Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:and others( 106 )


2016年 03月 24日

渡良瀬回顧録

自分の持っている資料で
c0095801_23084335.jpg
昔の渡良瀬川をご紹介できるような写真がないのがもどかしいです

面倒臭がらずに写真を撮っておけばよかったと
後悔しても始まりませんね


1999年 No65
FLY FISHER

これを見ると
今から17年前の渡良瀬川の様子を少しだけ伺い知ることができます


扉の見開き写真は、今で言うところの市民広場手前側の分流
当時はこの水量を誇る立派な本流筋でした

まだ対岸が伐採される前の、林が健在だった頃で自然に囲まれた癒しの空間でもありました

対岸に張り出したネコヤナギの下に、いつも良いヤマメが付いていましたよね



一番変わったのは『団地裏』ですね
c0095801_23085400.jpg
当時、対岸に渡るには渡河ルートは2本しかなくて
それもいま考えると結構危険な行為だったかもしれません

ここで禊(沈)を済ませた方も多かったんじゃないでしょうか
※ちなみに僕は三度泳ぎました※


なんとか対岸に渡ったところで川底はヌルで覆われた大石が点在していて
ライズに近づくこと自体、容易ではありませんでした

大きな底石がゴロゴロ配置された上に流厚たっぷりの渡良瀬本流のヨレ筋
圧倒的にヤマメ優勢の
まさに渡良瀬屈指の高い難易度を誇るポイントでした


僕も団地裏にドハマリしていた頃は
出勤前に毎日団地裏に通っていたものです


残念ながら、ここ数年の団地裏は
当時の面影など微塵もなくなってしまいました

浅くなり誰でも簡単にアプローチできるようになってしまったことで
過度にスプーキーになりすぎた魚達の気まぐれに、終日振り回されるような釣り
魚が警戒し過ぎて、本物の虫さえ鼻先で突いて帰るほど

以前の『団地裏』とは、また違った難しさであり
その面白さを否定こそしませんが

僕が想いを馳せるマッチ・ザ・ハッチゲームとは
似て非ざるモノ

足が遠のいてしまうのも当然の成り行きです


今考えると『団地裏』の呪縛から解かれることで
その場所以外で、生涯忘れられないであろうヤマメ達と出会うキッカケになったわけですけどね
c0095801_23084983.jpg
…それにしても…

ムートンのフライパッチといい、鼈甲フレームの偏光レンズといい、時代を感じさせます(爆)

ランディングネットは舶来品の樹脂製クイックリリーサーを使っていたのですが
この方法で留めている人は殆ど見掛けませんでした

当時はチェーンリールが主流でしたが
藪漕ぎでバックドロップを何度か食らってから、怖くて使わなくなりました

マグネットリリーサーが各種販売されるようになったのは、もう少し後の事ですね


当時、このパンパンのベストの中にフライボックス11個を常に持ち歩いていましたね
ご苦労なことです


悲しいかな
釣りの腕前だけは当時から進歩していません(ぷっ)
c0095801_07171739.jpg
その翌年

2000年春に発行のFLY FISHER誌では里見さんと一緒に取材させていただきました

見開きフルカラー14Pというボリュームは
渡良瀬川の注目度を暗に語っていたと思います


取材したポイントも前回の記事と近かったのですが、全く別場所のようになっています

これは大水によって中州の木が流出しないよう河川敷の大規模な伐採が行われた後

これにより中州は砂漠化し、川底も砂地化してしまいました
これが原因かどうかは判りませんが、このあたりからモンカゲロウの羽化が凄く多くなった気がします
c0095801_07172137.jpg
お互い若いです(笑)
c0095801_07172316.jpg
ここも市民広場の分流
まるで採石場で釣ってるみたいです(笑)
c0095801_07171328.jpg
放流されているヤマメも
この時はまだ神山水産ではありませんでしたね(笑)
c0095801_07170754.jpg
毛針釣り禁止の告知の張り紙に
『フライ・テンカラを除く』の文言が追加されたことは
何より画期的
でしたね。

以前は、鮎が放流された後にフライなんかやっていようものなら
餌釣り師(恐らく鮎釣りもやる)に怒鳴られていたものです

今では信じられないかも知れませんけど
そんな時代でした






by sureyamo | 2016-03-24 22:34 | and others | Comments(5)
2016年 02月 07日

安心してください、生きてますよ(笑)

みなさま ご無沙汰しております

私事ではありますが、先日無事に第二子が誕生いたしました

50年近く生きてきて、恐らく最も慌ただしい一ヶ月だったのではないでしょうか
いや、それは今現在もシッカリ進行中ではあるのですが
現状から逸脱の目処が立ちそうなので今回は思い切ってブログを更新しています

