Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

gap

c0095801_2212672.jpg
前日の天気予報では日中は20度を超えるという話だったけど、この日の市民広場前のプールは、いつになく肌寒い朝を迎えた。
期待された朝の「見込みライズ」も思い切り予測が外れてしまったけど、ハッチはダラダラと続いているらしく、手の届かない流芯の向こう側で「観賞用ライズ」は延々と繰り返されている。
c0095801_221556.jpg
今朝、この市民広場には名古屋から夜駆けでnakadi君が乗り込んできてくれた。今日からの三日間は、ここ渡良瀬川桐生地区を中心としたマッチング・ザ・ハッチの釣りにどっぷりと浸る予定なのだ。
c0095801_2221776.jpg

中京地区を中心にフライフィッシングを展開している彼は、今年はシーズン当初から長良川における本流のライズゲームに本腰を入れていて、地元の常連の方々との交流を深めつつ、今現在も様々なノウハウを吸収している過程にある。
c0095801_223170.jpg
「本流のライズを釣る」という事では、長良川も渡良瀬川も基本的に同じなんだけど、それぞれの川の特性に沿って、釣り方もシステムも…こうも違うなんて。
彼と共に釣りをする事でマジマジと知る事となった。

長良を釣る彼のシステムは、どんなフライを使用してもキッチリとターンオーバーする事を念頭に置いて構築されている。それは釣り方を見ても一目瞭然だ。
フライはフィーディングレーンを飛び越してターンオーバー。(フィーディングレーンまで)意図的に引き戻された後、テンションから解放されたフライは極めて短い距離をドリフトされる。
この「引き戻す」という行為は、ティペット先端の水面張力を破りながら、フライの軌跡で位置を確認する(特にミッジ)意味が込められている。ただ…当然その代償としてドラッグフリーで流せる距離はかなり短い。
ドラッグが掛かる前に「フライを食わせてしまおう!」という釣り方。
…だから、フライをプレゼンテーションする位置も、我々が考えている位置よりライズにかなり近いのも特徴だ。
ミスキャストでのやり直しがライズに与えるプレッシャーも大きいから、おのずと緊張感を伴うアプローチになる。


ただ…15ヤードもラインを出せば、その間に大概「ヨレ」の一つや二つが介在するこの川では、そう上手く事が運ぶことは少ない。

この川では遠投力を駆使して遠くのライズを狙う…というよりも、ミドルレンジにおける精度の高いナチュラルドリフトが重視される。
ドリフト距離も、もっとずっと必要だから、スラックは最初入るだけ大量に入れておいて…余分なスラックは、手前の流れを修正する時のメンディングで相殺する。
基本的にフライは「投げきりで操作しない」というのが、この川での我々の常套法。(というか自分流に過ぎないのだけれど…)
c0095801_223242.jpg


そして今回、そのギャップに終始悩まされてい続けたのは…
まぎれも無く彼である。

それでも一日を通した釣りの中で、彼の中での打開策はあったようだし…
この日の最後の最後には、ご覧のように見事に結果を出してくれた。
c0095801_2235949.jpg

c0095801_2242018.jpg

このノウハウが、地元に持ち帰る「カタチのないお土産」のひとつになったのなら
これ程嬉しい事もないのだけど…

ちなみに、この時のストマックはこんなスピナーばかり。
c0095801_2243236.jpg


さて、こんな調子で始まった渡良瀬行脚。
残り二日間の釣りでは、いったいどんなドラマが待っているのだろう。
次の同伴釣行は、明後日の渡良瀬川最終日。

by sureyamo | 2008-04-30 02:21 | River fishing | Comments(15)
2008年 04月 26日

prologue

c0095801_2263090.jpg
空を飛び交うツバメ達が徐々にその高度を下げてくる。
フライを流すにはちょっと嫌な向きの風は、いつの間にか吹き止んでいて
あたりは、微妙な湿度を帯びた大気がネットリと肌にまとわりつくような空気感に包まれていた。
c0095801_2282646.jpg
やがて、対岸の芽吹きの緑を映し出す青い水面の所々で波紋が広がり始める。
いつの間にかカゲロウ達の流下が始まっていたようだ。

ライズの偵察部隊として、一番信頼をおいているガガパラ。
コックではなくヘンネックを使う事で、儚さを演出した、この汎用型ハッチマッチャーが19ftのリーダー&ティペットシステムを従えて、さっきからライズをトレースしているのだけれど…

やはりフタバなのだろうか?

