Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:and others( 106 )


2011年 03月 29日

フィーディングコース?!

c0095801_1837227.jpg

ゆったり流れるプール状の流れ。

マッチ・ザ・ハッチ好きなら、ライズを求め、誰しも気に留めることでしょう。

確かにこんな流れこそ、早春の釣りでは「鉄板」とされるポイントなのですが

裏を返せば誰でも目をつけそうなポイント”(プ)。

折角見つけたライズなのに、すでに散々弄られていて

軽くあしらわれてしまったぁ〜凹!!

なーんて普通に良くあるお話で

ネタにもシャレにもなりません。




ま、それを承知で挑むのも一興なんですが

同じ“釣れない”なら

ナーバスよりもセレクティブで、あっさり玉砕されたいものです。



話が逸れちゃいましたね。

何の話でしたっけ…?!(笑)

そうそう

早期といえど、こんな流れでしっかりライズはあったりするので

侮れません
c0095801_18332277.jpg
ヤマメ釣り師のいつもの癖で(?)ついつい流芯寄りに頭を出した石の前後に目が行ってしまいますけど…

そこでライズが始まるのは、もぉー少し後のこと。

こんな流れでライズが起こるのは、僕らが思っているよりも遥か手前。

岸からも、せいぜい3m以内、水深が膝にも満たないふざけた流れ(笑)

だけど、このスジをライズしながら食い上り(下り)る魚がいるんです。


…ただし…

この手のライズは、例外なく定位なんかしてくれませんから、広がる波紋に投げても、もはや手遅れ。



こういうライズを捕る場合の戦略は二つ。

ひとつは、このルート上で、ひたすら待ち伏せ(Ambush)をするか…

ライズの先に猛ダッシュ

先回りしてフライを流し込む!!

もう、たかだかヤマメ一匹に大騒ぎなわけですが(笑)

それだけ価値がある魚だと

自負しております。





水位による捕食ルート変化はあるものの、いつも大体決まっていますから

戦略としては、ちゃんと成立可能です。

ちなみに僕は、思い切り後者

こういう釣りもスリーシーズン目にして、ようやく慣れましたが…

他所ではあまり、役に立ちそうもないスキル。(プ)



ライズ待ちも、水辺からかなり離れた位置で待ちたいことろです。

いざライズが始まれば、川沿いに駆け回ることになるので(笑)

ノーウェーダー&スニーカーという出で立ちは“有り”。

だけど、くれぐれも転けないように!!

こんなところで転んだから、相当痛いし

ロッドは間違いなくポッキリ逝っちゃいますもんね。

by sureyamo | 2011-03-29 18:19 | and others | Comments(8)
2011年 03月 17日

陰鬱

地震が発生して一週間が経とうとしています。

この間、伝えられるメディアの情報は、どれも耳を覆いたくなるようなモノばかり
震災の未曾有さをつくづく噛み締める毎日です。

空の陳列棚。
国道の大渋滞。
開店休業状態のガソリンスタンド等々…
日常的な情景として見慣れた光景になりつつあります。

さすがに騒動に便乗して略奪行為が横行するほど、この国の人間は腐っていないものの…
買い控えが叫ばれる中、未だに続く買い占め。
給油渋滞で連なる国道の路地を利用して、平然と割り込んで来るドライバー。
そんな我々の足下をみてリッター¥200という暴利を貪るスタンドもあると聞き
ただただ呆れるばかリです。


コーナーの度に振れる残量ゲージに恐々としながら…
会社の営業車と愛車のガソリンはギリギリまで我慢!
本当に必要な人に燃料が行き渡るよう、いまの自分が出来ることは、せいぜいその程度ですけど…。

燃料の供給が安定し、遊びでガソリンを使える時が来るまでは
釣行もお預けです。

被災地の早くの復旧を、心よりお祈り申し上げます。

by sureyamo | 2011-03-17 08:34 | and others
2011年 03月 14日

東北地方太平洋沖地震

この度の東北地方太平洋沖地震では、メディアを通じ多くの被害が報告されております。
皆さまからの心温まるお見舞いのお言葉に心から感謝いたします。
多くの釣り仲間からお見舞いのご連絡をいただきました。

メディアで伝えられている通り、桐生市では県内では最大級震度6弱を記録。
幸い僕の居た前橋周辺及び実家での被害はなかったものの、地元桐生の釣り仲間では家屋にダメージを受けた方も居りました。

