カテゴリ:and others( 103 )


2017年 03月 15日

一反木綿の話

釣りの話ばかりですけど
今回は少しばかり脱線してみたいと思います。
c0095801_16481881.jpg
幽霊を見た

この手のお話は、割と頻繁に耳にしますけど

妖怪みた

という話は、あまり聞きませんよね



今回は
少し前の記事で、ちょっとだけお話しした

一反木綿

のお話をキチンと(笑)してみたいと思います

もちろん、これは作り話なんかではなくて
自分自身の実体験です

信じるか信じないかは、皆さんの自由ですけど‥‥ね


さて

この話をするには、33年ほど時を遡らなければなりません

当時の僕は19歳
釣りも大好きでしたが、それと同じくらいバイクに夢中でした

400ccのロードスポーツの他に、125ccのトレール(MTX125)を所有していて
その時の気分に応じて、ある時は峠のワインディング‥‥
またある時は林道ツーリングと、時間の許す限り年中県内の山々を走り回る日々


そんなある晴れた日の日曜日、赤城山のとある林道の起点に居ました

その林道は、鍵付きゲートでいつも閉鎖されていたのだけれど、横倒しにしてバーの下をくぐすことができるバイクには、全く無意味
当時から伐採作業の軽トラックがたまに乗り入れているくらいで、すれ違うバイクも皆無

いつ行っても楽しく走ることができる、お気に入りな林道の一つでした
その日も適度にテールを振り出しながら、快調に標高を重ねて走っていました


そんなコースの中、いくつか支線があります
この林道を走るたびに、必ず数本の『支線巡り』というのはお約束

この日は、そのうちの未走破の支線に突入してみました


支線の割には道幅もあって、轍の後が残りにくいぐらいシッカリ締まった
砂利道のフラットダートが尾根の谷間に奥に向かって伸びています

細く長い幹の木々で囲まれた林間コースは、広く明るい印象で
自ずとペースは上がっていきます

そのせいもあるのでしょうけど、割とあっけなく終点に到着してしまいました
正確には、終点といっても道がないわけではなくて
そこからはトレールというよりはトライアル車でないと難しそうな獣道といった感じ

そこでバイクの向きを変えて、本線に戻ることにしました

つい今さっき、自分が走ってきた痕跡を確かめるように
再びペースを上げ始めた時に‥‥ふと、何とも言い知れぬ違和感を感じました


それが何なのか、最初は全くわからなかったのですが
何げなく見上げた上空に、その違和感の元凶があったのです

自分の真上、そうだいたい5mくらいのところに
真っ白い帯
がたなびいていたのです

それは自分の進行方向から、前方にむかって林道に沿うように‥‥です

改めてバックミラーを覗いたみたら
その物体は、自分の走ってきた後方にも長く伸びています

同時に、その帯は樹木の繁げる葉よりも低い位置に存在していることまでシッカリと確認できました


もちろん、来る時にはそんな物体はありませんでしたから
その異変には、意識より先に体が反応していて

すでにアクセル全開

本線の分岐までは数分も掛からなかったと思います


本線に出たところで、一旦後ろを振り返ってみたのですが
その時には、そんな白い帯などどこにも見当たりません

普通なら、そこで怖くなって再び走り出ししてまうのでしょうけど‥‥

時間を置かずに、再び戻ってみることにしました
怖いというより好奇心の方が上回っていたのですね

つい、今しがた全開で走り抜けてきた道を
ゆっくり確認しながら(恐る恐る)往復してみたのですが‥‥
やはり、そんな物体はどこにも存在しませんでした

一体あれが何だったのか、未だにわからないのですが
似たようなモノを目撃した、という話はポロポロと聞かれます



イメージ的には『一反木綿』が一番近いので、自分の中では便宜上そういうことにしてあります(笑)

世の中には不可思議なものが確かに存在するようですね



ちなみに冒頭の写真は、その本線の一部です




by sureyamo | 2017-03-15 18:00 | and others | Comments(0)
2017年 02月 18日

久しぶりのAFF

c0095801_11342859.jpg
『赤城フィッシングフィールドが面白いように釣れている』

そんな話を聞いて、モノは試しとチャレンジして来たのですが‥‥

噂通りでした(笑)