オリジナルにあわせた♯18のペールイエローCDCダン。
そして、わざとサイズを♯22まで落としたCDCスペントパターンというフライローテーション。
これで決着がつくだろう、そんな読みはあっけなく散って…
ライズはフライを避けるように黙々と繰り返される。

ここで初めて「BFD」登板。
いきなり「BFD」というのもありだけど…それじゃ〜あまりに面白みに欠けるというもの。
そして…
c0095801_227576.jpg
ちょっと小振りだけど、渡良瀬ヤマメに久しぶりの再会。
c0095801_2273443.jpg
ストマックは、フタバ&ガガンボ。派手なライズは、こんなカディスを食べている時だったのだろう。
だけどメインは…エラブタ&アカマダラ。数で他を圧倒している。


そして…そんなアカマダラを暗示したフローティングニンフで釣ったヤマメのストマック。
c0095801_2292213.jpg
シビアな局面ではあんまり信用出来ないパターンだけど…
今日のところは、こんなので充分通用した。
c0095801_2284912.jpg
c0095801_22102069.jpg


フライが見切られてしまうと、ついつい「スレているんじゃない?」なんて疑心が湧いてしまいがちで、たしかにそういう釣りも楽しみの一つでもあるのだけれど…

正しい(と思われる)選択には、キチンと反応してくれるライズがあってこそ…が、本来の「マッチ・ザ・ハッチ」。
いつまでも、こんな釣りが出来る事を心から願いたいものです。
c0095801_2294622.jpg
c0095801_2210157.jpg
↑でもなんか…ちょっと癪に障リます、その得意顔(ぷ



そんな感じで、渡良瀬行脚は本日からがスタートです。
今日のところは幸先の良い出だしが切れましたけど(笑)
明日以降…どうなる事でしょう。

by sureyamo | 2008-04-26 22:18 | River fishing | Comments(12)
2008年 04月 25日

ライズがない

c0095801_145879.jpg
朝からまとまって降っていた雨も、お昼を目前に一瞬その足は弱まった。
水面を覆い尽くしていた雨粒の波紋がなくなって、その変りに一つ…二つ…とライズリングが広がる予定なんだけど

何もなし。(泣)


c0095801_145244.jpg
かつてのハッチの主役も、今は他のカゲロウ達の勢いに押され…
流れに踏ん張る数少ないガガンボ達に、どことなく哀愁を感じてしまいます。

不安定な河川状況をよそに
季節は容赦なく進んでいるのです。


とりあえず渡良瀬行脚の下見で残された時間は、残すところ明日一日のみ。
他のポイントでライズは幾つか確認していますけど…今回、基本的にブッツケ本番になりそうです。

行脚にご参加の方々。
準備万端…さらには「それなりの覚悟」もお忘れなくご持参下さい。(笑)

まぁ…楽しくやりましょ!
お待ちしております。

by sureyamo | 2008-04-25 14:07 | River fishing | Comments(2)
2008年 04月 23日

モグラ叩き

c0095801_19122916.jpg
「川の紹介ばかりで、いい加減釣りなさい!」
そんな声がお江戸から聞こえて来そうですが…

今回、こんな流れでキチンとロッドは振ってまいりました。

ここも立派な渡良瀬川の本流。
上流草木ダムからの放水で、水位は2割増といったトコロでしょうか。

そろそろお昼。
今の時期、水生昆虫の羽化がもっとも期待できる時間帯をコレから迎えようとしています。
魚達が居るのであれば、何かしら「起こる」というか…起こってもらわないと実に困るわけなんですが…

ライズするならココら辺かなぁ?!