被災された皆様の一刻も早い復興を祈念いたします。
現在多くの情報が交錯する中、不安な時間を過ごされている皆さまに心からのお見舞いを申し上げます。

※また地元新聞の記事によると、今回の震災により渡良瀬川上流部発生した土砂崩れで基準値の2倍の鉛が流出したようです。
飲料水及び、下流域の生態系に及ぼす環境被害も、まだ今の段階では想像すら出来ません。
詳細が判り次第、追ってご報告いたします。


by sureyamo | 2011-03-14 06:08 | and others
2011年 02月 13日

雪中極小毛鉤釣

c0095801_050152.jpg
昨日、終日降り続いた雪のおかげで赤城フィッシングフィールドも久しぶりの雪景色です。

さすがに、こんな日まで釣りにくる酔狂は、我々を含めて数名程度。

水辺までは、足下を確かめながら新雪を踏み分けて…

c0095801_0502812.jpg
折から降り始めた雪に、魚の高活性を期待し過ぎちゃったかな。

雪だから………

といって、特別な事は何もありませんでした。(笑)
c0095801_0503645.jpg
それでもライズしている魚は、シッカリ半沈みパターンのミッジに反応してくれました。

最近、この手のミッジングでは
10.5X前後の極細ティペット(ナイロン)を好んで多用しております。
c0095801_0504481.jpg
こんな暴れ方している魚を、少々強引に寄せて来たとしても、そうそう簡単に切れるようなことはありません。

実際の現場では、こんな状態の魚を強引なランディングをするなんてことは、まずないわけで…
障害物の少ないプールの釣りで、ましてや春先のサイズ(魚の)ならば
全く問題なく使えるレベルでしょう。

とはいうものの

地元解禁まで約半月。
残り時間を利用して、もう少し細糸に慣れておく事にいたしましょうか。

by sureyamo | 2011-02-13 00:50 | and others | Comments(8)
2010年 12月 19日

応援部隊

c0095801_235344100.jpg
春先のミッジングで訪れて以来だから
優に10ヶ月振りの岐阜入り。

今日は全く釣りとは関係なく…
c0095801_23535494.jpg
全日本実業団対抗女子駅伝-ぎふ大会
地元群馬の某社、女子陸上部のサポーターの一員として来ています。
c0095801_2354730.jpg
競技は正午からスタート。
c0095801_23542650.jpg
我々が陣取るセクションは、競技場から公道に出て最初の交差点。

女性交機に先導された集団は、スタート間もない事もあり
まだ団子状態です。

誰が誰だか全く判らない状態で(笑)
あっという間に通過してっちゃいました。

さてさて

次の通過は競技終盤の2時間後。
それまでヤル事と言ったら…
食べる事と寝る事くらいでしょうか(笑)
c0095801_23543534.jpg
c0095801_23544781.jpg
配給されたお弁当は「名古屋だるま」
これって地元では結構有名?
群馬界隈なら、間違いなく「とり平」なんだけど(笑)

とーっても美味しく頂けました…けど、ちょっと味付け薄いかも?(プ)
c0095801_2355334.jpg
そうこうするうちに、ランナーが戻って来ます。

先頭は「てんまや」
二位以下を大きく引き離して格の違いを見せつけます。
c0095801_2355157.jpg
c0095801_23553623.jpg
c0095801_23554889.jpg
c0095801_2356222.jpg
そして


本命の陸上部は、というと…
17位で通過。

決して満足出来る結果ではなかったのでしょうけど
よく頑張ってくれたと思います。

単純に順位だけでは語れないドラマも遭った様ですが
現場の我々には知る由もありません(笑)
c0095801_23561357.jpg


さすがに、往復14時間のバス移動は体に堪えましたけど
良い経験になりました。

次の週末には釣りに行きたいなぁ。

by sureyamo | 2010-12-19 23:56 | and others | Comments(8)
2010年 12月 15日

我が永遠のスーパーカー

c0095801_1646346.jpg

コレでもか!!
と言わんばかりのド迫力なボンネットダクトは、まるで洗濯板(プ)
c0095801_16462422.jpg
リヤセクション、放熱フィンの奥にチラリと顔を覗かせる四角いゲージ状のエアクリーナー。
c0095801_16465930.jpg
そして、ランプカバーこそすれど
この車のもっとも象徴的な部分と言えるフロントフェイス

