Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:and others( 112 )


2012年 02月 04日

解禁に備えて

フライを始めた当時は、禁漁期間が途方も無く長い時間に思えたものですが
キャスレやら冬期(管理)釣場の充実で、最近のオフシーズンは「あっ」という間に過ぎ去ります。
c0095801_20191349.jpg


解禁に向けての準備というと、直前になってドタバタするのが例年の常。
そんな折り、昨シーズン、サイズの合わなかったネオプレーンチェストハイを買い直しました。

優れた保温性や速乾性を持った高性能のインナーのおかげなのでしょう。
早期や晩秋の釣り場でも透湿ウェーダーで釣りをされている方を多く見掛けるようになりました。

それでも、長時間のウェーディングを強いられることが最初から分かり切っているフィールドでは
ネオプレーン無くして、釣りに集中する事は出来ません。


最近のチタンコートされたネオプレーンチェストハイは、一昔前とは比較にならないくらい温かく、そして快適です。
その分、汗はかいてしまうので、吸湿性のあるインナーは絶対に必要になりますが
汗で冷えてしまう分の冷たさなんて、ネオから伝わってくる水の冷たさに比べれば全く許せる範疇です。

さらに、今月からデリバリーが始まっている
ktyのnew ティペットがお薦めです。
c0095801_20191595.jpg


パッケージは従来品と変わりませんが、中身は全くの別物。
しなやかな指触りです。

フライやリーダーに結束する際の、滑るような締め込み感は
きっと多くのフライマンに好印象で受け入れてもらえることでしょう。

従来品より弾性もあり、結束強度も相当上がっている…という話です。
ナイロン党の僕としては、かなり期待をしています。

これらのアイテムを引っさげて
解禁が待ち遠しいですね。

by sureyamo | 2012-02-04 20:14 | and others | Comments(8)
2012年 02月 03日

Tornado

c0095801_1613232.jpg
最初は火災かと思ったんだけど

天に向かって、まるで生き物のように伸びる砂埃。
c0095801_1613592.jpg

c0095801_1613889.jpg

c0095801_1614250.jpg

c0095801_1614560.jpg

c0095801_1614959.jpg

c0095801_1615237.jpg

c0095801_1615629.jpg

ほんの数分の出来事でした。

「竜」が「巻く」とは良く言ったものです。

by SUREYAMO | 2012-02-03 16:02 | and others | Comments(6)
2012年 01月 29日

足跡を振り返って…

c0095801_21134077.jpg

連日寒い日が続いていますね。

皆さん、体調なんて崩してないですか?

さてさて

この週末は、愛車のオイル交換に高崎へ出かけた位で

殆ど自宅にこもっておりました。

やらなくちゃ行けないことは、有るにはあるものの

全くもって「そういう気分」になれず…で

結局はノートPCを引っ張り出して来て、過去のブログを

読み直してみると

テキストの誤字脱字、ややこしい言い回し、おかしな文章…等々

改訂作業をやり始めたら、どうにも止まらなくなってしまいました。



最初の頃は、写真がイマイチな分、文章はそれなりに考えて書いていた…みたいで

ココ数年、書いているテキストのあまりの薄っぺらさに

我ながら反省しきり。


今年は、もーちょっと

少しでも、皆さんの釣りの参考になるネタ。

単なる釣行記だけに終わることのないよう

頑張ろう!と心に誓うのでありました。


そんなわけで

アップの頻度は若干落ちるとは思いますが

過去のログでも読み直して頂いて間を繋いで頂けると(笑)助かります。

by sureyamo | 2012-01-29 21:24 | and others | Comments(6)
2012年 01月 15日

束の間のミッジング

c0095801_2254354.jpg
土曜日は出勤。

日曜日の昼間の数時間だけ、どうにか時間を作って

赤城FFのミッジングに行ってきました。

週に一度は、かならず水辺に立たないと居られない体は

大変です(笑)
c0095801_22542724.jpg
申し分のないミッジング日和。

風の止み間には、ポンドの彼方此方で

一斉にライズリングが広がります。

一応、平日に巻き留めたNEWパターンのフライテストを兼ねているワケですが

魚はキチンと追加放流されています故

激渋ライズに全く歯が立たない…なんてことはありません。

新しいフライの効能を実感することは出来ませんが

耐久性能だけは目一杯テストできます。
c0095801_22535845.jpg
特に今回は

フレッシュなお魚が多かったのか

それとも常連さんの教育がヌルかったのか……(笑)

c0095801_22535257.jpg
釣堀の餌釣りでは

魚にハリを飲まれる事は「初心者の証」ですけど

ことフライフィッシングのマッチ・ザ・ハッチの世界では

これほど名誉なことはありません。

でも

口腔深くに飲み込まれた細軸極小のフライを

フォーセップで摘出しなくちゃならない…てのは

結構大変な作業でございます。


魚のダメージを考慮して

時には潔く諦める決断も必要ですね。

今日はそんな決断を、沢山迫られました(泣)
c0095801_22534627.jpg
おやおや、隣に珍しい御方が好調に釣ってますね。

いつ結んだか(細さも)分からないような怪しいティペットで

よくやります(ぷ)

そいいうトコ思いっきしO型ですな!!



