カテゴリ:River fishing( 312 )


2016年 05月 02日

渡良瀬合宿(2日目)

二日目の早朝まで吹き荒れた北風も
日の出と共に収まりました
c0095801_16051556.jpg
水位の方は昨日午後の放水時と変わらずでしたが、濁りも減って本来の透明度を取りも戻してきていました

されどこの釣りは

ライズありき

それが見込めるのはプール状で流速が比較的抑えられる区間
市民広場、小倉峠下か赤岩橋、上毛電鉄鉄橋前後のプールあたりが有力候補

今日も釣り人は少なくて、ポイントにはどこでも入れる感じです
c0095801_16054299.jpg
流速の関係でライズする場所は平水時よりも下流区間

ライズが岸に近づいた数少ないチャンスを見事に仕留めたのは
合宿に参加していたS君

写真はありませんが、見事に銀毛の36cm!

昨日も唯一魚を釣っていたのも彼だけだったので
僕らにはない魚を手繰り寄せる力?を持っているみたいですね


結局、その区間ではそれ以外何も起こらずで
僕だけ赤岩橋に移動、合流します


この場所に入ったゴリさんは、朝から好調に釣果を伸ばしていて‥‥
その中のライズの一つを譲ってもらいました
c0095801_16051971.jpg
c0095801_16052159.jpg
もう、手当たり次第といった感じの

雑多な内容物





その後も、続々と仲間に合流してもらって
引き続き、残りのライズに対峙してもらしました

大場所は気まぐれ

時合いを逃すと出会いの機会なんて簡単に失ってしまうものなんですが

激しいハッチに助けられ、ライズは飽きない程度に続きます
c0095801_16052521.jpg
上流部に入ったYさんとMちゃんが気になって
再び僕だけ移動

この場所には早朝から張り付かせているのだけど
こちらは全くライズ無しとのこと

放流ポイントより上流区間なので、魚影は下流ほど見込めないものの
出れば〝良い魚間違い無し〟なんですけどね
c0095801_16052976.jpg
午後になり、仕事を終えたカーティスさんも合宿に合流

一緒に相川橋上の護岸の流れで、可愛いライズに遊んでもらっているうち
ふと水位が下がっていることに気がつきました

スマフォで確認をしてみると、水位は平水値に迫る勢いで
急激に減水していることを確認

こうなったら狙いは一つ

相川橋の下!



半ば駆け足でポイントに向かうと‥‥案の定
c0095801_16053299.jpg
まずまずのサイズ、32cm
c0095801_16053518.jpg
モンカゲロウを主役としたコンプレックスハッチの中にあって

この偏食っぷり

僕の求める釣りが、このタイミングで叶った瞬間でもあったわけです




護岸に戻ってカーティスさんにこの話をすると
すぐに乗ってきてくれて(笑)

とんぼ返りでポイントまでご案内すると‥‥
c0095801_16501618.jpg
あらまぁ、なんと一撃で仕留めちゃいました!

僕的には前振り含め、もう少し楽しんでもらいたかったのですが(笑)
時間のないイブニングですから仕方ないですね

いやいや‥‥ぶっちゃけ

お見事!でした



この日は皆さん、イブまで堪能し
それなりの釣果に恵まれたようです

明日は最終日、この水位なら期待大!



by sureyamo | 2016-05-02 07:59 | River fishing | Comments(0)
2016年 05月 01日

渡良瀬合宿(1日目)

二回に渡るFLUX主催 渡良瀬川ライズツアーにことを発し
今年から恒例?となりつつある懇親釣行会
『渡良瀬合宿』

『合宿』といっても僕だけは実家泊まり(笑)なんだけど
c0095801_16050900.jpg
全国各地から集まった釣り仲間達が
ハイスーズンに突入して間もない桐生地区でどっぷりライズリングに浸って
マッチング・ザ・ハッチ三昧!