時間帯次第ではドライフライが面白そうですが、この時は大したライズ量ではなかった為
マーカーを使用したニンフフィング

ワンキャスト・ワンフィッシュ‥‥とまでは流石に行かないまでも
投げれば必ずアタリはあります


面白いのは、マーカーが消し込むような『お手本』のようなアタリでも
なかなかフッキングしないこと

そんなストライクを2〜3回見送ると
いつの間にかフッキングしている

‥‥という具合で、なんとも微妙な戦術(?)が、結果的には一番良かったようです

変に勘ぐったり、意図的な誘いを入れると
確かにそれでも掛かるのですが、バラシも多いようです


この手の『消し込むけど乗らない』アタリというのは
フライを相当意識している割には、すぐには口を使わないような魚が
フライの周辺をジャレつくように泳ぎ回る際に、魚体の一部がティペットなりに触ってしまったり‥‥
はたまた、フライより先にショットを咥えている時など多いんですが、魚が見えてない以上、決定的な打開策というのも見つかりません

それでも、ものの15分ほどで7〜8匹は掛かってくれますからね
小難しいことは置いといて、楽しめばよし!


c0095801_11343296.jpg
午後はジムニーのお店で、店長オススメの
NEWパーツを装着してきました

この手のパーツ、ましてや価格も価格(10,000円程度)ということもあって
個人的にはあまり期待はしていなかったのですが

あらあら、装着してビックリ!


さすがに『おぉ!』

‥‥というほどではないのですが(笑)
『おっ?!』くらいは体感できます

詳細については興味のある方(ジムニーオーナーの方を含め)に個々で調べていただくとして割愛

基本的にブーストの立ち上がりが早くなるようなパーツですから、体感はしやすいと思います


付けるだけでブースト圧も多少上がるようですが、僕の車の場合はサブコンやらナニガシやらが何かと色々付いている(笑)ので
正直なところ、体感できる効果があるかどうか怪しいところではありましたが
そんな不安は払拭

しっかりパワーアップが体感できました


つける前と後で『なんとなく違うかな』ってレベルでは、10分も走っていると、正直どっちがどっちか
わからなくなってしまうのが、ほとんどですが

装着後、40km近く走った現在でも、しっかり体感が続いています
10,000円ちょいの出費でコレだけ効果が体感できるパーツというのも、なかなか無いので
結構オススメできると思います。

ちなみにブーストですが、自分の車の場合のマックスブーストは、装着前の1.27kpa→1.32kpa
そこに到達するまでの時間も速くなっています

一般道で多用する3000〜4500rpm付近のトルクが急激に盛り上がるフィーリングで
乗っていて楽しいですね


ただし、コーナーリング中に不用意にアクセルを踏み込むと、以前より簡単にホイルスピン(タイヤは7.00なんですけど)を始めるので
そこは要注意です






































c0095801_11343296.jpg


by sureyamo | 2017-02-18 17:23 | and others | Comments(0)
2017年 01月 21日

新刊

c0095801_22245015.jpg
フライロッダーズ2017年『春号』が本日、発刊となりました

僭越ではございますが
本号36頁から75頁までの特集企画を
僕を含めた三名のフライマンで解説させて頂いております

この手の専門誌というのは
幅広い読者層のレベルに合わせることで

暗黙のうちに

『毒にも薬にもならない』

三文記事になってしまうものです

(そんなだから結局、みんな読まなくなっちゃうわけですが)


今回の特集に関しても
通常であれば『食傷気味』な企画になるはずなのですが
集められたメンツが、そもそもマニアック(笑)ということもあり

編集部的にも、今回は最初から
普段、僕ら同志が交わしている会話そのまんまで行こう!
という腹づもりだったようです

邪の道は蛇


『蛇』でないと理解してもらえないくらい
コアな内容でも良かったようです

まぁ、どこまで本気かはわかりませんけど‥‥



三人三様、意見が一致するところもあれば、バッサリ別れる部分もあり

今までの『右へならえ』的な記事に食傷気味の読者に置かれては
かなり新鮮ではないかと思います

そういう意味では、今回の記事は

『毒』

にはなれたかな



猛毒、口に甘し

これが体現できたら
執筆者冥利に尽きますね














by sureyamo | 2017-01-21 23:50 | and others | Comments(0)
2016年 12月 31日

釣り納め

今年も残すところ、今日までですね
一年が、こんなに短く感じた年はありませんでした

30年勤め上げた会社を辞め
独立開業

厳しいと知りつつも‥‥
それでも今まで携わり続けた、この業界の荒波に
単身で漕ぎ出してしまいました

軌道に乗せることばかりに躍起になり
ほとんど休まず、仕事のことばかり考えてきたわけですが
世の中、そんなに甘くはありませんね

それでもたくさんの方々のご支援を頂戴し
なんとか年の瀬まで来ることが出来ましたこと

感謝の念が尽きることはございません



サラリーマンだった頃には出来なかったこと
ヤリたいことは山ほどあります
(お金はありませんが)