目を付けた流れの前に腰を下ろし、待つ事数分。
流れのど真ん中で、突如激しい水しぶきが…。
c0095801_19124621.jpg

ほぼ二週間振りに見た本流のライズに、いささか興奮気味の自分がおります。

距離もギリギリ流せる範囲内。
ライズからも変なオーラ(笑)が出てないから
「こりゃ〜早々に決着ついちゃうかな…(プ」

な〜んて思ったのがマズかった。


このライズ。
次にライズする場所が全く読めないのです。
フィーディングレーン…というよりフィーディングゾーンという解釈が正しいのかどうかは判りませんけど、ようは幅10m長さ20mの範囲内で無作為に起こるライズに翻弄されっぱなし。
血圧も…今ならかなりの高数値を期待できるに違いありません!(爆)


「モグラ叩き」

魔のデフレスパイラルへと突入で…ふっと我に帰った時にはライズ消沈。

負け惜しみを言う訳ではありませんが「ライズして直ぐならフライには反応する!」

コレが今回唯一の「収穫」でございます(とほほ)


追記
…というわけで、今回も「うお」の画像はございません(泣)
有休消化で、この落とし前は明日キッチリつけてまいります。
勝算なんて全然ないので…せめても明日の雨に期待です。

by sureyamo | 2008-04-23 19:30 | River fishing | Comments(8)
2008年 04月 22日

お気に入りのインレット

c0095801_11463089.jpg
鬱蒼とした森に囲まれた、地元でもお気に入りのインレット。

先週の日曜日、久々に訪れてみて唖然。
相当量の土砂が流れ込んでしまったようで、プールの3/2ほどに立派な中州が進出してしまってました。
ちなみに、左側の護岸の終わるあたりからが「いままで」の流れ込みの場所です。

左に張り出す枝の下でド派手なライズを繰り返していたbigな夏ヤマメのお話。

某雑誌に掲載されたエピソードなんですが
覚えている方がいらっしゃったら…ちょっと光栄です(笑)

c0095801_11464974.jpg

c0095801_11471055.jpg


良い時期になるとソレなりに…真夏のピーカンで何処も釣りにならないようなときに「何か起こる」場所として今後もチェックは欠かせないポイント。
流れが劇的に変化してしまった今も、それが変らなければ良いのですけど…。


そうそう!
ここでは、50cm近いイワナがモンカゲロウにライズするシーンを幾度か目撃していて、そのライズを取りたいが為だけ!の理由で高価な双胴型フローター一式を購入。
ただそんな、気合い充分の単独出艇はいずれも不発に終わった!…なんていう苦い思い出の場所でもあります。
(※この場所、実はやたらめったら蛇の多い場所でして…当時としては二回も行けば、もー充分なのでした(笑))

GW渡良瀬行脚。
こんな場所もご用意しておりますが、これはあくまでオプショナルツアーという事で(笑)。


c0095801_11473041.jpg

追記

先のエントリーにあった美容室。
無事開店まで漕ぎ着ける事が出来ました。
先日オープン当日も、おかげさまで盛況だったようです。
皆様におかれましては、コチラにお越しになる事などなかなか無いとは思いますけど(笑)どうかご贔屓に。
…っていうか、店の名前はおろか全然案内してませんでした(笑)

