<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 26日

ポテチとリール

c0095801_18323631.jpg
相変わらず、こうしたポテチのご当地限定商品のラッシュは続いていますが…
今回の北関東の味は「栃木限定」焼き餃子味。

営業で毎日外回りをしておりますと、こういうブツに巡り会う機会も必然的に多くなります。(笑)
持って生まれた好奇心と、新しモノ付きな桐生人気質が噛み合って…流石にその時は見送るのですが、後から気になって気になって仕方がなくなるのです。
「こんなの食べてる場合じゃ〜」ないだろーって、左脳は自覚はしているのだけれど…結局は右脳の衝動に逆らう事は出来ません。(プ)

パッケージは見ての通りなのですが…栃木県のイラストは何故か日光の中禅寺湖。
釣りブログとして、このネタの突っ込みどころは、この辺でしょうか。

この手のお味は食べるまでもなく…もはや「鉄板」でございますね。
肝心のお味の方ですが…案の定、習慣性を秘めた危険なお味です。

ただし…ここまでくると最近のポテトチップスって、多彩を極めるフレーバーの単なるデバイスでしかないことを改めて感じてしまいます(笑)

c0095801_18325675.jpg

さて話題が変わりまして…
本日、WATERWORKS P1の塗装が上がってきました。

今回の塗装に関しては150℃で30分間の本格的な焼付塗装を施してもらいましたから、実用範囲内で簡単に皮膜が剥げるような事はなさそうです。

焼付けの際、スプール側のジュラコンが萎縮してしまったので、このパーツだけは交換を余儀なくされましたが…これは当初から想定できたこと。
ノープロブレム!!

おかげさまで、なんとか解禁に間に合いそうです。

ここに至るまで、ブラストから塗料の調合、焼付け行程まで面倒を見て頂いたtago料理長。
そして…コメントにて様々な塗料を(内緒に)ご紹介していただいたRyuさんには感謝しております。
この場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

by sureyamo | 2009-02-26 20:37 | item | Comments(12)
2009年 02月 22日

渡良瀬解禁を前に…

c0095801_20596100.jpg
両毛漁協の21年度年鑑札を購入してきました。

両毛漁協では数年前より年鑑札はこうした透明な腕章型ケースになっていて、そしてまた今年も例年と全く同じ仕様です。

見て判る通り、中のカードだけが差し変わるだけ。
毎年毎年、こうも代わり映えがしないと、さすがに寂しいものがあります。

一番の問題はそんなことではなく…
何年も前の鑑札を付けていても、それを遠巻きに判断することが困難な年鑑札って、漁場管理上不都合はないのでしょうか?
元?監視員の自分としては、そこが不思議でなりません。(プ)

それにしましても、今年も年鑑札は売れなさげですね。


 そんなこんなで、わがホームグランドでもある渡良瀬川も、もうじき解禁を迎えます。
来月からしばらくの間は、放流場所として定番となりつつある「桐生市民広場」前後のフィールドがメインになるのでありましょう。
成魚放流された直後のヤマメ達の尻を追いかけるようなことは、正直不本意なんですが…
それでもライズが始まれば(コレはコレで割り切れば)充分に楽しいものです。
そして今年の予定としてはコレらのメニューの他にもう一つ、目をかけたポイントに通い込もうとも考えています。
c0095801_20582477.jpg

この風景を見て『ぴん』と来た方は、かなりの「通」(笑)
今年は、この近くの流れに重点的に通い込んでみるつもりですので、自分の姿を市民広場で見掛けなくなったからと言って、くれぐれも油断などなさらぬよーに(プ)

ライズがなくても文句言わない方ならご案内致しますのでお気軽にお声がけ下さい。

現在正規アクセスルートを開拓中ですが、今の時点ではブッシュ突入の“肉弾戦”は必至。
今現在でこんな感じだと、春先からはかなり凄い事になりそうですが…釣れる魚も凄いハズです。

by sureyamo | 2009-02-22 21:07 | River fishing | Comments(12)
2009年 02月 19日

赤城山

c0095801_18463021.jpg
赤城、榛名、妙義。
と言えば、ご存知上毛三山。
紅葉の時期はもとより、特に山上湖を持つ榛名と赤城は国内でも有数な「氷上ワカサギ釣り」のメッカであることは言うまでもありません。

そして…
「走り屋」と呼ばれるスピードに取り憑かれた(自分が一番速いと、ちょっと勘違いしちゃってる)若者が、それぞれ得意の峠道に夜な夜な自慢の愛車を駆り出して、その腕と無謀さを競い合った「夜の遊び場」でもありました。


そんな上毛三山の中でも、全国的な知名度の高さでいったら
やっぱりこの赤城山になるのでしょうね。

中腹から望む夜景は、女性を口説くのに絶対に外せないデートスポットだったし
その挙げ句、所帯を持ってからも(プ)最も身近な避暑地として…
色々とお世話になりました。

沼田市、前橋市、桐生市といった三都市(方面)に囲まれた赤城山ですから、
その山のイメージは住む地区によって、実にマチマチです。
桐生市で育った自分にしてみると「最も赤城山らしい」アングルは、この写真よりももう少し右寄りになるのかな。

