグルーブは、通常サイズのGEOLANDAR(M/T)と比較して
かなり簡略化されました

ブロックとブロックの間が広がってチョッピリ、ワイルド!
重量も軽くなりました



少し車に詳しい方なら分かるともいますが、バネ下重量の軽量化の恩恵は計り知れないものがあります
巡行速度域までの到達時間は格段に早く(つまり単純に加速が良くなった)なりました


高速道も走ってみましたが
マキクリでは平均巡行速度が80km(ロードノイズ等含め、個人的に我慢できる平均速度域)に比較して
このタイヤで同じ感覚で乗ったら+15kmは余分に出てしまいました



マキクリは、そのブロックパターンにこそ圧倒されてしまうけど
泥道に入ってしまうと意外にも排土性能が悪く、雪道(圧雪)もかなり弱いです

山も5部を切ると舗装のウェットでは、恐ろしく滑ります
平均ライフ1年とすると、残りの半年は雨が降るたび
ビクビクしながら走っていました(笑)


トータル的な性能面だけ見てしまうと、もはやマキクリがジオランダーを上回る要素は
ほとんどありません

マキクリは異様にカッコイイんですけど

やはり
走りには変えられませんね


by sureyamo | 2016-09-23 21:39 | JB23w | Comments(0)
2016年 08月 05日

マットフラップ

次の釣行計画もママならない中で、だらだらと仕事しています

サラリーマン生活から脱却してしまうと、悉く曜日の感覚が麻痺
時間だけが倍速で過ぎていくような感覚に、焦りさえ感じてしまいます

時は金成りと言うけど
この後に及んでですが、それを物凄く実感しています

裏を返せば、それだけ日々充実?している‥‥ということにもなるわけですけどね


勤め人生活に戻れる自信がなくなった今となっては
こういう生活をいつまでも続けていくためにも、1日1日を我武者羅に働いて行くしかありません

でもまぁ、これも自分が決めた道です
泣き言だけは言えません



釣りに行く時間的余裕がない
だけど、ちょっとした息抜き(仕事から離れる時間)は必要

そんな時に、ついつい手を出してしまうのが(自分の場合は)ジムニー弄り


この価値観を分かっていただけない方には
懲りずにまた(笑)
と言われちゃいそうですけどね
c0095801_07384413.jpg
いつもお世話になっている店長さんのところにお願いして
今回はマッドフラップを装着していただきました。

以前の四駆ブーム時には神器の一つと言われていましたが
最近、この手のジムニーにはフラップレスが当たり前になってます
(ちょっとした激しい走行で、割とすぐ外れちゃう)

一見、ダートを走らないオフローダーには無縁なパーツ‥‥と思われそうですが
雨の日の舗装路をフラップレスで走ると、その後方は噴水のごとく高い水しぶきを巻き上げます

これは後続車にとってみると、かなりな迷惑です


僕も以前から、その事にはかなり気にはしていたのですが
車体に屋号を掲げている以上、周辺車両に迷惑をかけるわけにはいきません
今回、ようやくフラップ装着に踏み切りました

仕様的にもラリー方向なので、フラップの装着は自然ですし
世に溢れたフラップレスのリフトアップJBとの差別化にも効果あるかな‥‥とも思います。

でもね、こういう仕様にすると
結構真似されて、いつの間にか近所に増えるんですよね

JB乗りって、他のJBが気になって仕方がないみたいで
それはそれで、ある意で嬉しいんですけどね



それと
c0095801_07492418.jpg
ステッカー無料配布中
まだ少し、数に余裕があります

175 Design works HP

ショッピングサイトから入ってください。
¥0ステッカーですので、カートに入れて銀行口座番号等が表示されても
当然無視していただいて結構です


送料無料でキッチリと送らさせていただきます

どうしてもお支払いしたい‥‥という方は無理にお止めしませんが(笑)
基本、お一人様一枚限りとさせていただきます

宜しくお願い致します

無料配布分は終了いたしました
たくさんのリクエストありがとうございました




by sureyamo | 2016-08-05 07:57 | JB23w | Comments(0)
2016年 07月 20日

御荷鉾スーパー林道

もう以前のように
気楽に釣りに行けなくなってしまった身

ブログの更新もままならない近況ではありますが、細々と‥‥
そして相も変わらず元気でやっております
c0095801_16521070.jpg
今回
僕の貴重な(笑)クライアント様である
千葉県の某車屋さんが開催を予定しておられる