とくれば…

by sureyamo | 2010-12-15 07:49 | and others | Comments(10)
2010年 12月 12日

慣らし運転

c0095801_2054352.jpg
言い忘れちゃったけど、今回のジムニーは…実は新車。(…というか正確には新古車)
新車なんて買ったのは、23歳以来だから
実に22年振りの「慣らし運転」♪

「慣らし」といっても、既に燃調のセッティングを決める為の全開走行しまくり状態(笑)ですんで
ナニをいまさら…って気がしないでもありませぬ。

そんなジムニーの慣らし運転とか、どーでもよくて
早く運転に慣れる…という意味も込め、今日は上野村までドライブに行って来ました。

もちろん、そこまでの道程は刺激的なワィンディングが続く鬼石街道ルート!!。
流石にヴィークロスの時のようなペースで、コーナーをグリグリ…というワケにはいかないんだけど
ジムニーの手に汗握るコーナーリングで、そういう意味では刺激的なドライブとなりました(笑)

上野村に入ると、日陰の所々に塩化カルシウムが事前に撒かれています。

そんな中、快調に車を進めるわけですが…
途中、その塩カルが、盛大に歩道にも巻かれている場所があり
「さすが、上野村は太っ腹だなぁ」と感心していたら、次のコーナーで車のトラクションが不意になくなり(-.-;)一瞬ヒヤリ。

これって、塩化カルシウムなんかぢゃなくて

全部、霜
ぢゃね??(ひょえ〜〜)

c0095801_2055134.jpg
ふれあい館の駐車場も、ご覧の通り。
見事なトゥルットゥル状態で、普通に歩く事すらままなりません。

事故を起こしている車もありましたから、冬期ニジマスに来られる方は
くれぐれも日陰には注意して下さい。

追記

満タン法で出た、今回の燃費はリッター9km。
ジムニー乗りにしてみれば、まぁまぁの数値。
僕の7型からは燃費が飛躍的に良くなっている(リッター15km)はずなので、それを考えると……ですが…

チューニングカーで燃費を語ってはイケマセン(プ

by sureyamo | 2010-12-12 20:05 | and others | Comments(10)
2010年 12月 06日

私事ですが…

c0095801_2042317.jpg

この数週間は、ドタバタと釣りどころでは有りませんでしたが…
なんとか無事に結婚式を挙げる事ができました。

僕なんかの披露宴の為に、ご出席下さいました皆様には
本当に感謝しております。
c0095801_2042225.jpg
撮影:練馬チャン

僕のパートナーは、性格からはじまり、物事の捉え方、価値観、体感温度(笑)等々
僕とは全く正反対。

もちろん「釣った魚を持って帰らない」C&Rのことなんて
いくら説明したところで全く理解してくれません(笑)

普通であれば
多少なりともお互いに共通の価値観があったりして
こういう相手とは永くは続かないもんですけど…

本当に不思議。
我ながら…謎です(爆)

こんな僕たちですけど
今後とも宜しくお願い致します。

by sureyamo | 2010-12-06 20:43 | and others | Comments(50)
2010年 11月 29日

お疲れ!!ヴィークロス

突然ではございますが
この度、愛機“ヴィー”ちゃんが、お嫁に行く事になりました。
c0095801_17523975.jpg


今まで 僕の運転に
良く耐えてくれたと思います。

ワンオーナーで嫁いで来てから
オイルとATFの交換は、どんな金欠状態でも欠かした事はなく…
まぁ、それが自分ができる最大限の「車に対する愛情表現」だったりするのですが(笑)

大きなトラブルもなければ
事故も無く

声を大にして
お疲れ様!!と言いたいです。

モノは長い間存在すると魂が宿る…と申します。

伊勢崎の、某有名占い師の方にも
「あなた、珍しい車に乗っているわね。大事にしなさいよ。魂が宿っているから!」
なんて事を言われたりもしましたが

そんなこと言われても……(プ


まだまだ調子が良いので、これからもガンガン走ってくれるでしょう。
新しいオーナーの元で可愛がってもらえたらいいなぁ。
c0095801_17533255.jpg

追記

そんなわけで、何処かでこの車を見掛けても
僕が運転しているわけではないので
決して煽らないで下さいね〜(プ)

by sureyamo | 2010-11-29 06:00 | and others | Comments(16)
2010年 11月 15日

2010丸沼を振り返って…

今年の丸沼では、たくさんの鱒達と遊んでもらいました。

今回はブログに使用しなかった写真を随所にアップしつつ、シーズンを振り返って見ようと思います。
c0095801_20375461.jpg
13回に及ぶ釣行で出会った鱒達…その数延べ130超。

