Down & Across

inaxff.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 27日

管釣シーズン開幕

c0095801_23344463.jpg
県内の一般河川は禁漁になってしまったけど

僕たちの楽しみは終わらない。

ちょっりご無沙汰していた赤城フィッシングフィールドですが
そろそろ面白くなってまいりました。

もう少しだけ水温が落ちてくれれば魚達も池全体に散ってくれるはずなんだけど、週末の段階では、まだまだ流れ込みに殺到中。
20番程度の地味目な細身で、ほんのちょっとだけボディに光モノを巻き込んだタイプのニンフ。
アルファ目印から15センチくらい下に結んだ仕掛けで、恥ずかしいくらい入れ掛かりになってしまいます。

面白くなるのは、来週末くらいから…って感じかなぁ。

流れ込みに固まっているのは圧倒的にレインボー。
だけどそんな中にも、AFF名物のサクラやこんなヤマメも健在です。

こんな真っ黒な魚体を見て、迂闊にも魚拓を連想してしまうのは自分だけかしらん?

by sureyamo | 2009-09-27 23:35 | River fishing | Comments(8)
2009年 09月 26日

登利平

c0095801_21584690.jpg
登利平…といえば、群馬県民にはお馴染みな鶏めし弁当。

県内の学校行事をはじめとする、各イベントや催し物の際、関係各位に配られるお弁当が「登利平」である確立は非常に高くて(ぷ)鶏は苦手!という方は別として、県民なら誰しも一度は口にする事があるのではないでしょうか。

我々にしてみたら食べ慣れてしまった今でこそ、味に改めて感動を覚える事はないのですが…県外の方からの評価が高いことに驚かされる事も多いのです。

そんな登利平ですが…

by sureyamo | 2009-09-26 22:04 | G級グルメ | Comments(8)
2009年 09月 23日

ライズリングロード?

c0095801_064385.jpg
シルバーウィークの最終日は利根川サイクリングロードを走ってきました。
新町の自宅を出発し、烏川沿いのサイクリングロードを経由して本線に合流。
このロードの現時点での最終地点、渋川の大正橋を折り返し再び戻ってくるルート。

全行程走行距離74km。
時間にして4時間のコースです。

えっ?掛かり過ぎですって??
まぁそういわないで下さい。

Long Slow Distance.
LSDは効果的なトレーニングの基本でつ!。

c0095801_065583.jpg


もちろん…ただ走ってくるだけじゃ〜ありません。

サイクリングロードの隣を隣を流れているのは天下の利根川。
ライズのチェックは当然のお約束でしょう。

利根川は自動車だと河原への進入経路がかなり限られているので、ポイント偵察も断片的だったわけですが、自転車だと「通し」での偵察が可能になります。
サイクリングロードはライズ探しに、とても効率よく使えるモノなんですね。
c0095801_07763.jpg

実際に…

利根川では多数のライズを見る事が出来ました。
まぁ、外道様のライズが大半では有りますが…(笑)

そんな中に混じって、時折「ん?」ってライズもチラホラ。

あまりにサイクルが長いので、上手く写真に撮る事が出来ませんでしたが
この開きで見つけた二つの定位したライズなんて、絶対にヤマメですよ。
サイズだって尺は超えてそうです。

まぁ今頃こんなの見つけたところで…
どーにもならないけど(爆)
c0095801_07894.jpg

シーズンオフにどれだけ通えるか判りませんが
可能な限り、ライズを見つけておくとしましょう。
c0095801_072524.jpg

来シーズンは当ブログを見に来てくれる方々だけで
盛り上がっちゃいましょ〜ねぇ〜(笑)

追記

ちなみに今回の偵察で体重は1.5kg減。
ただし、その分ご飯を食べて結局チャラになりました(-.-;)とさ!
めでたしめでたし♪

by sureyamo | 2009-09-23 17:08 | and others | Comments(13)
2009年 09月 21日

今年の締めくくりには、やっぱりこの釣り!!

c0095801_20593781.jpg
この時期に、早春のマッチングザハッチを彷彿とさせるようなミッジのライズゲームが出来る!!

そんな話を聞いちゃった以上、大人しく群馬の禁漁日を迎えている場合ではございません。
噂の出所、木曽方面に出掛けて来ました。

一見すると、どうみても止水のダム湖を彷彿させるロケーション。
だけど、一旦上流からの放水が絞られ減水が始まると、みるみるうちに流れが発生!!。

そう、ここは正真正銘、本流の瀬なのです。

c0095801_210852.jpg
ほどなくして、下流部の広大な瀬からアマゴ達のライズが始まります。

サイズは十数センチのモノから、大きいモノで尺絡み。
そんなサイズのアマゴ達(ヤマメも混じる)による白昼の狂宴。

こんな釣りに熱くならない筈はありません。
c0095801_2102434.jpg
兎に角厄介なのは、目まぐるしく変わる「水位」と「水温」にあります。

何しろこの区間では、一日のうちで30cm近い水位の増減が3度も4度もあるのです。
むろん、その都度に変動する水温(-.-;)。

一旦始まってしまうと、しばらくはボコボコな状態が続くライズだけど、そこに何の法則性も見出すことができないまま、ただひたすらライズに振り回される始末。
c0095801_2104565.jpg