美容室の名前は【KOOL】でございます。

(塩之沢トンネル開通で下仁田経由ルートが確立される前の、本庄児玉ICから鬼石ルートでしたら通り道…だったんですけどね。)

by sureyamo | 2008-04-22 12:02 | river | Comments(6)
2008年 04月 21日

ホームリバーに立てない週末

c0095801_10371125.jpg

週末前にまとまって降った雨の影響で増水の渡良瀬。
いつも立つ流れには、流石に立ち込む気にはならなかったけど…
決して釣りが出来ない状況でもなかった。

普段流れがスロー気味のこんな場所は、逆に適度な流速のポイントに様変わり。
手前のヨレが何ともいい感じ。

小一時間。見ている限りでライズは見られなかったけど
ハッチのピークをこの場で迎えた訳ではないから結論を出すのはあまりに早計。

漁協の希薄な放流量などアテにしなくても、年を超したヤマメ達が例年上がるポイントだから
ついつい足を向けてしまうんだけれど…

ライズがない今回は、さすがに手も足も出ない。
c0095801_10373178.jpg
下流に見える橋は、地元ではお馴染みの上毛電鉄。

桐生〜前橋間を直接繋ぐ、JR以外に存在するもう一つの路線。
学生時代にも通学の足として利用していたから、私的な馴染みも深い。

踏切の音の「けたたましさ」は相変わらず。
ライズの釣りに没頭していても、この警告音でいつも現実に引き戻されてしまう。

そういえばこの鉄橋、線路の真ん中には木道が張られていて(今はどうだか知らないけど)
中学生の頃は、そんな踏切の音にビビりながら度胸試しにこの鉄橋を走って渡ったもの。
まぁ最悪の場合は「飛び込んじゃえばいいや…」程度の回避策しか考えて無かったのでしょうけど、昔の子供の頃って無茶苦茶。(笑)
皆さんも心当たりがあるんじぁないですか?


話は逸れちゃっいましたけど…こんな時は上流の支流群を目指すべき!
いや正確には、こんな時でもないと、なかなか『行かない…』んであります(笑)
c0095801_10382410.jpg
20分も車を走らせれば、こんな流れもあるのです。
閉所が苦手な方と、おデブちゃんにはちょっとキツいかしら?(笑)