初日、天候こそ快晴だったものの
群馬、長野の県境は降雪に見舞われるという大荒れの気圧配置
吹き下ろす北風は季節外れの冷たさで
ライズを待つ我々の体温を容赦なく奪ってゆきます


この日は漁協の成魚放流日だった訳ですが
放流車が到着するまでの状況は、居残った百戦錬磨のヤマメ達が相手の‥‥

『もっとも渋い状況』

とも言えるわけです



特に今年は好調な釣果報告がWEB上を駆け巡った?せいか
有名ポイントであれば、ほぼ連日誰かしらに責められているような状況が続いていました


餌の追いの良い銀毛ヤマメといえど
元々持って生まれた学習能力を遺憾なく発揮し始めています

c0095801_16050195.jpg
ほとんどのライズは、こんな鏡状になった水面でのみ発生、確認することができます

満を持してフライを送り込もうとすると‥‥
無情な吹き下ろし風によって『鏡』自体がかき消されてしまったりと
なかなかタイミングを合わせてもらえません

こんな吹き下ろしの風向きは、フライ先行のプレゼンテーションに持ち込みやすいものの
フライが着水するまでの滞空時間にスラックが伸びきってしまうことで
一番肝心のファーストドリフトから、魚たちに全開ドラッグを披露してしまうこともしばしば

プレゼンテーションは普段より慎重にならざるえません

また、魚たちの食い損じが多いのも、こんな吹き下ろしの時が圧倒的に多いと感じます


魚にフライを食わせることを最優先に考えた場合
この風向きは、どうにも好きになれません

c0095801_16050631.jpg
普段は桂川をホームにしているM氏

こういう状況には半ば慣れっこになっている彼なのですが
浸水を許したウェーダーのおかげでイマイチ釣りに集中できない感じです

この時だけは、彼の持ち味の一つでもあるロングドリフトも精彩さを欠いていました

最終日に渡良瀬川の常連達の前で見せた会心の一撃は実に見事
彼のドリフトをリスペクトしているフライマンは事実たくさんいますし、実際僕もその一人なのですよ

彼の繰り出すライン操作は
リーダーだけ曲げる僕の小手先ドリフトなんかより、遥かに長い距離のナチュラルドリフトが可能
確かにラインのスラック量も膨大なので、それなりのリスクも伴うものだけど
魚があまりに自然にフライを咥えていくものだから、結局は相殺されてしまうのですね

僕もルースニングの際、同じようなライン操作をするのですが
これをドライフライでやる

勇気がない(笑)




今回も、アベレージで30cm以上の銀毛したヤマメ達ばかりが大量に放流されましたが

この強風のせい?か人出は意外に少なくて、我々としては肩透かしを食らった感も少々


さてさて、これからという時に
徐々に濁りが入ってきてしまい、同時に葉っぱや枝が続々と流下

どうやら上流のダムで放水があったようです

水位もみるみる上昇し、午前中にあったライズも強制終了

ここで無理に粘って気力&体力を使ってしまうのも勿体ない話でもありますから
初日は午後の早い時間で納竿となりました

翌日も似たような状況なら、入るポイントは考え直さなければいけなくなりそうです



続く


by sureyamo | 2016-05-01 22:31 | River fishing | Comments(0)
2016年 04月 26日

苦行は続く

今日のヴィラ裏は『最近イマイチ乗り切れていない?』店長とご一緒させていただきました
c0095801_18060885.jpg
チビを保育園へ送迎してからの9時現着は出遅れ感満載だけど
そこはさすが月曜日!

ガラガラ


そして相変わらず一筋縄でも二筋縄でも逝かないライズも健在

考えてみれば解禁前に放流され、ほぼ二ヶ月
その間、追加放流なしに毎日フライで攻められているヤマメ達な訳で

日本広しと言えど、こういう状況も
なかなかないんじゃないかなと思います
c0095801_18071294.jpg
そこから学べることは沢山ありそう‥‥

なんですが

それは、ある程度の免疫が出来ている人の話であり

今まで普通にフライフィッシングを嗜んで来られた方には
単なる絶望感しか残らないでしょう、きっと


でもまぁ

こんな経験をすることで
全ての釣れるライズに感謝の念(笑)さえ湧いてきてしまいます

c0095801_18071556.jpg
シャックパターン投入

もちろん釣れました

それじゃぁこれが正解!!
と言えるか?というと、僕にはYesと答えられません

反応が良いのは最初だけだし
以降、他のフライパターンが受ける仕打ちに差はありませんでした

♯26のブラックナット、♯18オリーブカラーのBFD
CDCガガンボでも

釣れるときは釣れちゃいます


こんなエクストリーム・ストリーム
(うまい!)