生活は大変ですが(笑)

いつ燃え尽きても後悔ないくらい
日々充実だけはしています

これは、サラリーマン生活では一度も感じたことのない感覚ですね


今年も間隙を縫って、釣りには何度か行かせてもらっておりましたが
先日、〆釣行の上野村冬季釣り場で
起業後、ようやく心の奥から楽しむことが出来ました
c0095801_20154612.jpg
もう少しお仕事が安定するまで‥‥ということで
実は今月から地元の人気温泉で、早朝清掃のバイトを始めました

ほぼ毎朝3時起き
最初は大変でしたが、慣れちゃえば、どうってことありません

体を動かす仕事なので健康的ですし
その上お金まで貰えちゃう(笑)

そんな安易な気持ち
でやっています

デザインのお仕事は
その後でしっかりやらせて頂いてもらっていますので、どうぞご安心ください(笑)

こんな経験も今後の仕事の糧にしちゃいますからね!



そんなワケでプチッと近況報告などさせて頂きましたが
皆様、健康にはご注意ください

また来年も引き続き
Down & across


宜しくお願い致します!


























by sureyamo | 2016-12-31 18:15 | and others | Comments(2)
2016年 09月 30日

高活性

隣県のフィールドも
明日から大半は禁漁期に突入です
c0095801_17563634.jpg
その前に、どこかに足を伸ばして‥‥と考えていたのですが
月末は何かと忙しいです


それでもどこかで
半日でも良いからロッドを出したい!

悩んだ末(実際はそんなに悩んでないけど)

赤久縄


にきてしまいました

金曜日ということもあってガラガラかな‥‥
なんてタカをくくっていたら

駐車場には16台(笑)

最近、平日でも釣り人が多いですね

c0095801_17564213.jpg
台風の影響でかなり埋まってしまった感もありますが
水色はすでにクリアを取り戻しています

最下流区間の砂防堰堤プールでは
ニジマスをはじめ、たくさんのベイトたちの波紋が広がっています

ユスリカがたくさん羽化しているのでありましょう


もともとユスリカのスーパーハッチは、春先よりも秋口の方がメインですからね

これからの季節は、これらを意識したパターンが必要不可欠になってきます

c0095801_17564593.jpg
流れ込みでは
大小入り混じったたくさんの魚影が、ソワソワしながら泳いでいます

朝のうちは、気持ち活性が低かったようで
ソフトハックルをリトリーブしても、反応は今ひとつ


着水音で誘って、スローなフォール中に食わせる‥‥みたいな‥‥
ドライフライと似たような釣り方がツボにハマって絶好調💜

時間の経過とともに
群が若干散ったかな?

くらいの頃合いから、スローリトリーブの釣りで効果が出てきて
そこからは、ほぼ入れ食い

c0095801_17564896.jpg
マラブーで沈めた方が型は良いのだけど

後半(と言ってもお昼頃)は
小型のソフトハックルの方にも良型が反応し始めます

ハコスチが5匹ほど混じりますが‥‥
自ずと長引くファイトに
バラし率100%

c0095801_17565115.jpg
でもね、楽しかったから今回は

別に良し!

とします(笑)





by sureyamo | 2016-09-30 18:24 | and others | Comments(0)
2016年 07月 31日

80万アクセスミレニアムステッカープレゼント

c0095801_08332585.jpg
Down & across

80万アクセスを記念したミレニアムグッズを考えていたのですが
グダグダしているうちに84万に成ってしまいました

かといって90万アクセスまで待っていたのでは
これまた何時になるかわかりません

というわけで
凄く遅れちゃったとは言え、一応80万の節目ですので(笑)




80万!というとちょっと凄そうですけど
ブログを初めてカレコレ10年近くになる訳で
チリも積もればナントカ

‥‥と言いながらも、日々200件以上のアクセスを頂戴している計算になります

チープで稚拙な内容に、うすら罪悪感すら覚えてしまいますが(爆)

これは本当にありがたいことです

そんな感謝の気持ちを込めて
閲覧者の皆様にオリジナルステッカーを
プレゼント
させていただきたいと思います



応募方法ですが
僕の立ち上げているHP
に記載されている申し込みフォームを利用して
送り先のご住所をご記入ください

なにぶん数に限りがございますので、お一人様1枚とさせていただきます

今回ご案内している初回ロット分に関しては無料で配布
基本的になくなり次第終了です

ただし、製作枚数を超える応募となった場合には再製作いたします
その際には、大変申し訳ないのですが有料とさせてください

販売価格は1枚400円(税込)送料込み

複数枚購入したい!という奇特な方は、こちらをご利用ください
ありえないと思うのですけどね(笑)



ステッカーの仕様ですが
サイズ:H 47×W 138
(デカ過ぎず小さ過ぎずの微妙なサイズでしょ?)