by sureyamo | 2008-04-21 06:36 | River fishing | Comments(8)
2008年 04月 15日

流れの中のライズフィッシング

c0095801_1852863.jpg
先週の雨の影響による増水も、今の時点で随分と引き摺っている感じではありますが

水の色はご覧の通りに回復しました。

随分と水量が…と思われる方も多いと思いますが

GW前の渡良瀬は基本的には常に減水状態。

このくらいの水量は、そんなにビックリするような量でもありません。


それにしても、渡良瀬川の足利地区も

今年はたいぶ流れが変わってしまいました。

流れのぶつかるテロラの際は、相変わらず深く流れでえぐられていて

例年よりも随分と深そうです。

こういった太くて強い流れが、結果として渡良瀬の本流ヤマメを育てていくことになるのでしょう。


c0095801_18575860.jpg

まるで洗濯槽を連想させるような、こんな荒れた流れの中でさえ

その気になって探せば、実は結構な頻度でライズを見つける事ができるものです。

ただ…それはどれも「一時的にスイッチが入った」ようなライズがほとんど。

モタモタしていると瞬く間に終わってしまう類いのモノであって

ダラダラといつまでもライズが続く事は稀です。

ライズを見つけてから、実際そこにフライを流せる時間は

十数分あるかないか。

こういう早い流れでは、ヤマメはフライを選んで捕食を躊躇する事などは滅多にありません。

フライを見切られると、ついついフライパターンに活路を求めがちな我々ですけど

やはり「ドラッグ」を疑うべきなのでしょうね。

ナチュラルドリフトと一言に言っても、その寛容度は人により結構マチマチ。

これはアプローチアングルにもよるのでしょうけど

微細な縦方向のドラッグに関しては

実は投げてる本人が一番気がつき難いもの。

…とはいうものの、この写真のような激しい流れの中に

フライを自然に流せる時間など、たかが知れています。



ついつい流れの迫力に圧倒されてしまいそうですが

ゆっくりウネルようなスローウォーターでのドリフトなんかに比べたら

よっぽど釣りやすい流れです。

今年もまた、GWの渡良瀬行脚に中京地区から仲間がやって参ります。

もちろん、こんな流れもご案内する予定でおります。

by sureyamo | 2008-04-15 19:00 | river | Comments(6)
2008年 04月 14日

てんてこまい

c0095801_10254438.jpg

来週の日曜日、美容室がオープンします。
東京と神奈川で8年、埼玉と群馬で4年ほど美容の経験を積んできた彼女が、遂に自分のお店をオープンさせる事になったのです。

場所は、限りなく群馬に近い埼玉県。
閑静な住宅街の外れにポツンと佇む、小さな小さな美容室。
そんなお店に関する詳細は、後日改めてご紹介させて頂くとして…

まぁ、そんな事よりも週末のオープンに向けての準備が上手く運んでいなくて…連日連夜のドタバタ劇が、いま現在も続いております。
疲労困憊、心身共に衰弱しつつある?こんな相方を差し置いて、こっそり釣りに行け……るハズなどありません。
まぁどうせ先週の雨の影響で、行きつけの川はどこも増水&ニゴリで、マトモに釣りにはならない状況ですけど…そういう事はなるべく顔には出さないようにして(笑)お手伝いに行ってきました。

c0095801_10255766.jpg

自分に出来ること…と言ったら、お店のロゴのデザインとかDMやポイントカードの制作。こんな事ぐらいしかありませんが…責任を持って何とか週末には間に合わせました。

ただ、実際にDMの宛名書きが始められたのは夕方になってから。
宛名書きもパソコンで住所を打ち込んでプリンター出力などと考えていたのですが、宛名ぐらいは…と、手書きを促しました。
もちろん…言った手間で、宛名書きもお手伝いをしてあげる予定でしたが、どうも私の直筆書体は気に入らないようで(笑)あえなく却下。
隣で黙々とDMの切手貼りです。(ふん)
(コレでも「ニッペンの美子ちゃん」をやってたんですけどねぇ…)
それにしても、この価格設定は安すぎじゃない…と、シロート目にみても思うのですが、どうやらコレがここら辺の相場らしいです。

c0095801_1117717.jpg

なんとか夜中の2時には、すべて書き終わる事が出来ました。
本局のポストに投函し、まずは一息です。

月曜日の今日は、閉店する事になった知り合いの中古車屋さんの店舗からスピーカーを取り外し、次に看板屋さんに図面を届けます。
ポイントカード用のスタンプも頼まなくちゃ〜!。
本業に支障がでないよう営業ルートに上手く組み込んで、効率よく巡らないとなりませんね。

そんなこんなで今週は、のっけから忙しくなりそうです。

by sureyamo | 2008-04-14 06:24 | works | Comments(10)
2008年 04月 10日

フライボックスの中で…

c0095801_1431387.jpg
岩盤のプールの上から覗き込んでいるだけなんだけど、自分が猛烈な勢いで落下しているような錯覚に陥るくらいに

イブニング直前に迎えたハネカの羽化は壮絶なものでした。

どうやらこの目の前のプールからも、続々とハネカが羽化しているようです。



ユスリカのラーバに無理矢理ハネだけくっつけたような容姿の「ハネカ」。

交尾の真っ最中には、この細くて長い半透明な体を激しく…そして鞭のようにクネラせ続けます。
当然の事ながら、こんな状態になった一対はマトモに飛べる状態ではありません。

実際、開けていたフライボックスに、ポトリと上から落ちて来たのがいい証拠。
人のフライボックスの中だというのに…まったくもー!