の行き着く先は

その瞬間のノリと勢いということ?!
c0095801_18071084.jpg
難しいのにはもう一つ訳があります
  
とにかく
流下量が半端ありません

ここではシャックですけども

膨大な流下物の流出は
マッチ・ザ・ハッチの釣りを非常に困難にさせます


例えるなら

日常的に現金を扱っている銀行員が
偽札を瞬時に見極められるのと一緒じゃないでしょーか(爆)
c0095801_06052487.jpg
ともかく

シャックパターンを持ってたら『天下を取った』なんて
思わない方が良いです(笑)

それでも無いよりはマシ

ですけど

c0095801_18094553.jpg
こんな激戦区にして

釣れてくるヤマメのコンディションには、ちょっとビックリしてしまいます
C&Rというとヒレが切れて、口元がボロボロの魚達なんて珍しくも無いんですけど
(釣れやすい魚は何度でも釣られちゃうんでしょうね)


多少はティペットの巻き傷(ヤマメはローリングしますから)は仕方が無いにしても
特に口元の傷が少ないです

そんなことから、ライズしているくせに
そうそう釣れる魚ではなかったことを伺い知ることができますね

僕に釣られちゃったのは単に
魔が差した
に違いありません
c0095801_18082837.jpg
魚が沈んだ頃合いを見計らってルースニングもしてみました

フライはストマックに入ってくるような
♯20くらいのニンフをイメージしたフェザントテールを結び

中層付近で中途半端な活性を残したヤマメ達は無視して
底ベッタリ気味に流し込んでやると‥‥


瞬間的な鋭いストライク

こういうアタリって
ニンフでも『すごくスレてる』時に多いです

やっぱり、考えることは皆さん一緒なのでしょうね(笑)



ただ、そこはニンフ

運悪く(笑)掛かる魚は皆大きかったです

中には35cmクラスも掛かりましたけど
ドライフライ用の細軸に巻いたフェザントテールは
実によくバレます
c0095801_05211452.jpg
でもご安心ください


僕達が4時で引き上げる直前に漁協さんの放流が行われました

入れたヤマメはどれも見事な体躯
(ほとんどが30cmクラスで、中には35cm〜なんていうのも‥‥)

釣れたらビックリしちゃうと思います













by sureyamo | 2016-04-26 06:27 | River fishing | Comments(0)
2016年 04月 23日

久々に‥‥

ここのところバタバタしていて渡良瀬でロッドを振るのは久しぶり
(‥‥な気がするだけで、実際は1週間ぶり)
c0095801_07150409.jpg
今日は漁協以外の成魚放流が行われたようですが

居残りヤマメを求め
プールでライズを待ってみたり、思い立ったように瀬を叩いて見たりと

あっちへフラフラ〜こっちへフラフラ

こういう行動をとる時に、良い釣りしたことありません



ここ数年、桐生地区は再び沢山のフライマンが訪れるようになってきて
現着9時なんて言うのは、下手すれば2ターンくらい攻められた後だったりします

僕的には
『早起きは三匹の得』『寝坊は750円(往復のガソリン代)の損』
てな感じ(笑)




そんな中で、ようやく見つけたライズ
二回、三回と続いて‥‥恐らくはベストタイミングな筈のドリフトでレーンにフライが通過すると

沈黙

連日叩かれている?のかどうか知りませんけど
この後に及んでフライを咥えこむほど寛大な魚は居ないようですね

ウェーダーの浸水も発覚し
今回はバシッとオデコを決めてまいりました




月曜に再戦の最強クラスのライズ対応
スペシャルなフライを準備するため、明日の釣りはお休み

‥‥実は子守なんですけど

二連凸にならないように頑張ってきます
c0095801_22322788.jpg


by sureyamo | 2016-04-23 22:51 | River fishing | Comments(0)
2016年 04月 21日

最強クラス

今までいろんなライズを釣ってきましたが

僕の知る限り‥‥
c0095801_17323564.jpg
ここヴィラ裏のライズは(今日現在で)手強さ最強クラスです


9時半くらいから正味三時間弱

終始浮きっぱなし、ライズしっぱなし
だけどこれが本当‥‥取れない



ポイントがポイントだけに連日攻め続けられているであろうことは容易に想像つくのですが
こんなヤマメの所作を見せつけられてしまうと

ヤマメって凄いな

と素直に感心してしまいます

c0095801_17340347.jpg
迂闊に水辺に近づくことも憚ります

ここまで気を遣ったところで、実際には『屁のツッパリ』にもならないと思うんですけど(笑)