今回の出産も前回同様定体重児での出産となり
またまたNICUのお世話になるわけですが

第一子の時よりは体重もシッカリあって
非常に元気です

元気に育ってくれれば
親としてこれを超える悦びありませんね

それにしても、この年にして新生児の面倒を見るのは
身体的にかなり厳しいものがあります

少なからず、あと20年は
川で溺れ死ぬわけにはいきませんね(爆)
c0095801_08122673.jpg
あっ、ちなみに今回も男の子です
名前はまだ決めていません

第一子の命名の時、亡父が
『鱒男』が良いとか
ほとんど暴言としか思えないこと言ってたのを思い出しましたけどね

今回はどうしましょう




c0095801_08342343.jpg
今月に車検を迎える我が家の釣り車を
昨日は洗車してあげました

結構マメに洗車する方だと思うのですが
今年はこんな調子で洗う暇がなくて


シッカリとワックスまでかけてあげたら
昨晩は霙が降りました(泣)


しばらく現状維持で乗っていましたが
今回の車検を機にフロントのキャンバーを2度付け
さらにロールケージを追加する予定です
(愛車にケージを組むのは3台目なので、あまり新鮮味はありませんけど)

当然6点式フルケージも考えたのですが
運転席が狭くなるのが嫌なのと、さらなる重量増を懸念
主要な目的はリア側の剛性を上げたいだけなので、今回はリアのみ4点式で様子見です

車はトータルバランスなので、なんでもかんでも付ければ良いってわけではありません
少しづつ様子を見ながらセッティングを楽しむ…っていうのも有りだと考えます


本格的な競技車両にするとかクロカン仕様にするワケでもないので
まぁ、そうしたい時はその時はまた考えます


とはいえ、この車もようやく60000km超え
(なるべく乗らないようにしているんですけど…)

各機関部のメンテ&交換も、随時考慮しなくてはならない頃合いを迎えます




by sureyamo | 2016-02-07 09:08 | and others | Comments(6)
2016年 01月 02日

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます

c0095801_15475831.jpg
今年も皆様にとって
ご多幸の一年でありますように・・・・・


by sureyamo | 2016-01-02 15:51 | and others | Comments(0)
2015年 08月 06日

恋敵

c0095801_18091582.jpg

二十代の頃の恋敵が急逝した。

脳幹出血で倒れ、3週間の昏睡状態を経てのことらしい。




ヤツは三歳年下だったけど、同じ女を(旧嫁)を取り合ったライバルであり、成人になって初めてマトモに喧嘩して

拳を交えた相手だった。


ある時は夜の峠道で、またある時は深夜の交番の前で…

合ったら最後、時間も場所も選ばずに喧嘩がはじまった。


この喧嘩は、彼女の家の前に駐車してあった俺の車に自分の車を突っ込ませるところまでヒートアップした。

この一件で、ヤツの先輩が俺に土下座をするという事態に発展し、その事がヤツと先輩とのバトルの引き金になるという…なんだかワケのわからない大騒動にまで発展した。


そうやって一方的に熱くなるヤツとは対照的に

常に一歩、冷静で受け身だった俺を最終的に嫁は選んだ


…なんて言えば格好は良いが

実際には嫁が俺の子供を宿す、というシナリオ的には最悪のカタチで決着がついてしまった。

無論、俺が目論んだ訳ではないのだが…(嫁の方はわからない)


ハッキリしたのは、この一件で俺はヤツに逢わせる顔を完全に失ってしまった、と言う事だ。




あれから25年間。

幸い?ヤツに出逢う事はなかった。

いや、何処かでスレ違っていてもヤツが避けていてくれたのかも知れない。



もうてっきりヤツのことだから、新しい家庭を築いているもんだと思っていた。


ただ今回、この訃報を耳にする際に、ヤツはずっと独身を貫いていたということを知ることとなり

俺は絶句した。



ヤツは俺の事を恨んでいたんだな。
そんなことは痛い程わかる…俺も男だから。



結局最後まで和解は出来なかったな。


いや、いまさら和解しようなんて虫の良い話だしな

それでもな…

こういう『ラスト』だけは無しだぜ。




お通夜にも、今日の告別式にも行けなかったけど
今夜はオマエを思い出して馴れない酒を飲んでやる。


俺の所に顔出せよ。

アッチの世界に行くのは、俺たちにしか味わえない

苦い酒を酌み交わしてからでも遅くはないだろ?