素材は白塩ビのツヤ有りラミネート加工
角丸ハーフカットですので、四隅の角から極力剥がれにくくなっています

もちろん屋外用耐候仕様ですので、車に貼っていただいても大丈夫(なはず)ですが
温度の高くなる夏場の車内(特に最近は異常)では
塩化ビニールという素材の特性で、どうしてもテロテロになってしまいますのでご注意ください

発送は再来週明けから随時行いますので
ふるってご応募ください





by sureyamo | 2016-07-31 09:16 | and others | Comments(0)
2016年 07月 30日

久しぶりの取材

続くときは続くもの
c0095801_21565595.jpg
今週は週末を待たずに、再びロッドを握って来ました

それも久しぶりの取材

最後のソレから、かれこれ1年半ぶりくらいでしょうか?

でもね

もう僕なんて出涸らしもイイところ
いくら絞ったところで(出るのは加齢臭くらい)ロクなモンは出ませんよ


身体の彼方此方にガタが出始めて、無理が利かないお年頃でございますから

これからは、どんどん新しい方に頑張っていただいて
この素晴らしいフライフィッシングの世界を、さらに多くの方たちに広め
深めて行ってもらいたいものです



この日、関東では梅雨明け宣言が出されたのですが‥‥

なんとも微妙な天気

もちろん、今回の釣行記の詳細を書く訳には行きませんので
それは是非、秋に発刊予定の『Fly Rodders』を立ち読みじゃなくて(笑)買って頂いて
読んでいただければ‥‥と思います


by sureyamo | 2016-07-30 22:13 | and others | Comments(0)
2016年 03月 24日

渡良瀬回顧録

自分の持っている資料で
c0095801_23084335.jpg
昔の渡良瀬川をご紹介できるような写真がないのがもどかしいです

面倒臭がらずに写真を撮っておけばよかったと
後悔しても始まりませんね


1999年 No65
FLY FISHER

これを見ると
今から17年前の渡良瀬川の様子を少しだけ伺い知ることができます


扉の見開き写真は、今で言うところの市民広場手前側の分流
当時はこの水量を誇る立派な本流筋でした

まだ対岸が伐採される前の、林が健在だった頃で自然に囲まれた癒しの空間でもありました

対岸に張り出したネコヤナギの下に、いつも良いヤマメが付いていましたよね



一番変わったのは『団地裏』ですね
c0095801_23085400.jpg
当時、対岸に渡るには渡河ルートは2本しかなくて
それもいま考えると結構危険な行為だったかもしれません

ここで禊(沈)を済ませた方も多かったんじゃないでしょうか
※ちなみに僕は三度泳ぎました※


なんとか対岸に渡ったところで川底はヌルで覆われた大石が点在していて
ライズに近づくこと自体、容易ではありませんでした

大きな底石がゴロゴロ配置された上に流厚たっぷりの渡良瀬本流のヨレ筋
圧倒的にヤマメ優勢の
まさに渡良瀬屈指の高い難易度を誇るポイントでした


僕も団地裏にドハマリしていた頃は
出勤前に毎日団地裏に通っていたものです


残念ながら、ここ数年の団地裏は
当時の面影など微塵もなくなってしまいました

浅くなり誰でも簡単にアプローチできるようになってしまったことで
過度にスプーキーになりすぎた魚達の気まぐれに、終日振り回されるような釣り
魚が警戒し過ぎて、本物の虫さえ鼻先で突いて帰るほど

以前の『団地裏』とは、また違った難しさであり
その面白さを否定こそしませんが

僕が想いを馳せるマッチ・ザ・ハッチゲームとは
似て非ざるモノ

足が遠のいてしまうのも当然の成り行きです


今考えると『団地裏』の呪縛から解かれることで
その場所以外で、生涯忘れられないであろうヤマメ達と出会うキッカケになったわけですけどね
c0095801_23084983.jpg
…それにしても…

ムートンのフライパッチといい、鼈甲フレームの偏光レンズといい、時代を感じさせます(爆)