林道ツーリングの下調べ

‥‥というのは名目で(笑)

久しぶりに地元、御荷鉾スーパー林道を縦走


そして今回

主催者様ご夫妻を従えて

真面目な下見(笑)

今週だけで、ここには二回(支線も入れると4本)来ているのですが

こんなに気持ちが良い林道はいくらでも走れます

今住んでいる町は、本当に何もない町なのですが
40分も走れば此処に来れてしまう‥‥というのが唯一のメリット(笑)
c0095801_16524061.jpg
かつては県内屈指のロングダートを誇り

“林道”の頭に

スーパー

の称号を許された御荷鉾線


今となっては未舗装で残されている区間は、正味12km程度です

僕がオフロードバイクで林道を走り回っていた頃は
まだフルコース40km超えの未舗装路面が健在であり

延々と終わらぬダートに尻が痛くなり
もーいー加減

舗装が恋しくなるほど



話は逸れますが‥‥

当時、県内の林道という林道を愛車MTX125で頻繁に走り回っていたのですが
(ミラーレス&CRサイレンサーの見た目“モトクロッサー仕様”は白バイ警官に止められて、よく怒られてました)

赤城山の某林道にて

白昼堂々、一反木綿に遭遇し、追いかけられる
という恐ろしい体験をしたのも、その頃でした
この話は誰にしても、あまり信じてもらえないのですが


ある時、暇に乗じてwebの体験談に投稿したところ
後日、噺家(その筋では有名な)の語りで紹介されていました
※you-tube動画のどこかに埋まってるはず

話がかなり歪曲されてましたけどね(ぷっ)

ネタの埋め合わせて、後日ブログで紹介してみましょうか?

そちらが本来のオリジナル

話が一人歩きして、事実と異なっていくのは
あまりに忍びないので(笑)









話を元に戻しましょう

尾根を縦走するコースは高低差が少ない硬質ダート

ついついアベレージが上がってしまいそうですが

場所によっては両路肩から外れたら最後!

▲0m垂直落下に近い場所も

普通にあります

くれぐれも調子に乗るのは禁物
c0095801_16524556.jpg
ついつい上がりがちな車速に注意しながら

木々のトンネルを抜け続けます


コースは終始穏やかであり
乗用車でも通行出来てしまう程度ですから

林道初心者にはお誂え向きですね
c0095801_16561654.jpg
c0095801_09343727.jpg
コース中盤にある、御荷鉾スーパー林道の隠れた名物?

崩落現場

谷に吸い込まれそうになり
一瞬水平感覚が失われそうになりますので注意してね。


そんなこんなで無事帰還

c0095801_16525839.jpg
前回と今回の走破で

洗車のやり甲斐テンコ盛り

なジムニーが仕上がりました

あっ、ちなみに、僕のジムにはー買ってから一度も洗車機に掛けたことがありません

常に優しい(笑)手洗いを心掛けているんです

そうすることで未然に防げるトラブルも過去に多々ありました

誰か言っていましたが

洗車が一番のメンテナンス

まさに

言い得て妙
c0095801_16525007.jpg
お金にならない余計な手間が増えた

‥‥とも言えますが


by sureyamo | 2016-07-20 17:36 | JB23w | Comments(0)
2016年 06月 23日

イメチェン


今までの釣り仕様からスピードダート仕様へ
c0095801_20580962.jpg
思い切ってイメチェンしてみました

こうしたラッピングですが、元々は自分の競技車両を安価に仕上げるため
昔から業者に頼まずDIYで(過去5台ほど)施工してきました

施工練習とお遊びを半々で兼ねているのですが

なかなかどうして

いつまでたっても‥‥何台やっても
上手く貼ることが出来ません

情けない話
いーかげん才能の無さに気付け!と思うのですが
出来なければ出来ないだけ、どうしても意地になってしまうのです

いっそのこと、本職のプロに手解きを受けて来ようかな‥‥


それでもまぁ、以前に比べれば幾らかマシ(ぷっ)