羽化そのものは活発で
水辺には羽化がひと段落したラーカシアトビケラやミドリカワゲラのアダルトが蠢いていますし
周期的にハッチも起きます

その時にはライズも増えたりするんですが
フライへの反応はすこぶる悪いです

ティペットは0.2号までしか準備していなかったので、それも太刀打ちできない理由の一つかも知れません
話には聞いていたもののココまでとは想定外






最強ではなく最強クラスと記したのは
c0095801_17343575.jpg
時間内で5匹は釣れたから‥‥‥

つまり最強ではなかったということです


最強の場合は
釣ることができません(笑)

c0095801_17370450.jpg
こんなカワイイ顔してるけど‥‥
とんでもない連中(笑)

お約束なので、一応ストマックは取ってみましたが
おおよそ予想どおりの内容物

カスミのようなモノばかり

経験された方は、このストマックを見ただけで
察していただけるモノかと‥‥

c0095801_17341328.jpg
結構エグい?フライ使ってるでしょ

コレでも出会い頭の交通事故。1回しか通用しませんでした
c0095801_18221796.jpg
シャックとかピューパとかに目が行きがちで
恐らくは、そんなパターンで

最初は釣られちゃってる


‥‥んだと思います


『水面直下のぶら下がりパターン』なんて、真っ先にスルーというか最初から見向きもしません

ここら辺のフライが【決め手】なフライマンは、軽く目眩を感じるσ(^_^;)事でありましょう。

♯22でしたが、オーストリッチだけで巻いたフェザントテール風ニンフにフロータントを浸透させ
水面膜にギリギリ張り付かせて魚の鼻先に流し込むサイトフィッシング

そういう釣りでも、ようやく1匹って感じだし‥‥
それ以降は、もう効かず



結局一番反応が良かったのは実は
c0095801_17340802.jpg
こんなハックルパターンでした
(みんな使わないから?)

こういう状況では『アタリフライ』というのは
もはや存在しないのかも知れませんね





そして‥‥またここでも
c0095801_17343030.jpg
魚の口腔から出てきたフックはバーブ付き

この区間のヤマメは持ち帰れないんだから
バーブ付ける意味がわかりません


何度も言いますけど

バーブが付いていることなんて誰もわからないだろう

なんて思ってるかも知れませんが

バーブレスフックはランディングネットにインした段階で
そのほとんどが自然に外れちゃうことが多いんです
(飲まれちゃうとバーブレスでも外しにくいことは稀にあります。飲まれたら潔く切りましょうね)


バーブドフックは針を外すのに多少なりとも手間取るから、結構周りは気付いちゃうもんなんです
このフック外すのも結構大変でしたから、もしかして僕も疑われちゃったかな?
σ(^_^;)


バーブレスフックに関して

by sureyamo | 2016-04-21 18:46 | River fishing | Comments(0)
2016年 04月 16日

一期二会?

放流から1週間が過ぎ
c0095801_21285515.jpg
豊富なハッチに恵まれて
魚たちのライズも安定感を増してきた気がしますね

気がつけばエラブタマダラカゲロウも出現していました

本来ならこの虫の絡む羽化は大の苦手なんですが
いまこの流れを席巻している大半の銀毛ヤマメ達なら、以前みたく悩まされることもないでしょうね




今日は所用で川に立てたのは午後を少し回った頃

すでに入るポイントなどないだろう、との予想通り、覗いた先の橋の下には既に4人のフライマンの姿

しかし

左岸の二名は知り合いでした(笑)

彼らの射程圏内でライズも始まり‥‥

最初は余裕で遠巻きに見ていたのですが、ウズウズしてきちゃいました。
c0095801_21332788.jpg
c0095801_21331563.jpg
c0095801_21323591.jpg
中途半端な時間の割には羽化があったようで
ライズ自体は不定期ながらも、一度始まるとポコポコ続きます

ちょうど右岸が空いたので、そこに入らせていただき

たまたま流芯で始まったライズにCDCダンを流し込むと‥‥
c0095801_21343598.jpg
フライを綺麗に攫ってくれました


ストマックは
c0095801_21482823.jpg
バラバラ(笑)
ちなみに画像上のフライは僕のフライではなくて、魚の口腔に刺さっていた

誰かさんのCDCダンです
(今回はキチンとバーブレスフックでした)

一応これもストマックになるのかな(笑)