ソコから望む赤城山が(勝手な私感だけど)未だに一番美しいと思っています(笑)

それにしても、この時期こんなに雪のない赤城山なんて…
ちょっと「らしく」ありませんよ。

by sureyamo | 2009-02-19 20:45 | and others | Comments(7)
2009年 02月 16日

群馬の冬

c0095801_18434221.jpg
c0095801_1844868.jpg
c0095801_18442223.jpg
c0095801_18444266.jpg
c0095801_1844565.jpg
c0095801_1845863.jpg
c0095801_18465677.jpg
c0095801_19211823.jpg



そして…
c0095801_184765.jpg

↑知る人ぞ知る、神川町の隠れ名店
HAMBURG屋「 康」のチーズハンバーグ-take outバージョン。(これだけは埼玉県)
本格派手捏ハンバーグにご飯が付いて、なんと…お値段¥560。

自分の知る限り「ベストハンバーグ★トップスリー」に入る美味しさです。
(コストパフォーマンスではダントツ一位)

by sureyamo | 2009-02-16 18:48 | and others | Comments(8)
2009年 02月 12日

今年最後の冬期釣場通い

c0095801_14215626.jpg


退屈だから読んでみる…

by sureyamo | 2009-02-12 22:06 | River fishing | Comments(12)
2009年 02月 10日

ハイリスクなラスク

c0095801_14343465.jpg
群馬で「ラスク」と言えば…そう!
「ガトーフェスタ ハラダ」のラスク。

群馬県民なら誰でも一度は口にした事があるじゃないかってくらい、地元贈答菓子として定番商品に成りつつあるようです。

でもまぁ日常的に「ラスク」を食べる習慣など無い私としては、貰った時くらいしか、賞味する機会はありません。
つまり、ハラダ以外の「ラスク」を口にする機会など無いに等しいので、ライバル不在の不戦勝みたいなもんです。

コレを取り扱っている東京のお店では、未だに行列ができるくらい大人気のようです。

そのハラダのラスクから、去年10月より期間限定で発売されているのが、この…
「ホワイトショコラ」。
c0095801_13553390.jpg

定番のラスクである『グーテ・デ・ロワ』にたっぷりとホワイトチョコレートがコーティングされている
究極の「飛び道具」ならぬ「飛び菓子」。
まさに、この時期じゃないと溶けて売り物にならなくなっちゃう…冬期限定商品です。

そのチョコレート皮膜の厚さは、ご覧の通りです。
なんて凶暴なのでしょ!

ダイエッターにはかなりのハイリスクを伴いますが…一枚ぐらいなら(プ
食べておいて損はないでしょう。

by sureyamo | 2009-02-10 19:05 | G級グルメ | Comments(10)
2009年 02月 09日

ラストスパート

c0095801_18113860.jpg
神流川で開設されている“冬期ニジマス釣り場”も、残すところ後一週間となりました。
この日、今期自分が訪れた中、最も冷え込んだ朝を迎えたようで、河原の水たまりには薄氷が張っていました。

にも関わらず肝心の魚の方は、と言うと、何やら微妙に活性が高いようなのです。
前回、前々回のように「どいつもコイツも川底ベッタリ」というワケではありません。
やる気のある個体は中層に定位して、水中の流下物に敏感に反応する仕草を見受ける事が出来ました。

こんなのを見ちゃうと、今日の釣りは「いただき」だな!なんて…誰だって思っちゃいますよね。

…が…

相変わらず鼻先にフライが流れていかないと、ほとんどが無視。
流れに揺らめく魚影の大半は、前回通り「屏風の虎」に変りはありませんでした。
さらには微妙に浮き気味の泳層が仇となり、タナ取りが一段と微妙だし…(泣)。
こんな展開になるんだったら、まだベタ底に着いてくれた方が良かったかも。

強風によって舞い上がった大量の落ち葉の流下が始まっちゃうと、正直ルースニングもお手上げなんだけど…流れに着いた魚たちの「何か」の補食行為は延々と続きます。

あぁ…ほんとムカつく!!

c0095801_1812294.jpg

そんな中、今回の同行人でもあるこの方は、流れの「巻き」についたウグイの大集団…その中に混じった黒い陰を狙って、対岸からダウンのアプローチで「一人勝ち」状態。
なるほど…そういう手があったか!!
c0095801_18122988.jpg


かけ上がりの溝に着いていた、まぁまぁなサイズのニジマスに的を絞った「粘着系アプローチ」で意地でも一匹釣り上げましたが(笑)こういう釣りはホント疲れます。

この過剰なまでに豊富な魚影も、解禁を期に餌釣り師たち抜かれて綺麗サッパリ居なくなってしまうのでありましょうね。

次回は明後日。
鉄鍋会の副料理長を引き連れて、再びこの地を踏もうと思っています。

もちろんノープランですが…(プ

by sureyamo | 2009-02-09 19:58 | River fishing | Comments(4)
2009年 02月 05日

DP1武装化計画

c0095801_17503237.jpg


立ち読みする?

by sureyamo | 2009-02-05 20:29 | item | Comments(8)
2009年 02月 01日

Down & a cross 創刊号?

c0095801_1945414.jpg


ページをめくる

by sureyamo | 2009-02-01 22:55 | River fishing | Comments(10)