我ながら良く釣ったと思います。
c0095801_20381847.jpg
それもこれも…

毎週金曜日毎に行われた成魚放流あっての釣果に過ぎませんが

合間合間に覗かせる「丸沼の厳しい一面」に、一瞬たりとて気持ちが緩む事がなかったことも…
こんな結果に繋がったのかも知れません。
c0095801_20383762.jpg
特に人と違った事をやっていたワケでもなく…
むしろその逆で

湖の釣りを復活させてから、まだ二年目ということで
セオリーには忠実だったのだと思います。
c0095801_20385773.jpg

良く釣れてくれたのは多分…他の方より“引っ張った距離が、ちょっとだけ長かった”のでしょう。
小用する間も惜しんで釣っていたくらいですから…
c0095801_20392294.jpg
本来、魚を釣る事が目的が「釣り」だけど
僕の丸沼釣行を根底から支えた、もう一つの柱は“キャスティング”。

人よりも飛ばそう!!なんて下心より、目指したのは
なんとか人並み
c0095801_20411724.jpg
釣りを前提にするとスペイの優位性は魅力的だし、興味もあるんだけど
僕がひたすらOHにこだわる理由も、実はソコにあったりして。
c0095801_20422284.jpg
自分もいずれはスペイに行くんでしょうが、もうちょっとOHでループが整ってからでも遅くはないかなぁ…と

そんな事を考えながら、今年もオーバーヘッドで振り切りました。
c0095801_20394891.jpg

ロッドは小脇に挟んだ状態で、リトリーブは両手を使う…っていうのが僕のスタイル。
これぞ
“ina引き”(爆)

リトリーブ中は常にフライは動いている状態で
“ポーズ”がないのが特徴。

厳密には小刻みな間隔の連続運動なんだけど、どうやら“定速”であることがミソのようで
実はこんなリトリーブが結構釣れるのです。
これはミッジを引いて誘うときも全く一緒。(但し、このときはハンドツイスト)

こういうリトリーブをしていると、結構みんな真似してくるけど(笑)
うまく釣れないのか、途中で皆辞めてしまうようです。

多分、僕が使っているフライとの相性も多分にあるのでしょう。
“ノーカウント”でも後半は底に触るくらい重いですから…ね(笑)
c0095801_20404923.jpg

今年の丸沼の釣りで、特に印象的だったのは…
あえてブログには載せなかったけど(笑)ドライワカサギの釣り。

正確には浮かせて釣ったわけぢゃ〜ないから、ドラワカとは言えないんだけど
この時この瞬間だけは、入れ食い状態。
c0095801_20415354.jpg
山上湖ならではの天候の急変も、釣りの思い出を印象深くする「ひとつの演出」と思えば……。

ベタベタの凪ぎよりも、こんな日の方が逆に魚の活性は上々なのが常。

それもこれも…
快適に過ごせるだけの装備が絶対条件にはなるけれど。
c0095801_20425097.jpg
ホウライ鱒の底知れぬパワーには、つくづく驚かされる。

掛かってから魚影を目視出来るまで、一体どんな大物かと思わせるほどの引き味は
その日、床に就くまで余韻に浸れそうなくらいに強烈だった。
c0095801_20433266.jpg
オカッパリで釣れてくれる
鱒達との出逢いは、その一つ一つが、いつまでも記憶に刻まれるのだから不思議です。

…だから…もっと沢山のFFMに
オカッパリの魅力を感じてもらいたいと思うのです。
c0095801_20431967.jpg
まもなく丸沼も冬期通行止めによる自然禁漁を迎え…
ついては当ブログでの丸沼記事もこれにて自然終了。

正直、思い残す部分もたくさんありますが(笑)
もう少しだけ他の湖で腕を磨きつつ、来年に繋ぎたいと思います。

いままで、丸沼記事にお付き合い下さいまして
ありがとうございます。

通常路線?!へは徐々に戻します(笑)

by sureyamo | 2010-11-15 18:10 | and others | Comments(10)