魚の口腔内には、他にも何箇所かフックが刺さった形跡が見受けられました。




その後

ヒラキで起こったライズも取ったのですが、先日仲間が釣った魚と似たようなサイズ

寄せながらじっくり観察して

あれれ、この魚には見覚えが‥‥

なんて思ったら

バレちゃいました


えぇ間違いなく、あの36cmでございました(笑)
もう少し成長させてから…と思っていたんですけど
今回お手付きしちゃいましたね。σ(^_^;)


今年のお魚は、なかなか良い仕事してくれてます


by sureyamo | 2016-04-16 22:03 | River fishing | Comments(0)
2016年 04月 12日

サイズを超えて‥

20cmほどでしょうか
c0095801_19154728.jpg
胸ビレも欠損して、背中も傷んでしまったヤマメなのですが

この一匹を釣り上げるまでの過程には、なかなか感慨深いモノがありました




ライズを求めて入った下流の一般区

先に入っていた年配フライマンのお話では
ライズはあるけどサイズは小さい‥‥とのこと

その割にマーカーをつけてやられていたので

???

と、思ったのですが

その理由は、その場所を譲っていただいて直ぐ判明


そう

あの‥‥魚の背びれが微かに水面を割るだけ‥‥という
忌まわしい水面直下のライズ

タイミング的にフタバコカゲロウのソレと察しました

まぁ、ほぼ毎日来てますからσ(^_^;)



一応、フライセレクトは可能性のある羽化からの消去法
ユスリカ、ブユを暗示する水面直下のパターンを流して見るも

全く無視

それでは、直近で実績のあるガガンボのピューパ辺りで反応を見ると

若干反応があるも‥‥
頻繁にUターンと核心ではない様子


改めてフタバのイマージャーしかないかな‥‥ということで
♯20を結び
自信たっぷりにライズに流し込んでみると、案の定ものすごい高反応!



でもですね

すっぽ抜けてばかりで全然フッキングしないのですよ

たまにフッキングはするんですが『あっ』という間にバレてしまう



どうも
フライが浮いてるとダメみたいf^_^;)


実は、たまたま沈んじゃったフライで
偶然釣れたのが‥‥このヤマメちゃんなのです

c0095801_19155987.jpg
内容物は結構色々入ってます

ユスリカ、ブユ、コカゲロウ(終齢ニンフ)(スピナー)ラーカシアトビケラ‥‥etc
スピナーは朝に食われたものじゃないかな

直近の捕食物は
やっぱりフタバコカゲロウなのでしょうね

因みにガガンボなんて、ビタ一文入ってませんから
面白いモンですね


流れてくる虫を寛大に受け入れてくれる
銀毛した尺ヤマメのライズばかり追いかけてしまってますけど

やはり、こういう釣りこそ

渡良瀬川本来のマッチング・ザ・ハッチ

なんでしょうね



一匹の重さを、こんな可愛いヤマメちゃんに改めて教わりました




by sureyamo | 2016-04-12 20:32 | River fishing | Comments(0)
2016年 04月 10日

Rise fishing day


東京と福島の釣り仲間達との渡良瀬釣行二日目の朝を迎えました
c0095801_18003662.jpg
いつも入り少し早めの現着

目指す場所は放流ポイントでないことから釣り人の姿は僕以外なし
昨日のイブニングで

敢えて追い詰めず

に残しておいたライズの回収が今日の特命
(一人抜け駆け)

な〜んて考えていたんですけど



昨日の放流ポイントは満員御礼状態

重役出社の出遅れ組はすでに

入る余地なし

行き場を失った
台風カレーさんはじめ、御一行様+αな方々を受け入れて(笑)
c0095801_18042719.jpg
僕の秘密の花園(爆)はご覧の通りの大盛況♪

でも気心の知れた仲間達ですからね
楽しくないわけがありません


散発ながら朝からライズに恵まれました

日和も実に穏やかで
桐生特有の『風』に悩まされることもほとんどなく

ハッチもダラダラとメリハリがなかったことが功を奏したようで

仲間たちと交替で
じっくりライズと対峙することが叶った結果

全員が好釣果を得ることができました
c0095801_18034878.jpg
放流直後のストマックデータなんてものは、魚たちの偏食性を語るに至るモノではないんですが

リアルな流下実態を知るだけでも、次のフライの選択肢はグンと絞り込めるというものです

また毎日川に立つことが叶う方にとっては

貴重な予測データでもあります

どう活用するかは自分次第

c0095801_15011311.jpg
c0095801_15021826.jpg
今日のハイライトは、台風カレーさんの取った36cm!