釣り場で見掛けても、まじまじ眺めないで下さいね
アラだらけ(笑)ですので


by sureyamo | 2016-06-23 17:18 | JB23w | Comments(4)
2016年 06月 09日

10年選手

たまたま顔出しに行った赤城FFの駐車場で
なかなか気合の入ったJB23を見つけちゃいました

ココまで逝っちゃってるのも(笑)
珍しいです
c0095801_18420298.jpg
ボンピン付きカーボンボンネット&カーボンエアインテーク
LEDイカリングヘッドライト

ボンネットの日焼け具合といい、各部位の使用感といい
随所に顔を出す経年のヤレ感が
なんともいい味出してます

その他、見慣れないパーツもチラホラ



丁度、お昼で上がってきたオーナーさんにお願いして
ボンネットの中も拝見させてもらいました

剥き出しのエアクリーナー
デカ(笑)!


その他
何処かで見たことのあるようなパーツは
c0095801_18344210.jpg
なんか‥‥手作りっぽい


バッテリーに断熱材が巻いてあったり、ワンポイントで塗装をしていたり‥‥と
細部を見ると芸が細かい

ここら辺は僕には真似できない芸当です(笑)

オーナーさんは結構マメなんですね
c0095801_18345073.jpg
雑誌のアンケートで当たった懸賞品なんかも随所で使われているそうで
見た目以上にお金は掛けていないんだとか

タイヤはスペーサーにて9mmモールのツライチ

ホイル内側のクリアランスも確保されているから
チェーン装着時、タイヤの干渉は回避できそうです

でも僕はスペーサーはちょっと‥‥(笑)

c0095801_18345719.jpg
社外バンパーを惜しげもなく‥‥

こういう思い切りの良さは素直に感服

c0095801_18350123.jpg
なんと

ステッカーを貼る位置が偶然にも一緒

どうもオーナーと僕のセンスは
かなり近いモノがあるみたいです(笑)



このJBは5型
今年で10年目の10万キロとのこと

でも一番驚いたのは
c0095801_18390545.jpg
このヤンチャなJB23のオーナーは

僕より24歳も年上

自分もその年になるまでJBに乗っていられるのかな
?!





by sureyamo | 2016-06-09 11:48 | JB23w | Comments(2)
2016年 05月 15日

バランス

なかなか釣りに行けてないので今回も再びジムニーネタでお茶を濁します(笑)
※でも安心してください!明後日は今季お初となる湖に行ってまいります※



さてさて

車と言うのは、なんでもかんでも馬力を上げれば良い
というものでもありません
c0095801_19151507.jpg
かくいう僕のJB23は、ご存知の通りスーパーチャージャー(遠心式)がボルトオンされております
ジムニーには元々ターボチャージャーが付いていますから、実質ダブル加給のツインチャージャーという仕様になります

この加給方式は、古くはWRCのグループB時代にデルタS4にも搭載されていましたし
僕らの世代では日産マーチRのスーパーターボですよね

僕がラリーをしていた頃も、このマーチRはバリバリに現役であり
群馬シリーズ戦で残すところ2戦。
シリーズ優勝争いしている車両に、一度だけナビで乗せられたことがあります

慣れる意味で練習走行(深夜の栗原林道)に何度か付き合わされましたが
740kg(実際にはガード類やロールケージがつくので、もう少し重たい)というペラッペラの車体に
過激に出力を求めたエンジンを無理やり乗せて、こいつを超クロスレスオのミッションで引っ張り回すのですから

それはそれは

恐ろしい

乗り物でございました、ハイ


ツインチャージャー(マーチの場合はダブルチャージと呼んでいますけど)は
そういうイメージを持たれている方が大半だと思います

となると僕のジムニーも、凄〜く速そうに思われているようですが実際は

そんなでもありません(笑)