by sureyamo | 2015-08-06 18:00 | and others
2015年 08月 04日

酷暑お見舞い申し上げます。

c0095801_9172011.jpg

いやぁ…

本当に暑い日々が続いておりますね。

皆さん、水分だけはしっかりとって熱中症には注意してください。

inax的には、なかなか自分だけの時間(釣り)を頂戴することができず…(泣)
もっぱら地元で開催される『避暑』的なイベントに片っ端からエントリー。

いや、そういうのは別に嫌いじゃないんですが
休日にロッドを握れない事態が続く…という事は、精神衛生上かなり深刻な問題であります。


そんな中ですが、ようやく次の釣行が決まりました。
12日に丸沼へ行けることになりました。


状況としてはヨロシクはないようですけど…
別にそんな事はいいんです。
とにかく終日水に浸かって、無心にロッドを振り続けたい!と思います。



by sureyamo | 2015-08-04 08:00 | and others | Comments(0)
2015年 07月 06日

沖縄

c0095801_08233575.jpg
唐突ではありますが沖縄に行って参りました。

当然?!
釣りが目的である筈もなく(ぷっ)
今回は家族旅行というヤツです。


羽田から約2時間のフライトを経て那覇空港へ。
機外に出た瞬間から、湿気をたらふく含んだモワッとした熱気に包まれて…
これから四日間、この気候の中で過ごすのか、と思うと少し気が重くなりました。




レンタカーに乗り込んだら、まず最初に向かうは海!

最南端は無視(笑)し、横移動で南城市に向かい…
太平洋を望む海岸線に出ると、目前に広がるのはこの景色。
c0095801_18063846.jpg
子供の頃から海といえば『日本海』で育ってきましたから
珊瑚礁の海は新鮮です。
ついつい見入ってしまいますね。



ただ…やっぱり暑いことに変わりません。
エアコンを効かせた車内からは、正直出たくはありませんでしたね。


頂けないのは交通事情。

元々の交通量自体もさほどではないし、それなりに流れてくれるものの
市街地に入ると結構な頻度で渋滞にハマってしまいます。

c0095801_18133485.jpg
信号の待ち時間が長い気がします。
特に市街地を抜ける国道の渋滞は酷いです。

まぁ、あくまで観光で走っているんで、そんなに焦る必要もないんですけどね。
ナビの所要時間通りにはいきません。




ユックリ走っている車のほとんどが、我々のような観光客の『わ』ナンバーのレンタカー。
それに引き換え、地元民の平均速度は速く(当たり前ですが)速度差が気になりました。

警察も観光客にもおかまい無しの取締りで、随所で真面目にお仕事しておりました。
こんなトコロで捕まったり事故ったりしたらシャレになりませんから
とりあえず(笑)安全運転で観光スポットを巡ってきました。

c0095801_08205748.jpg
沖縄と言えばソーキそば。

『道の駅』人気、全国一位という『道の駅許田』で頂いたのですが
割安感はありますし、味も良いですね。

ソーキそばを売りにしているお店は沢山ありますが
失敗したくない…と言うのであれば、ここはお薦めできますね。




旅の詳細は一気に省かせて頂くとして(笑)

c0095801_08225584.jpg
今回は持参の釣り道具で、時間があったら“ちょいの間”の釣りを目論んでいたのですが
目的が叶ったのは、滞在三日目の夕方(爆)

一応、直前までフライのタックルも準備していたのですが…
いかんせん勝手が判らなかったので、今回は無難にルアータックルのみです。

何が釣れるとか、どんなルアーが良いとか…
ほとんどリサーチしていなかったので、あくまで今まで蓄積してきた?釣り感が頼り。

滞在ホテルのプライベートビーチの外れに
丁度良い感じの小川が流れ込んだ汽水域があったので、そこに決定。

ルアーはペンシルベイトのトップ(しか持ってない)なので、あくまで狙いはシャローです。

波打ち際を見てみると、40〜50cmクラスの魚(判別不明)が膝下程度の水深を
頻繁に回遊しています。岸際と言うのは魚達にとって、格好の餌場なんですね。

コイツにルアーを投げると、最初は逃げるのですが、すぐに近寄ってきて戯れ始めます。

ただ…これはマスと一緒で、食わせようとルアーと止めてしまうと
あっという間に見限って、どっかに行ってしまうのです。

一度でも見切った群れは、何度投げても駄目なようで
そうなったら新たな群れを求めて、ひたすら歩き回らなければならない感じです。
c0095801_08223303.jpg
とにかく、ルアーを止めることが出来ないので
投げ続け…運悪く?フッキングしてくれるのを待つしかありません。