昨日散々いたぶられた
難所のレーンで取られたライズだけに

個人的に
凄い&ちょっと恨めしい一匹
でもありますが

まぁ、あと1cmくらい成長した頃合いを見計らって
今度は僕が釣ってやりますから(爆)

c0095801_18053246.jpg
遠方からお越しのフライマンも、次々と尺ヤマメを仕留めていきます

見ているコッチも気持ちいい

今夜は良い夢みちゃうかな(笑)

こういう機会がキッカケで、渡良瀬川に魅了されるフライマンが増えることは
何より嬉しいこと


来年は年鑑札買って、たくさん通ってね


by sureyamo | 2016-04-10 20:35 | River fishing | Comments(2)
2016年 04月 10日

CHARGE!

渡良瀬川桐生地区において
管轄漁協である両毛漁協による今季、3回目となる成魚放流が行われました
c0095801_18063297.jpg
平均サイズにして30cm前後の銀毛したヤマメが引き続き投入され
場所によっては、直後から間を置かずしてフライを追っていましたね

午後になって羽化の中弛みな時間帯でも
水面を叩いていれば、タイミング次第でドライでも充分な釣りになりましたし

夕刻迫る水面では、流れの彼方此方に
ライズリングが描かれていました

イブニングをやらなくなって久しい僕ですが
ついつい薄暗くなるまで夢中にライズを追ってしまいました


ただ一つ気になることもありました

それはこの魚

c0095801_18025425.jpg
僕がC&Rセクション半ばの深瀬の流芯をブラインドで叩いて出した29cm

写真をよく見てもらうと解るのですけど
僕のフライのティペットの他に、後方に向かって伸びるもう1本ティペットが見えるのわかりますでしょうか?

実はこれ、背びれの付け根に刺さった、僕以外のフライに付いていたティペットなのです

つまり

僕が釣る直前に、恐らく誰かが流したフライが
スレ掛かり&ラインブレイクしたのでありましょう

このフライは♯26?のミッジピューパ

(ここら辺のサイズを使うあたり、まぁ間違いなく事情通です)

だったのですが

実は使用されていたフックがしっかり

バーブ付き



十中八九、この場にいたフライマンの誰かの仕掛けなんでしょうけど
この区間では当然のことながらバーブは禁止

当事者は概ね使っていても

バレやしないだろう

(ダブルミーニング)


ってトコロなのでしょうけどね


フックサイズと不釣り合いなティペット径
さらには視認性が乏しく、浮かせて使うには実用的でないフライを見れば
当日、そういう釣り方流し方をされていた方なんて、そう多くはありません

案外察しがついてしまうものなんですよ


僕なんかに指摘される前に(笑)
キチンとバーブレス使ってくださいね



by sureyamo | 2016-04-10 18:05 | River fishing | Comments(0)
2016年 04月 04日

絶好のライズ日和にしては…

既にご存知の方も多いと思いますけど
ここ数日の渡良瀬川桐生地区は全般的に良くありません。

こんな天気なら10時頃からボコボコライズしていても良いようなモノなんですが
魚、居なくなっちゃったのかな?と心配になる位

何もありません

c0095801_21515315.jpg

今日はダメかなぁ、と諦めかけた矢先
お昼のサイレン

ソレを待ってか?ポツポツとライズがはじまりました

下流から上流へ、常に移動しながらのライズは厄介


下流に向けてU字型落とし
メンディングをかけると同時に、そのU字を解いて
そこからティップを一旦水面まで下げて
ダウンで可能な限りフリッピング

ライズに向かってフライから一直線に流し込むような配置で
先読みしたライズに偏差で送り込む‥‥

それでも

フライが悪いのか、微妙にドラッグが悪さをしているのかわかりませんけど
なかなか水面のフライは相手にされません



結果的には、なんとか一つは取れたものの
(写真を撮ろうとしたら、マクロレンズを装着してきちゃった)

さらに少なくなったライズは
既に僕の手に負える代物ではなくなっておりました

正味一時間くらいの釣りなので
条件に恵まれないと、かなり厳しい





by sureyamo | 2016-04-04 22:08 | River fishing | Comments(0)