これは僕が、最初にこの車両に初めて乗った時に感じたインプレッションから変わりません

やはりツインチャージャーという言葉から来る過度の
期待感
が、そう思わせちゃうのかな


ただノーマルのJBと比較しちゃうと、その差は歴然
今となっては、この加給器を外したJBになんて乗る気にはなりません
そのくらい仕様としての完成度は高いと感じます


残念なことに、同じ仕様のキットを装着されている方の中には燃調が取れず
泣く泣く外される方もチラホラおられるみたいです

僕の車もインジェクターの容量的にベストのモノが入手困難なので、お世辞にも理想的とは言いがたい状態ではあります
始動性に癖もあるし、たまに不整脈(笑)を起こすこともあったりします

ですから、あまり細かい性格の方には向いていないかもしれません

僕は逆に、そんな不完全ぽいっところも
割と気に入っていたりします
c0095801_19150991.jpg
ジムニー業界でも、簡単に馬力を上げるパーツとして
フルコンに始まってビッグタービンに至るまで様々なパーツが出揃っていて
ポン付けで100馬力とか出ちゃうようですね


ジムニーに搭載されているK6Aというエンジン自体が元々タフなところに持ってきて
エンジンルーム内にクリアランスが残されている点もチューニングの自由度が高いです

でもね

車体がジムニーであることを忘れてはいけません


馬力を上げれば必然的に高速域までの到達速度も早くなります
ただ直線を走っているだけなら良いんですが、普通は(地元の場合)その先にコーナーがあったりします

元々車高が高いところに持ってきて‥‥そこから更に車高を上げちゃってる僕のような車両の場合
高い速度域でのコーナーリングは
非常に危険


とにかく馬力を上げるのなら、足回りはガッチリ固めて車高はノーマルか、せいぜい2インチアップまでに止めるべきです
ブレーキ強化は必至だし、もちろんMTタイヤなんか自殺行為です

試しに一度くらいは大きなタービンに変えてみたい気もするのですが
僕のJB23では現状(恐らく85馬力ちょい)以上のパワーは
持て余しちゃいます


ちなみに僕の仕様(5インチ以上のアップ+ネガキャン+8点ロールケージ)に少し固めの足廻りも相まって、コーナーでは簡単に肩輪走行になります

車を操る醍醐味は、やっぱりコーナーワーク!
アクセルなんて誰でも踏めます

いくら直線で速くても、一か八かのコーナーリングなんて

真っ平御免

ですから



エンジンと足廻り(車高を含めた)のバランスは
とーっても重要というお話でした



by sureyamo | 2016-05-15 21:59 | JB23w | Comments(0)
2016年 05月 07日

パワーエクストリームR マグナム マフラー

2月に車検を終えたばかりですが
購入当初から、ず〜〜っと装着してきたマフラーも
いよいよ次の車検には通らない‥‥ということと

いい歳したおっさんが
いつまでも爆音撒き散らして走り回っているのも

どうか?


ということもあって

今回、マフラー交換することになりました。

今までのマフラーが音質(音量は、最初はまだ少し静かでした)もルックスも結構気に入っていたので
それに変わってわざわざ入れ替えようと思えるマフラーとなると

これがなかなか見つかりません


そんな中

トラストから先月の初めに発売されたばかりな
グレッディ エクストリームR

という新製品があることを知りました

一応webで調べてみたものの、出たばかりということもあって
レビューそのものが見つかられませんでした


でも

そこは天下のTRUST

社名通り『信じて』みることに(笑)

c0095801_21203765.jpg
堂々と、センターから突き出たマフラーは
ド迫力を通り越して、少し下品なくらい(笑)

でもね、こんなのはすぐに見慣れちゃうもの
慣れたら慣れたで、逆に物足りなくなっちゃったりするワケですから

これくらいで丁度良いのです

ヒートグラデーションは最近の流行りのようですが
オプション設定だったらいらないかな‥‥といったところではあります


音量はグッと静かになりました

まぁ、今までのマフラーが勇まし過ぎたということもあるんですけどね

静か過ぎて少し物足りないかな‥‥という危惧もあったですが
少し走っただけで、これくらいが丁度良い気がしてきました


c0095801_21204243.jpg
僕が今まで乗り継いできた車歴は、このJB23で9台目

そのうち2台を除いた全ての車両がマフラーを社外品に交換してきました
(例外の2台は、当時のJAF競技車両の規定でノーマルマフラーしか認められていませんでした)