フィーディングレーンを予測する要素としてバブルラインは需要なファクターのひとつ。
もちろん普段の釣りではひとつの目安にはなるけれど、今回の釣りではそれが「絶対」でもなかった。

何度も何度も通わないと、核心の部分は見えてこないのは…
どこの釣場も一緒なんでございましょー。
c0095801_2151836.jpg
増水時、この水色になるとライズは一瞬にして無くなってしまいます。

水位が減少し、水の透明度は元には戻るとライズも再開。
c0095801_2105527.jpg

結局、ライズをキッチリと仕留めるまで要したのは丸一日+1時間30分。
そんな苦労も、こんな見事な鏡面バディーを見れただけで充分に報われた気がします。

そして…また一つお勉強になりました(プ)

c0095801_2105875.jpg
ここでのメインの捕食は圧倒的にブユなんだけど、今回自分の釣ったストマックだけは、見事ガガンボのイマージャーで占められていました。(繭ごと食いちぎられている?個体が意外に多いのですね)

そうと判れば、ソレなりの釣り方も有るんですが…
今回はこれにてタイムアウト。

来年以降、目の話せない区間が一つ増えました。

今回ご一緒した、ツッチー山猿さん!
大変お疲れ様になりました。

そして…
木曽猿さんご夫妻には、快適な一宿&手の込んだお料理をご馳走になりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
またいずれ…お世話になると思われます(プ)
c0095801_2124315.jpg


by sureyamo | 2009-09-21 21:01 | River fishing | Comments(10)
2009年 09月 16日

インスタント

c0095801_23205770.jpg
誤解されると困るのですが、こういったインスタントの部類は、普段は滅多に食べる事はありません。
ただ先日立ち寄った地元のスーパーで、こんなのを見つけてしまいました。

「上州太田焼きそば」

自分で言うのもなんですが…
こういう地元ネタには、めっぽう弱い(笑)自分ですから…
とりあえず即買!

焼きそばと言えば、秋田県横手市や静岡県富士宮市が有名ですが
太田の焼きそばのルーツを遡ると、どうやらそこら辺と何かしら関係しているのでしょう。
なにせ、太田と言えば歴史ある工業の町です。
地方からの出稼ぎ労働者から様々な食文化が持ち込まれても、ちっとも不思議な事ではありませんからね。

さて、肝心のお味の方ですが…これが結構美味い。
インスタントの焼きそば、と言えばペヤング(←こちらも地元)ですけど、太くてモチモチした麺と、かなり濃い目のソースは昔懐かしの地元の焼きそばを、なかなか上手に再現しています。

もちろん本場の焼きそばには、到底叶う筈もないのだけれど
最近のインスタントは本当に美味しくなりました。

by sureyamo | 2009-09-16 18:15 | G級グルメ | Comments(8)
2009年 09月 14日

第10回神流川C&Rフォーラム

c0095801_17361483.jpg
禁漁を間近に控えた上野村内の神流川にて「第10回 神流川キャッチアンドリリースフォーラム」が開催されました。

役場前設定区間で行われた初日は、終日雨に祟られる事になりましたが、二日目の本谷では清々しい秋空に恵まれて無事にイベントを終了させる事が出来ました。
関係各位、並びに参加者の皆様におかれましては大変お疲れ様でした。

今回のイベントでは、お馴染みの参加メンバーに加え、初参加のフライマンが多数いらっしゃったことは有難い事です。そんな方達とのコレからの交流は来年の楽しみのひとつになりそうです。

禁漁間際まで僅かですけど(まだまだ)現場でお逢い致しましょう!!

by sureyamo | 2009-09-14 17:36 | event | Comments(10)
2009年 09月 07日

終焉

c0095801_0305947.jpg

禁漁を間近に控えた利根川本流は、まるで春先を連想させるような低水位。
この日、来シーズンに向けて、下見を兼ねて幾つかのポイントを回ってみました。
c0095801_0321663.jpg

ここら辺の流れは、平常放水時は近寄りがたい位に勢いのある区間。
利根本流で真面目にドライフライで攻めようと思ったら、やはり「減水(直後)のタイミング」を見逃すわけにはいきません。

シーズンを通して何日もあるわけではない、こんな貴重な時間は一分一秒でも有効に使いたいので
今のような減水期のうちに、川底の構成を探っておこうというワケです。

もちろん、あわよくば…と、タックルはフル装備で準備していたものの、結局竿は出さずじまい。
文字通り偵察で終わってしまったわけですが、探りを入れたい場所は大方絞り込むことは出来ました。
まぁ、これは来年のお楽しみ…ということで

c0095801_0304628.jpg
さて…
こんな偵察も午前中には終わり、高速を使って一旦帰宅。
午後は上野村に向かいました。

9月の神流川C&R区間、役場前のプールではヤマメ達の婚活の兆しが現れはじめています。
先週末、夕方からイブニングに掛けて全く魚っ気のなかった役場前の浅瀬では、尺越えの雌ヤマメ達が何匹も忙しなく動きまわっています。

そんな彼女等を他所に、ちゃっかりライズしている雄ヤマメ達が本日の本命。

魚は終始、浮き気味でしたが…案の定、彼らには相当に手こずらされました(笑)
なんとか暗くなる前に一匹は釣る事が出来ましたが…
釈然としませんね。

この続きは、週末のフォーラムで…ということになるのかな。

by sureyamo | 2009-09-07 00:31 | River fishing | Comments(12)