とまぁ、そんな事はさていて…こういう状態で水面を流されているハネカも大量にいるハズでありましょう。

だったらなんだ?!というサイズですけど(笑)

※隣に見えるフライは♯18。
ハネカならアイをくぐれそうです(笑)

by sureyamo | 2008-04-10 12:43 | insect | Comments(10)
2008年 04月 07日

凹まされる日々

c0095801_1835086.jpg
今回で6回目を迎える神流川C&R区間の河川清掃がsexy trout陣頭指揮の元に行われました。
これ以上は望めないだろう…と思える程の陽気に恵まれた日曜日。
沢山の仲間達が上野村役場前の河川敷に集いました。

一般釣り客のマナーが良くなった…のであれば良いのだけれど、実際には昨年の大水であらかたのゴミが流れてしまったり、又は大量の土砂の中に埋まってしまった分が多かったようです。
ただ当然のことながら、清掃会での「貧果」は大歓迎な事ですけどね…。

さて肝心の釣りの方ですが…
流れの随所でライズ自体は頻繁に見受ける事が出来ます。

ただし、この川の住人は百戦錬磨な捕食のプロ。
ライズの数は…そのまんま、苦悩の数と比例致します。

フライの下で首を左右に振る事はあって、縦に頷いてくれる(笑)ことは、そうそう期待できません。

キッチリとセオリー通り事を運んでいても、それが結果に結びつく事が本当に少なくて…。
場所を変え、魚を変えることで幾らかの差はあるものの…全体的には厳しい状況であることに変りはありません。

c0095801_13584059.jpg

ただそれも「やり方次第」である事は、隣の御方を見れば一目瞭然。
毎度の事ながら嫌みなほどに釣っております。
もう飼いならしているとしか思えない…(ぷ

すいませんけど…少しは“場の空気を読んで”遠慮して下さい(笑)

c0095801_13593821.jpg

こちらは、いささかグレかかったグイウーハンター同士の作戦会議…というのは嘘で、ヤーン(1年分)わけてもらってる瞬間(ぷ
相当に追いつめられている二人。


さて、今回の清掃会には遠路遥々中京地区からterryさんが駆けつけてくれた。
夜駆けでほとんど寝ていないハズの彼ですが、そんな事おかまいなく…(笑)ポイントにご案内〜♪
c0095801_1413933.jpg

彼の繰り出す力強いループを、隣で何度か拝見させて頂いた事はあったのですが、こうして一緒に釣りをするのは今回初めてです。

立ち眩みを覚えそうな役場前プールのライズにマトモに張り合う事は避け、比較的「流れの中」ポイントに入りました。

フライを吟味する猶予なんてないハズの、こんな流れのヤマメ達なら何とかなると思ったのだけど…これが実に甘かった。
フライの流下と共に、川底から一気に泳ぎ上がって来るヤマメ達。
流れの速さに比例して、見切るスピードも加速するんだねぇ…チミ達は(笑)


食うか?…えっ、そこで戻るん?
また戻る…あっ、食った??

流れで仰け反り、ひとり身悶える釣り人の姿。
知らない人が見たら完璧に「変な人」でしょう。


西の山に太陽が沈みかけた頃、上野村名物「パウダーフライ」によるスーパーハッチが(今回も)やって参りました。
c0095801_142535.jpg
c0095801_1423465.jpg
流れに佇むterryさんも、その動向が気になって仕方が無い(笑)模様。

c0095801_14172867.jpg

そのハッチ。
ちょっとオーバー目な表現かも知れないけど…例えるなら、まるで「煙」に近いイメージ。大気の移動と共に、川に佇む我々を容赦なく包み込んでいきます。
羽化の真っ只中にいるうちは、呼吸をする事さえ躊躇してしまいそう。

そんな壮絶なハッチ劇場もほどなく消沈。
本格的なイブニングへと突入してゆきますが、状況はさほど変らず。

この後の展開は
「しおじ」→「二萬石」という、最近定番となりつつあるコースで締めくくりました。

肝心の釣りの方は、あまりパッとはしませんでしたけど…
清掃会に参加された皆様、今回はご苦労様でした。

そして、terryさん
遠いところ…本当にありがとうございました。
次回、アゴよりも腕を動かすように…少しだけ頑張りたいと思います。(笑)

〔写真提供〕
練住さん、ゴリさん、TAKA-Qさんの奥様

by sureyamo | 2008-04-07 12:18 | River fishing | Comments(20)