無限、TRUST、5ZIGEN、SUZUKI SPORTS、ウルトラパフォーマンス、タニグチ、フジツボ‥‥

ただ、そのほとんどの車種でマフラーを入れたことにより

おぉっ!と言わしめるほどにパワーアップを体感できるモノ

は残念ながらありませんでした



しかし、今回のマフラーは違いました


全域で抜けが良くなっているようで
レブの上がりが明らかに早くなりました

まるで
クラッチが滑ってるんじゃないか?!
と思うほど

ハイギヤからの無理な加速も、ほとんどモタつきがなく
立ち上がりは以前より断然早くなり
キチンと速さを感じることができました

正直、マフラーでここまで変わるとは思っていませんでしたね


僕のJBはエンジンが弄ってあるんので、通常のJBの参考にはならないかも知れませんが
これは結構いいかも知れません


今日は軽井沢まで足を伸ばしてみたのですが
旧碓氷峠ではシフトダウンをサボっても、グイグイ登りきってしまいましたし
燃費も今までの中では一番良かったです
(図にとって飛ばせば、そうはいきませんけど)

このスタイルが嫌いでなければ(笑)結構オススメです



by sureyamo | 2016-05-07 22:27 | JB23w | Comments(2)
2016年 02月 28日

8点式ロールケージ

僕のJBにも、念願のケージがようやく入りました。
c0095801_21033483.jpg
当初はリア4点式だけの予定でしたが、ひょんな事から6点式を組むことになり

・・・・でも乗ってみた感想から結論を言わせてもらうとフロントも組んで正解
結果オーライ(笑)ってヤツです


組む前から判っていたことではあるのですが
シャシーの剛性感がかなり上がっていることはハンドルを切った瞬間から実感できます
サスペンションの動きもハッキリ判りますね


今回はBピラーも留め(ココを留めるのと留めないので結構違って来ますね。)していることとクロスバーを追加していることが要因だと思うのですが
過去に組んだ2台の時よりも遥かに剛性感は高いです

車はコーナーリングに適度に捩らせながら走っているモノ
何でもかんでも剛性を上げて硬くしてしまうと、結果的に『曲がりにくい』車になってしまいます

以前、ジムカーナをやっていた時、迂闊にCR-Xに7点式を組んでしまったら
競技で曲がらない車になってしまい、この車の良さを殺してしまったという苦い経験が有ります
c0095801_21040848.jpg
これはJB23にも同じことが言えますね

剛性をあげることでコーナーリング中の粘り腰は期待できなくなっちゃいますけど
限界ギリギリの挙動が察知しやすくなるし、その後の挙動も読みやすいので
僕のようなヘタッピでも早い時点で対処できます



ただ、飛ばし慣れていないJB乗りの方が安易にフルケージを組むのは
ちょっとお勧めできません

転倒から運転席を保護する目的のケージですが
実はノーマルよりは横転(転倒)するリスクは高くなるという、この矛盾(爆)
c0095801_21041009.jpg
内張りギリギリで這わせる多角的なカーブのせいでしょうか
フロントパイプが意外に視界の邪魔にならなかったですね

一般的にロールケージはスチール、クロームモリブデン、アルミとあります
重量増は致し方のない所ですが、僕はいつかジムニーがJAF公認競技として確立した時(そんな時がいつか来て欲しい)を想定して
スチールを選びました。
※ちなみに公認競技で許可されるケージはスチール以外は認められていません(だったと思いました。)


副次効果として
運転席の乗り降りがラク(ぷっ)になりました
c0095801_21040444.jpg
ネガキャンとの相乗効果ですけどコーナーリング出口でのインリフトでタイヤの空転が多発するようになってしまいました
・・・・となれば、次はいよいよLSDを入れないと駄目ってことですね

またコツコツとヘソクリ貯めないと



by sureyamo | 2016-02-28 22:47 | JB23w | Comments(0)