可愛いサイズの小判アジがメチャクチャ追いがよく、波打ち際までチェイスしてきます。
シングルフックでもガッツリ!
そんな彼らも、やはり群れで移動しているみたいで
いなくなると、これまたサッパリ釣れなくなります。(笑)


正味1時間程ですが、膝下程度の波打ち際付近での釣り。
ライトタックルでマラブーでも引っ張ってやれば、結構釣れちゃうかも知れません。


次回、もし機会があるなら挑戦してみようと思います。
まぁ、それが何時になるかは全く不明ですけど。


by sureyamo | 2015-07-06 18:06 | and others | Comments(6)
2015年 05月 16日

乗り入れの代償

c0095801_1144553.jpg
今シーズン、例年にない好調に湧く渡良瀬川桐生地区ですが
その逆、残念な事も起きてしましました。

渡良瀬川相川橋上流側の右岸にある土手上に走る道路があります。

この道は基本的に一般車輛の通行を一切禁止していて
誰が見てもわかる(笑)看板もあれば、突破不可能な立派な車止めまで設置されています。

実は今シーズン、ここの道に
釣り人が車を乗り入れてしまう
という事件が発生しました。


百歩譲って乗り入れただけ…というのなら未だしも
そこに歩行者(遊歩道)が居るにも関わらず結構な勢いで走り抜けた!というのですから
もう飽きれてモノが言えません。

※ちなみに警察への通報は、その場に居た一般市民からだったようです。(最悪)

その場に複数の釣り人も居たらしいので、その車種から当事者が直ぐに割れたらしいのですが
残念ながら、この方は渡良瀬川の常連フライマンだったとのこと。
後日、漁協組合長から直接指導がなされた様ですが…


渡良瀬歴十数年程度の方はご存じないと思うのですが、相川橋上流側の車止めが設置される以前は、この土手沿いを車で通行することが出来ました。
車窓からライズを俯瞰で探すことが出来る…素晴らしい釣場環境。

ガードレールはなく、当然余所見は厳禁。
過去に土手から車の転落事故も数件発生していて、死亡事故になってるケースもあったのですが
それが原因の車輛通行止めでは無かったと思います。


漁協も国土交通省に呼びかけ、なんとか以前のように車の進入許可を取戻す方向で水面下で話を進めていた矢先…
この有様です。

今回の件で、我々釣り人全員が望んでいた土手の車両進入許可の件も
恐らく絶望的かも知れません。
当事者の方は、この事の重大さを真摯に受け止めるべきです。


たかだか一回(本当は余罪もあるらしいけど)の不法行為。
その代償は遥かに大きかった…というお話でした。


渡良瀬川をホームグランドと謳う方なら

川とそれを取り巻く環境保全(伐採の件も忘れてはいないよ)は当然のこと、そこを利用する様々な方々への配慮も、どうかお忘れなく。

他の釣り人の見本、手本となるような釣りを切に望みます。
c0095801_11445858.jpg


by sureyamo | 2015-05-16 10:50 | and others | Comments(2)
2014年 08月 10日

ソルトゲーム?!

c0095801_00025113.jpg
ソルトゲーム

…と言っても、コッチ側ですけどね(笑)

久しぶりに、物置からスピニングリールを引っ張り出してきました。

最期に使ってから数年は完全放置でしたが
何でもかんでオークションで捌かなくて(笑)良かったです。

3lbのフロロも巻きっぱなしですけど
まだ大丈夫でしょう。



ダウンショットリグは初体験♪
c0095801_00025648.jpg
なんでもそうですが
新しい領域は全てが新鮮でワクワクします。


昔なら本屋にすっ飛んで行って、釣りの教本を立ち読みして来たものですが
今のご時世、情報はインターネットで幾らでも、好きな時間に入手できるのですから便利になりました。
(全てを信じるような真似はしませんが…)



たかだか、こんなショット一つに実に色んな形状があって
いかにも的なキャッチがあるようです。


たまに他の釣法に浮気すると感じるのですが
保守的なフライフィッシングとは温度差を感じざる終えません。
それが『悪い』とは思わないのだけれど…

合理性を求めた技術(ノウハウ)の進化というのは、とにかく凄まじいモノがあります。
(市場規模の違いなのかしら?)