来週は僕らのお腹を膨らせて下さいね♪

by sureyamo | 2012-01-15 22:54 | and others | Comments(10)
2012年 01月 01日

a happy new year

c0095801_0534295.jpg

新年明けましておめでとうございます。

本年も、皆様のご健康とご多釣を心よりお祈り申し上げます。


by sureyamo | 2012-01-01 00:58 | and others
2011年 12月 25日

ふと、思い立って…

雪の中の露天風呂に、なんだか無性に入りたくなって…
c0095801_21545891.jpg

『雪』『露天風呂』『群馬県』というワードで

僕の脳内検索エンジンから即座に導き出された

宝川温泉に行って来ました。
c0095801_1781752.jpg


道中の路面はすっかり除雪されていて

呆気なく到着してしまいました。

苦労してチェーン装着したので、ガンガンの圧雪路面を期待していたんだけど…

残念。
c0095801_21544316.jpg
でも

希望通りのシチュエーションの中

露天風呂を満喫してきました。

というか

男性は混浴しかないのですが

若いカップルとか、結構普通に入ってて

おっさん…ビックリなのでございます。


最近はこういうの、普通なの??

お腹に力を込め(凹ませ)ながら(笑)

人目を気にしながら出て来ました。
c0095801_21543530.jpg
お昼は名物という、噂のダムカレーに挑戦。

手の込んだ、些か緩めのルーは品があったのですが

トレーの半分は虚無の空間。

絶望的な質量でございます。


吐き出しの福神漬けが泣かせます。(笑)

ちなみもラッキョウも付いてくるのですが

ダムカレーパーツとしては除外されていて

別の小皿でやってきます。


せめて奈良俣のロックフィル並みのモリモリライスに

オーバーフローなルーが欲しかったです。

ちなみに、これは普通盛。(ちなみに¥800)

大盛りで普通のカレーぐらいなんでしょうか?


帰途は寄り道して、しっかりスノーロードも楽しんでまいりました。

ショートホイールベースなジムニードリフトは

まさにスピンと紙一重。

スリル満点で、これはこれで病付きです(プ)

by sureyamo | 2011-12-25 21:55 | and others | Comments(4)
2011年 12月 17日

week end 

c0095801_20535963.jpg
ようやく修理から上がって来たDP1をベストに放り込んで、赤城フィッシングフィールドへ行って参りました。

ご承知の通り、今週末は強烈な寒波の到来。

県境の山々は、早々に白く雪化粧。

赤城南麓も、風花混じりの強風が吹き荒れて

繊細なミッジングの釣りには、おおよそ不向きな状況となりました。


それでも、風の合間合間を見計らい、啄むようなな小さなライズの鼻先に

そっとミッジを送り込めば…

そこそこに反応は得られました。

こんな状況下で、ミッジドライで7匹ほど釣れば、もう充分!!。

その翌日は

by sureyamo | 2011-12-17 20:54 | and others | Comments(8)
2011年 10月 24日

yokohama

c0095801_963411.jpg
先週末は日帰社員旅行で横浜まで行って参りました。
早朝から生憎の雨模様。
しかし、メインイベントの横浜港を巡るランチクルーズからお天道様が顔お出してくれました。
c0095801_963784.jpg
限られた時間でしたが,
赤レンガ倉庫や中華街を散策してきました。

山下公園を訪れるのは、実に小学校以来?
いやいや…若い頃にオネーチャンと一度デートに来たよーな。
とまぁ、所詮はその程度の記憶しか残っておりませんでしたから、今回の横浜プチ旅行は結構新鮮な気持ちで満喫する事ができました。

そんな中、私的に一番ツボだったのはコチラ
c0095801_964081.jpg
海保の工作船展示館(非常に分かり易いですな)
いまだ記憶に新しい事件ですが、ココに来てこんなカタチで見られるなんて
思ってもいませんでした。