ランディングネットは舶来品の樹脂製クイックリリーサーを使っていたのですが
この方法で留めている人は殆ど見掛けませんでした

当時はチェーンリールが主流でしたが
藪漕ぎでバックドロップを何度か食らってから、怖くて使わなくなりました

マグネットリリーサーが各種販売されるようになったのは、もう少し後の事ですね


当時、このパンパンのベストの中にフライボックス11個を常に持ち歩いていましたね
ご苦労なことです


悲しいかな
釣りの腕前だけは当時から進歩していません(ぷっ)
c0095801_07171739.jpg
その翌年

2000年春に発行のFLY FISHER誌では里見さんと一緒に取材させていただきました

見開きフルカラー14Pというボリュームは
渡良瀬川の注目度を暗に語っていたと思います


取材したポイントも前回の記事と近かったのですが、全く別場所のようになっています

これは大水によって中州の木が流出しないよう河川敷の大規模な伐採が行われた後

これにより中州は砂漠化し、川底も砂地化してしまいました
これが原因かどうかは判りませんが、このあたりからモンカゲロウの羽化が凄く多くなった気がします
c0095801_07172137.jpg
お互い若いです(笑)
c0095801_07172316.jpg
ここも市民広場の分流
まるで採石場で釣ってるみたいです(笑)
c0095801_07171328.jpg
放流されているヤマメも
この時はまだ神山水産ではありませんでしたね(笑)
c0095801_07170754.jpg
毛針釣り禁止の告知の張り紙に
『フライ・テンカラを除く』の文言が追加されたことは
何より画期的
でしたね。

以前は、鮎が放流された後にフライなんかやっていようものなら
餌釣り師(恐らく鮎釣りもやる)に怒鳴られていたものです

今では信じられないかも知れませんけど
そんな時代でした






by sureyamo | 2016-03-24 22:34 | and others | Comments(5)
2016年 02月 07日

安心してください、生きてますよ(笑)

みなさま ご無沙汰しております

私事ではありますが、先日無事に第二子が誕生いたしました

50年近く生きてきて、恐らく最も慌ただしい一ヶ月だったのではないでしょうか
いや、それは今現在もシッカリ進行中ではあるのですが
現状から逸脱の目処が立ちそうなので今回は思い切ってブログを更新しています

今回の出産も前回同様定体重児での出産となり
またまたNICUのお世話になるわけですが

第一子の時よりは体重もシッカリあって
非常に元気です

元気に育ってくれれば
親としてこれを超える悦びありませんね

それにしても、この年にして新生児の面倒を見るのは
身体的にかなり厳しいものがあります

少なからず、あと20年は
川で溺れ死ぬわけにはいきませんね(爆)
c0095801_08122673.jpg
あっ、ちなみに今回も男の子です
名前はまだ決めていません

第一子の命名の時、亡父が
『鱒男』が良いとか
ほとんど暴言としか思えないこと言ってたのを思い出しましたけどね

今回はどうしましょう




c0095801_08342343.jpg
今月に車検を迎える我が家の釣り車を
昨日は洗車してあげました

結構マメに洗車する方だと思うのですが
今年はこんな調子で洗う暇がなくて


シッカリとワックスまでかけてあげたら
昨晩は霙が降りました(泣)


しばらく現状維持で乗っていましたが
今回の車検を機にフロントのキャンバーを2度付け
さらにロールケージを追加する予定です
(愛車にケージを組むのは3台目なので、あまり新鮮味はありませんけど)

当然6点式フルケージも考えたのですが
運転席が狭くなるのが嫌なのと、さらなる重量増を懸念
主要な目的はリア側の剛性を上げたいだけなので、今回はリアのみ4点式で様子見です

車はトータルバランスなので、なんでもかんでも付ければ良いってわけではありません
少しづつ様子を見ながらセッティングを楽しむ…っていうのも有りだと考えます


本格的な競技車両にするとかクロカン仕様にするワケでもないので
まぁ、そうしたい時はその時はまた考えます


とはいえ、この車もようやく60000km超え
(なるべく乗らないようにしているんですけど…)

各機関部のメンテ&交換も、随時考慮しなくてはならない頃合いを迎えます




by sureyamo | 2016-02-07 09:08 | and others | Comments(6)
2016年 01月 02日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます

c0095801_15475831.jpg
今年も皆様にとって
ご多幸の一年でありますように・・・・・


by sureyamo | 2016-01-02 15:51 | and others | Comments(0)