まぁ、ある意味フライフィッシングという釣りとは
既に完成されている…と言えなくもないんですけどね。
c0095801_00025970.jpg
今やワームも餌を超えそうな勢い何ですね。

成分解なんて、もはや当たり前。
匂いだけでなく味まで付いている(笑)らしいです。

餌付けの際に、いちいちイソメに噛まれる思いをしなくて済むというだけで
僕的には、かなり敷居が下がる思い(笑)



余り知識を詰め込み過ぎてしまうと、逆に思考回路がガチガチになってしまいますから
最小限の仕掛けだけもって、後は現場で色々試して見ようと思います。

悩むのも楽しみですから♪

あぁ…いまから待ち遠しい!
c0095801_00030632.jpg



by sureyamo | 2014-08-10 00:03 | and others | Comments(4)
2014年 01月 06日

走行テスト



c0095801_21082160.jpg
正月休みの最終日。
購入したばかりの金属チェーンのテスト走行に行って来ました。

簡単にテスト…と言いましても、今回走る雪道の選択が意外にも苦労しました。

雪深いであろう県境のライブカメラを頼りにコースを探してみたのですが、意外にもどこも除雪が進んでいて、理想の(雪壁が出来るくらい)スノーロードがなかなか見つかりません。

結局、県内でも指折りの豪雪地帯というとココ。
湯の小屋温泉界隈まで来れば何とかなるだろう…ということで(-.-;)

が、ここも案の定、除雪が進んでいて
道が全面圧雪になる迄は、かなり奥まで入り込まなければなりませんでした。



さてさて、スパイクチェーンの効果も気になるところですが、実は四輪チェーンも初体験。
どんなフィーリングなのか興味津々です。
c0095801_21111239.jpg
案の定というか…
コンクリートの上と違って(-.-;)現場での装着は少々手こずりました。

今回は六分山のMT2(この前変えたばかりなのに(-.-;))でチェーンの余りが一駒ギリギリでしたから、バリ山だったら更に苦戦するかも知れませんね。
本格的なMSタイヤって、摩耗具合でタイヤ形状がかなり変わるので
今まで使えていたチェーンが急に履きにくくなったりします。
冬シーズンに入る前には必ず一度はチェックしておくことをお勧めします。

走行抵抗も(音も)それなりにハードですが
アイスバーンにガッツリ刻まれるスパイク痕は
頼もしいモノがあります。


モノはついで、ということで
実はこの日の為に
c0095801_23092371.jpg
プラへルパーという便利アイテムも購入しておいたのですが…
この土台に車輪を載せる事の方が何倍も難しく(爆)

結局いつも通り普通に付けた方早かった

あぁ、また無駄な買い物をしてしまった…のね。(-.-;)


c0095801_21080651.jpg
それに比べると…
ことさら“Iceman”のラクラク装着が際立ってきます。
弛み防止のパーツが不要なのも装着のスピードアップに一役買っています。

このチェーンもブロックパターンに噛ませるには少々無理っぽい(笑)部分もあるのですが
あまり神経質になることもありません。

走行ノイズも気にならないレベル(今となっては)で
逆にどんどんスピードが乗ってしまうので、そういう意味では気をつけないといけません。

今回は操舵輪の前輪には軽量なIceman。
メイン駆動である後輪に重量のあるスパイクラダーチェーンを装着してみました。

基本、Icemanは時速50kmまで保証?されておりますが
スパイクラダーの方は従来通り30km(以内)。

二つ足して80kmまでOK(爆)なんてことはなく
自ずと30km以内走行が前提となるワケですが…
この速度域では、まず滑る気しません。

ラッセルならまだしも、こんな圧雪路では
全く面白くない(爆)

c0095801_23271279.jpg
試しにもう少し踏み込んでみましたが…

チェーンがシッカリ装着されていることを大前提として、アスファルトが剥き出さないほど深さのある圧雪であれば、案外60kmくらいの巡航も行けそうな感じです。
※何の保証もないので絶対に真似しないで下さいね。

その速度域からコーナに飛び込んでいくと流石にリアは滑り出してくるのですが、トラクションを感じるスライドですから
ステアとアクセルワークで充分にコントロール出来るものでした。

その昔、この雪道でラリーの練習をしていた頃のスピードレンジと比べると、てーんでお粗末な速度域ですけど
(当時乗っていた車(FF)はメーターのスピードを前輪から検出していたので、3〜4速全開が基本?の雪道運転では常にメーターが100kmを振り切っているので、実速何キロでは走り回っていたのか判りません)

車を自在に操る楽しさという点は
車が変わっても全く変わりませんね。


ただ……やっぱり四輪装着は
面倒臭いです。(≧∇≦)


by sureyamo | 2014-01-06 19:06 | and others | Comments(4)
2014年 01月 06日

2014年 新年のごあいさつ

c0095801_19044350.jpg
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。



by sureyamo | 2014-01-06 19:04 | and others