生々しい遺留品の数々。
そして、工作船の全容は想像を絶した恐ろしいモノでした。

今度はプライベートで、ゆっくり見てみたいなぁ。

…っていっても、この舟は結局最後は自爆して
乗組員全員(死亡が確認されたのは8名)亡くなってるんですよね。
夜は行きたくないっ!!。



館内は撮影制限されていたので(写真撮ってる人も居たけど、日本語が読めないんだねー)記念に停泊中の「しきしま」をパチリ!!
c0095801_964448.jpg

前橋市民には聞き慣れた名前ですな(笑)

ま、それはともかくとして、横浜は良い街ですね。
僕は人混みは大嫌いですけど、ここなら住みたくなる気持ちが分かります。
ウチのカミさんも、以前は横浜の美容室(この近所)に勤めていたらしいのですが
横浜を恋しがっていた気持ちが(ようやく)理解出来ました。(笑)





そして恒例の丸沼釣行なんですが、今回はフライ仕込みのためにお休み。
ただ闇雲に行けば良いってモンぢゃないですもんね。
※というか、給料日前で資金が尽きただけですが…何か

by sureyamo | 2011-10-24 08:07 | and others | Comments(4)
2011年 10月 07日

吾妻川冬期釣場

河川の一部を冬期の管理釣り場として開放する漁協さんが徐々に増えて来ました。

群馬県では、もともと多数の管理釣場が存在しているのですが

ご存知の通りそのほとんどは止水。

群馬県人の我々にとっての管釣り=人工的に掘られた「池」という認識が一般的です。

しかし、漁協が冬期に河川の一部を解放してくれるようになってから

シーズン同様流水で釣りをする事ができるようになり…

また、その選択肢も増えつつある現状は喜ばしい限りです。


しかしながら、一部の漁協では

「キャッチ&リリース区間の釣り人は文句を言わない」

ということをいい事に、その区間に(追加)放流しない…などという、とんでもない話も聞かれます。

キャッチ&リリース区間では、魚が持ち帰られない分

魚影は濃くなければいけません。

この区間に入る釣り人は、少なからず、そういう気持ち(期待)で来ているはず。

キープ区間の釣人の為に、キャッチ&リリース区間の釣人を蔑ろにしているような漁協(何処だとは言いませんが)があるのは残念でなりませんね。

こういう漁協に対し、我々がとれる一番手っ取り早い制裁…それは

行かないこと

これに尽きます。(笑)

もはや、こういう漁協には対しては改善を求める意見など

伝える価値もない

と思ってしまいます。

そんな釣場には三行半を突きつけて

釣れる!!(魚は居る)…と評判の冬期釣り場に行きましょう。
※可能な限り冬期釣場の紹介をしていきまーす。

先にも書いた通り、選択肢は増えつつあるのですから…。



さて
c0095801_8424279.jpg
今月の28日より吾妻川冬期釣り場がオープン致します。
※ポスターは暫定です。

内容に変更が入る場合がありますのでご注意下さい。


「坂東子持ち冬期釣リ場」と言えば、すでにご存知の方も多いと思いますが、こちらは吾妻漁協が主催。

吾妻川の小野上駅付近から上流が設定エリアになります。

主催の漁協さんに置かれましては
キャッチアンドリリース区間に対して舐めた認識など持っていないと信じております。

(大丈夫だよね?!)

…でないと、こんなポスターを作った自分も責任を感じてしまいますから。

by sureyamo | 2011-10-07 08:03 | and others | Comments(10)
2011年 09月 28日

A deep scratch

c0095801_15555576.jpg

列島に深い傷跡を残した台風15号。
利根川本流は、その影響による増水が未だに続いています。

群馬漁協管轄の利根川は、春先にライズする年越し本流ヤマメのフィールドとして、私的釣行スケジュールの中で「無くては成らない流れ」になっているのですが
この台風による増水で、なんとも呆気なく喪失してしまいました。

ライズを探しながら、お弁当を広げていた岸壁に突き出た巨石。
草木が生い茂っていた林も、もう既にそこには存在していません。
c0095801_1556020.jpg
参考までに春先の光景を載せてみました。

前後の写真で崩壊している階段は、土手の斜面の部分。
…ということは、手前に並んだテトラポットはwhere?。


川底と中州が入れ替わってしまった箇所もありそうです。
来年の羽化に、一体どんな影響が出ちゃうのかなぁ??

近々護岸工事は入るでしょうから(頻繁に工事の関係者が視察に来ていますね)来シーズンに、この場所はちょっと厳しいかも。
来年の遊び場は、他を探したほうが良さそうです。

c0095801_15561068.jpg
水が落ち着いたら、この界隈をボチボチ徘徊してみることにします。

by sureyamo | 2011-09-28 08:04 | and others | Comments(2)